FC2ブログ

緊急保護親子猫。

8月26日の18時半過ぎに
1本の電話がありました。

登録していない番号からだったので
誰だろう?って思って出たら
ワガ、ハイ、ハネ、コデ、アル兄妹たちを保護した現場の依頼主さんからでした。
携帯壊れて新しいのに変えたため、番号が違ったようで^^;

ワガたちを保護したのは2018年の6月。
あれから1年と2か月。
落ち着いてたと思われた現場で再び・・・。

26日の朝だったか・・・
依頼主さんのお隣さんのお家のダンボールの中で耳カットの無い猫が育児をしているという情報でした。
お隣さんが依頼主さんに相談されたようで
どうしたら良いかとの連絡。

保健所に見に行ってもらうことにして
子猫の月齢とお母さんの状態を確認してもらいました。

保健所からきた写真はお母さんの姿と
子猫の姿。
母猫

お母さん、かなり痩せています。
そしてなぜかアメショ柄っぽい柄が出ています。
どこから流れてきたんだろう。

IMG_1441.jpg
子猫はなんと・・・5匹(汗)
病院にTNRの手術可能日を聞いたら
最短で9月2日ということで
困ったなぁ・・・

保健所からはまだ目が開いていないという事で生後1週間行ってないくらいなのかなと思いました。
ダンボールのサイズがわからないので
子猫のサイズもわからないけど
目が開いてないとなると生後10日未満。
ただ寝てるだけかもしれないけど・・・っていう事もあり
どうしようかなぁ・・・

人間が見てしまうと
引っ越しされてしまう可能性が高くなるので遠くから見てもらうしかできないし
生後1か月未満の子猫なら引っ越しされる前に何とか保護に切り替えておきたい・・・

天気予報を見ると今夜から雨。
風も強くふくみたいだし・・・
そこは雨風しのげる場所なのか・・・

色々考えて依頼主さんに連絡をして
現場を見に行きました。

頭の中ではお母さんと子猫共にひとまず保護して
9月2日の手術ができるまで育児をしてもらい、
9月2日の手術の時にお母さんから子猫を引き取ってミルクボランティアさんに・・・っていう流れ。
若しくはお母さんだけTNRまで保護して
子猫たちはすぐミルクボランティアさん宅へ・・・。

どっちがいいのかわからない。
ただ、引っ越しされる前に対応したい。

もう既に子猫が生後1か月以上経過してるなら9月1日捕獲作業で子猫保護という事も考えたけど・・・

天気のこと、子猫の週齢、お母さんの状態。
どれを考えても今見に行って確認したほうがよさそうだと判断して
現場入りしました。

お母さんが居る場所を依頼主さんに教えてもらい見てみると・・・

69581803_2347365578711938_4302112163075457024_n.jpg
お母さん、小さい。。。。
ガリガリだ。。。。
そして私が近づいても逃げないし
声をかけて気づいてるのに
ゴロンとして赤ちゃんたちにおっぱい飲ませ続けています。

これ、野良じゃない。
生粋の野良じゃない。

威嚇もない。
ご飯を近くに少し置いたら
あ、ご飯♪ってすぐ食べました。

ご機嫌な顔をして育児してる様子を見て
これなら親子共に一時的に保護で何とかなると判断し捕獲作業開始。
お母さんが育児してるダンボールはギリギリ軽い雨程度ならしのげるけど
強い風がふいてきたら濡れてしまう場所にありました。

これならお母さん捕まったら子猫も保護して
あとはお母さんと一緒に子猫を我が家に移動。
ケージでしばらく様子を見てお母さんが育児放棄したり
威嚇が強かったりストレス反応が出るようであればTNRにするようにしようって思って。

そしたらどんどん雨がザーザー降り出して・・・。

捕獲機が濡れないようにシートをかけて誘導するも
お母さん出てこない。
焼きカツオで釣ってみても
焼きカツオを食べるのに捕獲機のところまで降りてこない。

んーどうしようかなぁ・・・・

ってことで捕獲機をもってダンボールの前に差し出しました。
そのまま入ってくれたらラッキーだし。

お母さん、クンクンしながら徐々に捕獲機に入る。
私と依頼主さん、手がプルプルしながら捕獲機に入ろうとしてるお母さんをひたすら待つ・・・

体半分以上入ったと思ったら
捕獲機から出て
何故か子猫たちも置いて私たちのいる側と反対側へ向かってテコテコ・・・

あれ?お母さん?
どこいっちゃうの!?

