FC2ブログ

2019年のお礼。。。。

もうすぐ2019年が終わりそうです。
あと数時間で終わっちゃいます。

そしてあと数時間後には
2020年になります。
ニャオニャオの年。

とってもいい年になりそうな予感・・・って言いたいところですが
まだまだ安心できるわけじゃないので
不安はイッパイですが
いつもそうやって乗り切ってきたじゃないか。
いつも何があっても頑張って乗り越えてきたじゃないか。

そう思って
新しい年を迎えようと思っています。

保護猫たちも
この3日間で一気に5匹も減り
年明けに3匹減る予定です。

いつもワラワラ集まってきて
私をもみくちゃにする軍団が
減って寂しいような嬉しいような(笑)

2019年、365日。
平成から令和になり
なんだか色々な変化のある一年だった気がします。

でも変わらないのが現場対応の数や保護猫依頼の数。
色々な相談も舞い込んだり多頭飼育崩壊があったり
なんだか一気に色々なことが起こって
ウキャーっとなったりもしましたが
毎年そうやって一年が終わってるんだな、そういえば・・・って感じです。

今年は何が違うかっていったら
今日が大晦日だという事をすっかり忘れてて
年越しそばを用意してなくて
ハンバーグとシチューの夕飯を作ってしまったという事くらい(笑)

あれ、今日「絶対に笑ってはいけない」の日なの?って感じで。。。

あ、今日31日じゃん!
あ、今日が今年最後の日じゃん!
年越しそば忘れた!

っていう・・・そういう感じでした(笑)

猫たちにとって
平成が令和になろうと
2019年が2020年になろうと
全然何も変わらないわけですから
年越しそばもないし
年越しキャットフードもいつもと同じだし(笑)

という事で
あっという間に2019年が終わろうとしています。

今年もいっぱい保護することが出来ました。
今年もいっぱいTNRすることが出来ました。
今年もいっぱい譲渡することが出来ました。

たくさんの方々のお力添えを賜り
こうして茅ヶ崎猫たちが少しでも穏やかに暮らせるための一歩を踏み出すことが出来ています。

心から感謝申し上げるとともに
2020年、ニャオニャオの年は
今年以上に
結果を出せる一年になれるように頑張りたいと思っています。

結局のところ、世間一般に認めてもらうには
数、データ、実感、これが必要です。

殺処分数は無いのは神奈川県は継続していますが
その数の中に埋もれている現実は
表に出てきていません。
データとして推移をみると
変化を感じることができると思います。

でも「実感」出来ているかというところは
実際に現場にいる人、住んでる人、活動している人にしかわからないもので
数やデータと比例しているかといえばそうじゃない場合もあります。

ただ、過去対応の現場に再度入ると
「ずいぶん野良猫は減って
喧嘩の声もなくなって静かになったし猫たちが穏やかになった」
「糞尿被害が少し減った」
「猫の数は減ってないけど匂いは軽減された」
そういう声は聞こえてきます。
現場対応がスムーズに終わった現場ではこういう声が聞こえてきますが
難航している現場では
「何も変わらない。」「何となく変わったようにも思えるけどあんまりわからない」という声が聞こえます。

その声をもとに
今後その現場にどういった対応が必要なのかを考え行動に起こす必要がありますが
まだそこまで十分なフォローが出来ていないのが現実ですし
実際にそのエリアに住んでいる住人一人一人が意識をもって動くことも必要です。

近隣トラブルを避けるために我慢をし続けている人たちもいますし
その我慢が頂点に達すれば猫たちへの被害が出る。
実際に猫たちに被害が出ている現場もあります。

少しずつ茅ヶ崎は変わってきていますが
まだまだ卓上論では解決できないことがいっぱいあります。

しかし、解決に向けて一人一人が少しずつでも
努力すれば、動けば、解決への道は最短ルートで済みます。

猫という生き物とともに
生きていくために
猫たちが安心して暮らせる街つくり。
子供たちが安心して暮らせる街作り。
人と人が繋がりあい力を合わせられる街づくり。
出来るといいな。
出来ればもっと良くなる茅ヶ崎という町。