丁度雨もやんできてたので
捕獲機を置いて
お母さんの向かった方向に歩いて見に行ってみると
お母さんトイレ中。
オシッコしてました(苦笑)

そしたら戻ってきて捕獲機に入ってくれて
無事に身柄確保。
69245687_2347478018700694_9014212597032943616_n.jpg

あー良かった!
そして子猫たちも保護。
69407092_2347478085367354_8249667659105304576_n.jpg
出来るだけ私の匂いを付けないように
キャリーに入れて
お母さんと子猫たちを連れて帰宅。
車にケージを設置して
子猫をケージに入れて
お母さんもケージに入れて・・・
69108696_2347478148700681_1497912459145510912_n.jpg
お母さん、比較的早くケージに移動してくれて
逃げ出すこともなく、子猫たちのところへ・・・
で、ブロードラインをつけてヨシヨシ・・・
威嚇もなく、ヨシヨシもできた・・・・
やっぱり野良じゃない・・・
飼い猫?捨て猫?

6243.jpg
お母さんは緊張してるのか
赤ちゃんたちがおっぱい吸いたい!って言ってるのに
体をギューっと丸めて寝てしまうし
私が触ったからかなぁ・・・育児放棄しちゃうかも・・・って心配しました。
ご飯も食べてくれないし。
お腹ペコペコなハズなのに。
でも子猫たちはお腹ペコペコで
お母さんのおっぱいを必死に吸おうと潜り込むので
お母さんは育児しようとしなくても
子猫は生きようと必死。
排泄の介助をお母さんがしてくれないと困るので明日の朝までに
お母さん猫の緊張が取れなくて育児放棄っぽくなったら
お母さんから子猫を引き離してミルクボランティアさんに託し、
お母さんは9月2日の手術まで保護してTNRにする予定です。
お母さん、高栄養のもの食べてほしいからロイカナの子猫用与えたけど食べないし
カルカンパウチも添えてみたけど食べないのでちょっと心配。
それにこのガリガリの体で5匹も育てるのは厳しいので
早々に3匹くらいはミルクボランティアさんに託そうかな・・・とも思っています。


このダンボールの中で出産したのは明らかで
ダンボールに血痕もあったし
最短でも明後日には引っ越しされてしまう可能性が高かったので緊急に親子共に保護をしました。

これでお引越しされてしまうと
子猫もお母さんもTNRにするしかなくなるし
更にこの現場は糞尿被害がすごくて
大量の猫たちが居る。
ワガたちを保護した理由として
この現場から少しでも猫の数を減らす必要があったから・・・。

なのにまた増えたとなれば問題がまた・・・ってことなので
ここの現場にこれ以上猫は増やせないのです・・・

でも・・・
この猫さん新顔なの。
どこから来たのかもわからない。
更にこのお母さんに似た子で耳カットの無い尻尾の短い猫もいるようです。
オスもどこかにいるだろう・・・
またTNRしないといけない状況になりました。

で、一つ情報が入り
もしかしたら発生源はあそこのお家かも?ってのが・・・

もしそうだとしたら
去年の必死のTNRが水の泡。
振出しに戻ってしまいます。

なので早速保健所に調査依頼をしました。

お母さんに似た尻尾の短い猫さんもTNRしないといけないし
どうにかしてこの現場の改善をしないと・・・

そもそもこの現場で猫が増えた原因は
元々の餌やりさんが引っ越しして猫たちが置き去りにされたことが原因。

今餌を与えてくれている依頼主さんは
残された猫たちがかわいそうだからと
TNR後も継続して餌を与えてくれていますが
もし今回依頼主さんがこの親子猫たちの存在に気づいても
私たちにすぐ相談してくれなかったら
あっという間にまた元の多頭現場に戻ってしまう。
むしろ今までよりもイッパイ猫がいる状態になってしまう・・・

現場入りすると一気に耳に響く猫除けセンサーの音。

そんな現場です・・・

本来なら全員TNRじゃなく
保護してみなしごさんに終生飼養に出してあげたいくらいの現場なのですが・・・
69035916_2347478392033990_5243734908945301504_n.jpg

あーだこーだ言っても始まらないので
とりあえずはこの親子猫が今夜からの嵐で雨風しのげる環境で落ち着いて育児できるような形にできました。

今夜からの風と雨をしのいで
なんとかお母さん猫さんが落ち着いてくれたら
場合によっては初期医療かけて検査クリアしたら保護猫部屋に入れる予定。
コロナが引っかかったら預かりさん宅へ移動させるかな・・・