猫を通じてでしか私たちは貢献することはできませんが
猫がきっかけでその街の環境改善、地域交流のきっかけづくりが出来ればと思います。

今年一年、たくさんの方々に支えられ無事に乗り越えることが出来ました。
心から感謝申し上げるとともに
来年ネズミ年。ニャオニャオ年。
応援どうぞよろしくお願いいたします!
69611269_2368375066610989_6271456944347676672_n.jpg
スポンサーサイト



【常時固定top】CCP代表よりごあいさつ

はじめまして&ご無沙汰しております。
CCP(Chigasaki Cat's Protect)代表でございます。
2018年8月1日より
旧ブログからお引越しをしまして
FC2ブログに成りました。
2018年7月31日までの記事は
そのまま旧ブログに残してありますので
そちらをご覧ください。
CCPロゴ変形_ハート(mini)

*********************************
CCPは平成23年6月に設立致しました。
右も左もわからんくせに
まずは形から団体を作り、市役所に乗り込んだ日が懐かしい。。。
一人なのに団体にして代表になってるし(笑)


あれから何年たったんだろうか。

あっという間に過ぎていく日々に
本当に伝えたい事がブログに乗せても結局保護猫の記事の中で書いてるから
ちゃんと伝えられてないんじゃないだろうかと思っていましてね・・・

こちらのブログは代表が日々感じている猫についてのコトや
現場で起こった事とか、活動のお話を綴っていこうと思っています。

保護猫たちの情報についてはCCPのブログ( http://chigasakicatprotect.blog.fc2.com/ )をご覧いただけますと幸いです。

また、卒業猫さんが今どんな形で幸せに暮らしているかについての情報は
卒業猫さん専用ブログはっぴ~らいふ♪( http://ccp22happy.blog.fc2.com/ )をご覧いただけますと幸いです。

このブログはあくまでも
CCP代表が日々現場で感じている事、
こんなことがあったのだ。とか、こんなことが起こりそうだ!とか、
こういうときはどうしたらいいのか、とか。

猫についての知恵袋的なものにしたいなぁ…なんて思ったり。

フェイスブックで記事にしてもどんどん下がっちゃって検索するの大変だったんで・・・
ブログの方がやっぱりいいなぁと思ったり。

目指すは1日1更新ですけど
なんせネコたちのシモベなので
ネコたちの都合によって更新出来ない事もあるんですね。

少しずつですが
CCP設立までのお話とか、CCPが本当に目指しているものとか
代表の目線で感じた事とか
色々と文字に起こしていきたいと思っております。

写真は少ないかもしれませんが多い日もあります。

動画もUP出来るかな??
使い勝手がイマイチわからないんですが
近いうちに更新しようと思います。。。

とりあえず、今日は形だけUPいたします。

もしかしたら使い勝手が悪いからって他のブログに引っ越しするかもしれないんですが
その際はまた記事にしますね。。。

代表はガンコなので
ダメなことはダメ!とかちょっと厳しい事も言うかもしれませんが、
昭和後半に生を受けて
酸いも甘いも微妙に経験して
子育て頑張りながらシングルマザーやってる変なオバチャンでございます。

茅ヶ崎市民の一人として
市民の目線で感じたことを
時に面白く、
時にご立腹具合が良くわかる感じで、
時にめっちゃ単純な人間だってのがバレちゃう感じで、
時に代表ってやっぱり野良猫出身?ってのがバレちゃう感じで、
時に代表って心優しい乙女だったのね・・・って妄想させられる位な文面で、
時に・・・って

色々な表情を感じられるブログに出来ればなと思います。

代表は基本的に面白い事が大好きな能天気な大人に成りきれない大人ですので
そこのところはご了承ください。

でも基本的にはまじめすぎるマジメちゃんなので
そこまでしなくても・・・って文面があってもご了承くださいマセ。。。

バカが生きにくい世の中になってしまいましたが
正直モノでありバカであり、ウソが大嫌いな代表の喜怒哀楽を皆様にもご覧いただければと思っております。

ではでは・・・。

テーマ : 動物愛護
ジャンル : ペット

捕まるはずのない生き物。

12月19日の捕獲作業中
捕まった1匹の動物。

捕獲機にタオル掛けて仕掛けておいて
他現場回って戻ってきて
捕獲機が閉まってたので
よし、やっとだれか捕まった!って思って
タオルをペラっと軽くめくったら
サビ柄のような柄の子のお尻が見えて
若干タヌキっぽい色にも見えて
それがヤタラとデカくてね・・・
ふと口から出た言葉が
「なーんだ、たぬきかよー、えらいデブだな~」って冗談言いながら
タオルを横からしっかりめくったら・・・・
80581936_2584734964974997_8695410609308565504_n.jpg
え!
猫じゃない。
これ、タヌキ!?
って思って・・・