お母さん猫は初産じゃないっぽいのでウイルス検査引っかからなきゃいいけど・・・
一応このエリアでエイズも白血病も出てないのですが
流れのオスが父親猫だったとしたら
感染のリスクは高い・・・

子猫はまだ生後2日程度。
どうか・・・リリースしないで済んで親子共に新しい家族探しが出来ますように。。。
スポンサーサイト



子猫のパワーはとっても凄い。。。

連日の猛暑で
我儘ボディがすこしは我儘ボディじゃなくなるかと思ったけど
現状維持な代表です。
なんでこんなに汗だくになってるのに
痩せないんだろうニャ(笑)

汗だくになってお仕事終わって帰ってきて
保護猫部屋に入って
みんなをフリーにするんですが
今年の子たちは(今年の子たちも?)
とにかく襲撃する子たちが多くて
オバチャンは子猫たちに虐待されております。。。

67686703_2304796706302159_1045217666287009792_n.jpg
両足に群がる子猫たち・・・
みんなでしがみついてきて
猫キック&ガブガブ。。。。
67567202_2304797236302106_8053044850863374336_n.jpg
歩いてるだけなのに
玩具にされます。。。
67738415_2304796889635474_8143465650589794304_n.jpg
保護猫たちは実はセミなのかもしれない・・・って思うくらいに
私が木になり
よじ登ってくる・・・。
67838680_2304796826302147_8608959179702403072_n.jpg
スリッパ目当てなのかと思ってスリッパをあげても
スリッパに食いつく子もいれば
私の足を相変わらずガブガブしてくる子もいて
私の足にマタタビでもついてるのか?
もしかして私の足はマタタビで出来てるのか?って思っちゃうくらいに
みんな襲撃してきます・・・

67900864_2304799229635240_5913389343401050112_n.jpg
保護猫たちにとって
オバチャンは給食のオバチャン&トイレ掃除のおばちゃんじゃなくて
デカイ体の猫だと思っていて
特にミファとラシという成猫がいるにもかかわらず
全然甘えさせてくれないミファとラシにイライラして
私に必死に甘えようとしてる&ミファとラシに怒られて私に八つ当たりしているという
何とも理不尽な状況になっております。

67902566_2304799492968547_7485038582768336896_n.jpg
今までの保護猫さんたちとは違い
今年の保護猫さんたちはエアコンという最強の救世主が居るお部屋で過ごせてるのに
我儘言いたい放題やりたい放題。。。
68281786_2304799422968554_4782097410060976128_n.jpg
トイレ掃除が進まない。。。
一歩一歩進むことも至難の業で
一日10回以上は
痛い!痛い!って言ってます。。。
足を襲撃する子もいれば上から襲撃する子もいて・・・
67775433_2299911286790701_3336033804702711808_n.jpg
ビスコとマー坊は背中をよじ登って髪の毛で遊ぶので本気で全身が痛いです・・・
毎日お風呂が痛いです・・・
お湯が染みる。。。
傷が治る前に傷が作成されて
傷だらけ。
67486906_2304800512968445_8108118052563845120_n.jpg
67619798_2304800356301794_7451865273281282048_n.jpg
間違い探し写真じゃありません。
保護猫部屋の子たちのうち数匹の集合写真デス。。。

こういう写真を見ると
かわいいなぁ。。。。って思えるんだけど
これは真実の姿じゃない。。。
本当の姿はコレだ。。。
67553725_2304798742968622_2554176433425481728_n.jpg
68396475_2304798666301963_2921723821763330048_n.jpg
あっちでもこっちでも
ギャーギャーとじゃれまくり。。。
67533064_2304799039635259_4247500584459960320_n.jpg
あーだこーだ暴れまくる子たちの隣でも
あーだこーだ暴れまくる子たちが居て
67458532_2304798879635275_7803055523485450240_n.jpg
あーだこーだ暴れまくる子たちを襲撃する子たちも居て・・・

67728758_2304798356301994_2489060051998736384_n.jpg
みんながドタバタと走り回ってる中
掃除を必死にして
掃除機掛け終わって
体中が痛い痛い・・・ってなって
保護猫部屋を出るころには
髪の毛グチャグチャにされて
ボロボロになったオバチャンが完成して
やっと終わったぁ…ってリビングに戻るころには
パタパタと疲れた子猫たちが寝始めているという・・・