びっくりしちゃって。

慌てて車に乗ってる息子に
「やばいよ!タヌキ捕まっちゃった!」って声かけて・・・

実にね、タヌキ等の野生動物は狂暴で
前にハクビシンが捕まったときも
めっちゃシャーシャーウオォォォ!ってガウガウ言ってて
これまた犬歯が超シャキーンってしてんの。

だから怖いんだわ。

息子とともに
やばいよねー
やばいよねー
超怖いから!噛まれたらヤバイじゃん!
逃がすとき怖いじゃーん!!
とかオロオロしてたんだけど・・・

80489775_2584735048308322_3047300457815867392_n.jpg
なんだかとてもおとなしい。。。
シャーとも言わない。

で、両開きタイプの捕獲機だから
どっちから出そうかとオロオロしてたんだけど
この捕獲機に限って出口壊れてて開けられないようになってたタイプのやつでね・・・

えー!片側からしか開けられないじゃーん!って。。。

79994730_2584735181641642_4455855065806143488_n.jpg
今はおとなしいけど・・・
蓋を開けるときガオーとか来たらヤバイじゃん・・・
ガブって飛び掛かってくるかもしれないじゃん・・・

キャー怖い。。。ってあーだこーだ言ってたんだけど
やっぱ大人しくて。

で、あれれって気づいた。

手。

手が。
タヌキじゃない。

79841478_2584735118308315_8806841268060553216_n.jpg
この子・・・アライグマじゃね?って疑惑が出てきて。

いやでも、タヌキ?
いや、手を見たらアライグマでしょ・・
いや、タヌキでいいよ・・
タヌキってことでいいんだよって息子とともに悩みに悩み。。。

リリースしました・・・・

タヌキだもんね・・・って。


アライグマな訳ないよねって。


そしたら家主さんが出てきて
人懐こいタヌキがいるんだよと教えてくれて
だよね、タヌキだよね・・・・
ってことで現場に捕獲機設置しなおして
帰ったんだけれども
やっぱり気になって
ググってみたら
やっぱりアライグマさんでした・・・


手がアライグマですよ。。。
どうみてもタヌキの手じゃない。。。
顔だけパっと見て暗闇だし
いまいち100%タヌキって言えないし
100%アライグマとも言えないんだけど
手を見るとどうにもこうにも・・・

アライグマ。。。。
特定外来生物であるアライグマは防除対象の動物で
まぁいわゆる駆除対象の生き物。

捕獲して保健所に連れて行ったら
この子がこの先どうなるのかは
息子もわかってて
私もわかってる。

だけど私たちは猫の捕獲に来たのであって
野生動物の捕獲に来たわけじゃない。

リリースしたことによって
それが良しとされるのは愛護の観点で殺処分される事の回避が出来たって気持ちなだけで
実際に生態系の問題やら何やら別の観点で考えれば
私がリリースしたことは間違っているわけで。

人懐こいアライグマ。
翌朝家主さんに「あれ、タヌキじゃなくてアライグマでした」って言ったら
えー!アライグマだったのかーって驚かれたけど・・・
とても人懐こくて逃げなくてデッカイんだよねと言われました。。。

もしかして飼われてた子だったのかも。
野生化して繁殖した子じゃなくて
ペットだった子?????