保護猫部屋静かになってるのね。。。

67330364_2299911166790713_3638022511586705408_n.jpg
子猫は自由でイイね。。。
外猫さんたちはこの蒸し暑くて異常に暑い中
少しでも涼しいところを・・・って頑張ってるのに。
君たちは涼しいお部屋で
ガンガン走り回ってオバチャンを虐待して
遊び疲れて爆睡。

早く良いご縁を掴んで
保護猫部屋から卒業しておくれ・・・

子猫時代はあと数か月で終わり。
9月になったら避妊手術と去勢手術の月齢になるし
大五郎は今月去勢するかもってくらい大柄になっております。。。

みんな個性が強く出てきて
本当に可愛いんだけど
痛いのだけはイヤなので
爪切り必死で頑張るんだけどさ・・・

17日の幸せ探し会。
このギャングたちが参加しますが
素敵なご縁に恵まれますように。。。
保護猫として生きる時間がすこしでも短く済んで
家族のもとに巣立って家族と過ごす時間が1日でも長くなることが
この子たちにとっての本当の幸せでございます。

夏休みの宿題の絵日記。
この子たちが描くとしたら
毎日毎日「今日はオバチャンの右足を猫キックしてやった。オバチャンが痛がってた。面白かった」
「今日もオバチャンをガブガブしました。楽しかったです。」
「今日もオバチャンの髪の毛をグチャグチャにしてやった。オバチャンが困ってて楽しかったデス。」

ってなると思う。

そんなつまらない日記より
「今日はお母さんと一緒に寝ました!玩具でいっぱい遊んでもらいました!」とか
「今日はお父さんと玩具で遊んでもらいました!キャットタワーを買ってもらいました!いっぱい遊びました!」
とか
「今日はお兄ちゃん(お姉ちゃん)と新しい玩具で遊びました!毎日イッパイ遊んでもらってすごく楽しいです!」とか。
そういう日記のほうが絶対にイイと思う。。。。。

さぁ。
卒業式をしたいぞ。
オバチャンは卒業式をしたいぞ!
幸せになっていく君たちを見たいぞ!!!

良縁いらっしゃーい♪

初期医療とギャングたち。

今日は朝7時に自宅を出て
3匹をリリースして
そのあと預かりさん宅2軒を回って
初期医療をする子たちをお迎えにいったんです。
お菓子4兄妹と梵華(ふうか)と來太(ライタ)の6匹。

梵華たちの預かりさん宅にいったら
初期医療済みのレイナとウルトラマン兄弟がいるんですが
レイナ以外からの視線が・・・・
65554229_2244953342286496_5319081627593211904_n.jpg
とっても嫌がられました(涙)
預かりさんにはずいぶん慣れてきたそうなのですが・・・
やっぱり人見知りご一行様。。。
65913354_2244953458953151_1263325249563262976_n.jpg

令成以外「うわー!厚化粧ババァーがきたーーー!!!!」って・・。
令成だけはゴロゴロ言って甘えてくれるんだけど。。。
65647777_2244953282286502_891672323462004736_n.jpg
そんなに嫌な顔しないでおくれよ(涙)

65310122_2244955065619657_804340094847680512_n.jpg
65233197_2244955002286330_4493080084231487488_n.jpg
梵太 と梵華たち6匹はそれぞれ洗濯ネットにいれて病院搬送。
病院に預けて合間に初期医療をしてもらうのです。
私が通常診察で病院にこの数を連れて行くと
患者さんがかなり待たされるので・・・
朝イチで預けて、午後お迎えという形をしております。。。
65221231_2245000115615152_1496480873531310080_n.jpg
お菓子4兄妹はビスコ以外緊張中。
ビスコはゴロゴロ爆音で喉を鳴らしながら
おばちゃん遊ぶ~?ねぇヨシヨシしてー♪ってアピール。。。
洗濯ネットがズルズルと動き回る。。。
他の固まってる子たちにとってはとても迷惑(苦笑)

来週は2回目ワクチン組15匹くらいが今回のように洗濯ネットに入れた状態で2回目ワクチンと
コロナの再検査組がコロナの再検査するので
また大量に・・・病院連れて行くんですけど
それまでの間にみんな風邪ひかないでね(涙)

ちなみに2回目ワクチン組は
令成、屋代、サンチー、庭野、ソフィー、ジャック、エース、セブン、杏仁、マー坊、タンタン、ハッポ、チャー、天津、大五郎
の合計15匹。
そのうち令成とソフィー、ジャック、エース、セブンはコロナの再検査。
抗体価下がってるといいなぁ。。。。

で、病院搬送が終わったら
今度はセリちゃんの正式譲渡にいって
ミルクの買い出しにいって
帰宅してからパズーとシータのケージを2段に組み立て・・・。
65313256_2245263982255432_4405475146668703744_n.jpg
食欲が落ちたのと運動不足もあり
早く2段にしたかったんだけど
なかなか馴致が進まず・・・
我慢の限界なので2段に切り替えました。
65790550_2245264028922094_2005395353775374336_n.jpg
色々と準備してやっと1歳組のフリータイム。
早々にミファとラシがチェックに・・・。
ミファとラシがくるからパズーたちは大喜びで
「オネーチャーン!オネーチャーン!」って甘えたがってます。。。

65303915_2245264098922087_7887955984566452224_n.jpg
でもミファとラシの目的はパズーたちへの母性・・・では無く
パズーとシータが食べてるご飯が食べたいだけ(笑)

65232267_2245264315588732_655800845643808768_n.jpg
絶対にミファたちが手を伸ばしても届かない場所にご飯入れを設置したので
ミファは早々に諦めて撤収。
私のほうに向かってきて私の足を枕にしてゴロン。
ラシちゃんは新しく設置したミニタワーがきになるようでクンクン。。。

65879204_2245264385588725_4144529005531365376_n.jpg
ミファもラシもフリーでどっかいっちゃったので
シータは早速猫生初のハンモック!
パズーもミニキャットタワーを満喫していらっしゃいました。

62408527_2245264452255385_8312654037400944640_n.jpg
ただ、なんとなくシータがテンション低いので
具合悪いのかも?って思って触ってみるものの熱は無さそう。
食欲もないし・・・ってことで夜に再度確認して下痢を発見。
抗生剤飲ませて強制給餌して様子を見ることに。
上手にシリンジで強制給餌させてくれました。
65260446_2245264818922015_6822982366366007296_n.jpg
テンション高いパズーは
2段ケージになって大喜び。
玩具でもガンガン遊んでました。
これで少しはご機嫌が良くなるかな?
65506951_2245264878922009_3984182204036022272_n.jpg
撮影するとすぐ「調子に乗るにゃ!」って言われてしまう。。。。
馴致はもう少し時間かかりそう。。。

65613555_2245263125588851_6109660269267386368_n.jpg
65716663_2245263078922189_2887320803009888256_n.jpg
65899797_2245263182255512_1831298330446004224_n.jpg
65281778_2245263278922169_4443057948754706432_n.jpg
中華6兄妹は杏仁ちゃん以外はずいぶん慣れてきてくれて
フリーで遊ぶ子も増えてきました。
タンタンが一番慣れてるかな。

65192859_2245263385588825_638469806495891456_n.jpg
65787395_2245263638922133_3083345253588008960_n.jpg
65551182_2245263708922126_5505208965987827712_n.jpg
こちらはもう・・・
ケージに入れてないとマトモな写真が撮れない状態になっております。。。。。
特に大五郎のヤンチャっぷりはすごい。
あとサンチーも(苦笑)

65299782_2245937565521407_7350534805651456000_n.jpg
ダダダダダーーーって走ってきて
絡んできてガブガブ・・・
65314536_2245937638854733_6839369010925010944_n.jpg
容赦なく玩具にされてます。。。。そろそろまた爪切りしないと痛い。。。

65238847_2245907765524387_3691354267257405440_n.jpg
65459820_2245907925524371_375116048426336256_n.jpg
65429473_2245908005524363_1356538813119201280_n.jpg
65021076_2245908065524357_295989822982455296_n.jpg
杏仁ちゃん以外短時間のフリータイムをしています。
ものすごい勢いで走りまくるからあっという間に体温が上がってしまうのでね・・・
そしてブレブレな写真がいっぱい・・・スマホの容量がどんどん・・・(涙)