どちらにしても
捕獲した子が猫じゃなくて
特定外来生物に指定されているものだったので
非常に罪悪感。
捕獲の際は保健所に届け出なければならないから
その手続きにのっとって対応をすればいいけれども
そのせいでこの子は殺処分になり
リリースしてみなかったことにすると
特定外来生物が繁殖してしまうことに繋がりかねない。。。


そして何よりも
この現場で猫が爆発的に増えない原因が
アライグマであること・・・。

そうなんです。
猫を食べる。

彼らは猫を食べるし殺すし・・・。

タヌキやハクビシンもそうですが
雑食性の生き物なので
猫、特に子猫は標的になりやすく・・・・
猫からすればアライグマは超強敵。
それもこんなデカイのが・・・縄張りにいたら・・・
そりゃ増えないわね・・・って。
爆発的には増えない。。。。

てことで一応保健所には報告を上げておきました。
アライグマが捕獲されてしまったが
リリースしたという事を。

タヌキだったらね、何にも考えず
さぁ、山えお帰りってバイバイできるのにさ。。。

まさかのアライグマ。

本来であれば
日本に居るはずのない生き物。


人間に振り回されている生き物は
猫や犬だけじゃない。

とくに特定外来生物に指定されているような生き物は
捕まったら殺処分。

ヒアリとかも同じ特定外来生物だけど
哺乳類系の生き物は
どうしても感情がね・・・入っちゃうよね・・・


もしかして・・・
捕獲出来てなかった黒白の子や
ほかにも三毛がいたけど最近居ないって言われてた子たち・・・
アライグマに食われたのかもって思うと
アライグマめー!って気持ちになれるんだけど
あの子とっても大人しくてね・・・
もしペットとして飼われてた子なら
本当になんか胸がギューっとなりました・・・

だって私を見てもシャーともウオーともいわず
タオルめくって目があった私に
「あ、どうも・・・。」みたいな
控えめな態度で・・・目を合わせてきて・・・

人間に振り回される生き物たちは
これ以上増やさないようにしなければならないけれども
何とも言えない気持ちになりました・・・

とくに茅ヶ崎はなんだか
カピバラでもテレビで話題になった今年・・・

あのカピバラも
茅ヶ崎から移動して平塚で目撃されたりもして
アチコチ動き回ってるようですが
あれはペットとして飼われていた子だろうという事ですので・・・
温かい地域で生息しているはずの生物が
中途半端に温かくて寒い茅ヶ崎の冬を自力で越せるのかわかりませんけれども・・・

飼い主さん、どんな生き物を飼うにしても
最後まで責任持ってほしいものです・・・

カメだってそう。
遺棄が多い。
ウサギも遺棄が多い。
魚類から哺乳類まで色々な生き物。
飼ったはイイけれども最後まで面倒見切れず
ポイっとできるその神経が私にはわかりません。

最後まで面倒見てくださいよ。
飼ったなら。
このアライグマもカピバラも
ペットだったはず・・・

外に逃がして幸せになれる子はいませんよ。
外に逃がして(捨てて)喜ぶ子はいませんよ。
多くの命が
無責任な飼い主によって
苦しみながら命尽きてるんだから。

そんなの気にしないくらいの像の心臓の持ち主だから
ポイってできるんだろうけどね・・・


私にはそれはできないわ。

TNRの子たちですら
寒さを乗り切れるだろうかとか
台風が来れば飛ばされてないだろうかとか
暑さを乗り切れてるだろうかとか
ちゃんとご飯食べられてるんだろうかとか
色々考えてしまいますから・・・

複雑な思いを胸に
この現場の対応を終わらせてきましたが
あのアライグマさんがどうか苦しい思いをしないで生きれますようにって思いと
あのアライグマさんがどうか猫たちを食いまくりませんように・・・って思いと
あのアライグマさんが飼い主のもとに戻れますように・・・って思いと・・・
なんだか色々な思いが駆け巡ってしまいました。


お願いだからさ、
ポイってするのやめて。。。


◆茅ケ崎市保健所よりお知らせ◆【イヌとネコと飼い主さんの防災セミナー】が開催されます

茅ケ崎市保健所にて
イヌとネコと飼い主さんの防災セミナーが開催されます。

茅ケ崎市は水害に弱い街。
地震や津波に対しても
日頃から意識をしなければならないエリアでもあります。

ご興味のある方ぜひご参加ください♪
(※CCPはこのイベントには一切関係ありませんので保健所の告知のお手伝いのみです)
詳細は茅ケ崎市保健所イベントHPをご覧ください。