16時に病院にお迎えにいって
お菓子4兄妹と來太たちを2軒の預かりさん宅へ搬送し
そんなこんなで29日が終わりました。

お菓子4兄妹たちと來太と梵華の募集記事UPは
コロナの検査結果が出てからにしますねー♪
エイズと白血病は問題なしでした♪

早くご縁を掴んで
卒業できますように♪

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

後悔。

6月3日に1件の問い合わせがありました。
親子猫が突然庭に来たとのこと。
保護してほしいという内容でした。

月齢も状況も詳しいことはわからなかったのと
仕事中だったので
保健所への相談をしてほしい旨を伝え
保健所を窓口に対応にしてもらいました。

一応こちらからも仕事が終わった後に連絡をしたのですが
子猫5匹、お母さん1匹という事でした。
さすがに今5匹の受け入れはキツイけど・・・
何とかしたいと思っていまして・・・
でも保護要請が相次いでいたタイミングで
今月だけで20匹近くの子猫保護しないといけないとなると
衛生管理の面でのリスクも保護スペースもない状態。
湘南ねこ33の副代表さんにも相談をして
月齢次第ではTNRにするしかないかなということも一瞬頭に思い浮かんだけど・・・
事情が事情なだけに
付近の給餌者情報をもっと集めたほうが良いかもしれないと思いまして・・・

保健所の職員さんがすぐに視察してくれて
写真を送ってくれました。
親子
保健所職員さんが撮影してくれた写真です。
これだけ見ると子猫は3か月くらい経過してるなって思いました。
母猫のサイズが通常サイズだと思えば・・・ですけどね・・・
だからTNRにするしかないか・・・って思いました。
そのころにはすでに中華6兄妹、ウルトラマン4兄弟の10匹が我が家にいたわけで・・・

そしてTNR予定日。
猛烈な豪雨によりTNRは延期に。

1週間期間を延ばすということは
子猫も成長してしまうわけで・・・
依頼主さんは保護を希望されているようだけど
もう満員すぎるし
月齢も難しい月齢(人馴れ訓練が難しい月齢)だと思っていたので
TNRにするのであれば1週間の延期はむしろ良いんですけど・・・

でもこの判断が甘かった・・・

写真だけを見ての判断はやっぱり難しい・・・

母猫の体が想定していたよりも小柄だった場合のことを考えていませんでした・・・


私が現場入りしたのが20日の夜19時頃。
この現場に入る前にもう1件現場に捕獲機の設置をしにいってたので
すこし現場入りが遅くなりました。。。

で、現場につくと
依頼主さんの様子がすこし変でした。

何だろう・・・って思ったら・・・



お母さん猫行方不明。
子猫1匹死んでいるのを発見。
子猫1匹行方不明。
子猫1匹・・・今日・・・息を引き取りました・・・

って・・・。


そして依頼主さん手作りケージの中に入っておびえている2匹・・・

状況が最初、掴めませんでした。
子猫5匹とお母さん、お父さん猫のTNRだと思って捕獲機大量に持って行ったので・・・

20日に亡くなった子は依頼主さんが病院に搬送してくれたんだけど・・・
補液したりしてもらったあとに・・・
眠るように息を引き取ったそうです・・・

原因はなんとなく・・・
わかりました・・・。


お母さん亡くなったんだろうって・・・。

お母さん猫が姿を見せなくなり
子猫4匹だけになり
そのうちの1匹が自宅付近の場所に挟まったままで力尽きていたそうです。
3匹だけくるようになり・・・
だけどそのうちの1匹はとても警戒心が強いのか・・・
どんどん弱っていったのかな・・・
痩せた体で必死に頑張ってたんだろうけど・・・
依頼主さんが保護した時にはもう・・・これ以上頑張れない状態だったようで・・・

依頼主さんはお母さん猫が次の発情とか妊娠で子猫たちを育児放棄してしまったんじゃ・・・って思ったそうですが
子猫の月齢は写真で見るよりもはるかに小さく
生後2か月になったくらい。
生後2か月の子猫を育ててる途中で母猫が次の発情が来て妊娠ということはめったにない。
あるとすれば・・・
母親が何らかの事故に巻き込まれて死亡・・・
もしくは母猫自身の体調が悪かったのが悪化して死亡・・・

5匹の子猫を生後2か月まで育てて育児放棄というのは
あり得ない・・・。

お母さん・・・きっと今はもう生きていない・・・

そう感じながらも
無理な受け入れは出来ない。
かといってTNRにするには少し月齢が早すぎる。
かといって・・・依頼主さんのお家には猫さんがいて
ストレスで禿げちゃってる・・・。

でも母猫を失った子猫は・・・
このままにしておくわけにはいかない・・・・
依頼主さんとも色々話し合い・・・
覚悟を決めて受け入れをしました。

2匹
初期医療をして
思いっきり抱きしめました・・・よく頑張ったと・・・

生後2か月の子猫は人間得言えば3歳くらい。
兄妹そろって必死に生きてきた。
他の兄妹たちの死も目の当たりにしただろう・・・
母親の死も