防災セミナー1
防災セミナー2

開催日:令和1年12月8日(日曜日)
時 間:13時00分~16時00分(受付12時30分~)
会 場:茅ヶ崎市保健所(講堂)  
住 所:茅ケ崎市茅ケ崎1-8-7
交 通:JR茅ヶ崎駅北口から徒歩13分
定員:先着80名
費用:参加費 無料
主催:湘南犬猫協議会
共催:茅ヶ崎・寒川動物愛護協議会
(神奈川県動物愛護センター、茅ケ崎警察署、茅ヶ崎寒川獣医師会、茅ヶ崎市、寒川町)
申込み:事前申込不要


内容
今日からできる!ウチのコのための住まいの災害対策
ペットのいのちを守れる家に。我が家への備えと災害リスクについてお話しします。
わんにゃん減災イメトレ我が子を救える飼い主を目指そう
イヌもネコも自分も守る!防災につながる生活習慣や心構えをお伝えします。
あなたの大切な大切な家族を守る ~災害時のための準備と行動
 

講師
深作 恵 /公益社団法人 神奈川県獣医師会
千田久仁代/NPO法人Dog&Smile湘南 神奈川県動物愛護推進員
市川 英里/NPO法人湘南鎌倉猫ほっとさぽーと 神奈川県動物愛護推進員
深谷美登里/BANI*Lab深谷建築設計室 神奈川県動物愛護推進員

防災セミナー3
防災セミナー4

◆神奈川県動物愛護センターからのお知らせ◆【飼い主のいない猫の避妊手術又は去勢手術の支援事業】

神奈川県動物愛護センターが
とうとうTNRに動き出します!

センターで手術をしてくれることになるのです。

今までは
市民が茅ケ崎保健所に相談し
→茅ケ崎市保健所が現地調査
→ポスティング
→CCP現場入り捕獲作業
→CCP協力獣医師により手術
→CCPで現場にリリース

という流れを取っていましたが
予算も限られておりますし
なにしろ調査は時間が掛かる&私の都合と病院の都合と搬送ボランティアさんの都合を合わせて
調整をした後じゃないと現場入りできませんので
いっぱい待たせてしまうことも度々・・・いや、かなり待たされるハメになる現場もあります。

捕獲する覚悟もある!
やれることなら自分でやりたい!
そう思っていても順番待ち・・・ってなってる・・・
そんな方々に朗報です。

自分でTNRできる!
やればできる!!!
ってやつです。
避妊去勢手術事業0-1
避妊去勢手術事業0-2

この事業が始まるということを
茅ケ崎保健所の職員さんから聞いたとき
まず確認したのは
麻酔の種類。
手術糸の種類。
ノミ・ダニ駆除はどうなるのか(別料金なの?それともつけてくれるの?)
色々と確認事項がもれなく出てきます。


だって。
あたしたちの目指すTNRは安全第一。
TNRした猫たちを「生かす」ための手術をしてくれないなら
そんなの全否定します。
リリース後にすぐ事故死するかもしれんし
野良猫だしーってことで安価な注射麻酔で
技術も未熟な獣医師に
適当に手術され
滅菌処理もされていない使いまわしの器具をつかっての手術だなんて言語道断。
そういう手術されてる子たちを見てきただけに
私はとくにソコは小生意気なくらいに、いや生意気にも口出しさせていただいております。
生かすための避妊去勢手術でしょ?
彼ら一代限りの命を見守ってもらうための手術でしょ?
死んでもいい実験台のような手術なんてされたくないんですわ。
死んでもいい命なんて無いんですわ。
だからね、
飼い猫と同じ手術器具を使い
しっかり滅菌処理された手術器具をつかって
野良猫だからといって安価な注射麻酔なんて使いませんし
開腹幅もTNRですからできる限り小さくできなきゃダメ。

信頼できる獣医師さんにお願いしてる我々としては
会ったこともないセンターの獣医師にお願いするということがまず怖い・・・

だって超ビビリですけん・・・
で、確認してもらいましたさ。

で、
糸は吸収糸を使用。→OK!
鎮静注射をしたあと麻酔は注射と吸入麻酔を併用→併用の意味が分からんがガス麻酔使ってくれるということかな?
ノミ・ダニ駆除については検討中ってことでしたが
その後つけてくれるのか返答はまだわからんけれども・・・

ということで
神奈川県動物愛護センターでの手術ができるようになりました。
TNRの手術ですよ。
飼い猫じゃダメですよ。

神奈川県もどんどん動き始めたということです。
蛇口を閉めるというところに手を出せるくらいに成れたということでしょう。
前進!前進!
素晴らしい進歩ですよ!

避妊去勢手術事業1
センターのHPでは生後6か月以上の子~手術ができるようです。
メス猫なの!早く手術したいわ!って方には
茅ケ崎の協働事業まつより早いかも。
自分で捕獲して保健所に連れて行って、保健所がセンターに搬送(センターがお迎えにくるんだっけか?)して
翌日手術して一泊またセンターでお泊りして次の日に保健所に戻ってくるので
戻ってきたら保健所にお迎えに行けばOKってことになるようです。

避妊去勢手術事業2
しかし、だれでもウェルカム!どんどんジャンジャンTNRしちゃうよーっていうことではありません。
きちんとTNRした猫さんをリリース後もお世話をきちんとすること。
そして2名以上のグループでの申請が必要のようです。
つまり勝手に一人で「この子は地域猫よ!」って自称地域猫と称して
自分勝手な適当な給餌で終わらせちゃダメってこと。

地域猫は地域で周知啓発して自治会や近隣住民の了承を得て活動ができて初めて地域猫です。
一人で勝手にTNRして自宅の敷地内付近で餌やってるのは地域猫じゃありませんからね。
それは地域猫とは言わず、給餌者がお世話をしている猫さんってことです。
ウチの子じゃないのよ、野良猫なのよ、でも餌は上げてるわ。ってよく聞くフレーズなんですが
そこに手術もしてあるし耳カットもしてあるわってなれば
近隣の方々も少しは目くじら立てません。
ただし手術もしないで
「この子はウチの子じゃないわよ、野良猫よ、餌?あー。きたらあげてるわよ」って言って終わりな方々が多いから
猫にえさやってる=猫を増やす悪いやつってレッテルを貼られ挙句の果てには猫たちに危害を加える奴らまで出てくる。

633777.jpg
TNRは奥が深い。
簡単なことじゃない。
周知啓発をしたうえで地域住民の理解を得て
今生きている猫たちが
どうか穏やかに暮らせるように
迷惑をかけないようにできる限りのことをしますから
お願いします、見守ってやってくださいという立ち位置です。

だから餌だけやって
アタシ優しい人♪って終わっちゃダメ。
ちゃんと手術して、近隣に糞尿被害が出ていないか確認して
お掃除して、ご近所づきあいもしっかりしていけば
近隣の方々も目くじら立てたりしません。

たまにね、何をしても怒鳴り散らす人もいますけど・・・

そういう人がご近所にいる場合はTNRにしないで
保護にするほうが安全ですし
猫たちにとっても人間同士の付き合い上も
危険が伴わないで済みますから
そういうときは犬猫みなしご救援隊さんに終生飼養をお願いしたほうがいいですし
捕まえるために、手術するために慣らしてるの・・・っていうやり方はダメです。
手遅れになります。

慣らしてる間に妊娠してあっという間に増えますからね。

なので、慣らさないでいいのです。
捕獲して手術して給餌継続すれば
勝手に慣れますから。

むしろ手術後のほうが穏やかになって落ち着いてくれますし
慣れるのが早いですから。

だって捕獲するのは私だし。
私のことは嫌いになっても毎日ご飯をくれてお世話してくれる給餌者さんのことを嫌いになんてなりませんからね。


ということで、相変わらず長くなりましたが
お問い合わせ先は
茅ケ崎市保健所衛生課 0467-38-3317です。


※年間頭数制限があります。
※時期によっては予定匹数に達して受付が終了している場合があります。


詳しくは県のHPをご覧ください。
飼い主のいない猫の避妊手術又は去勢手術の支援事業

プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR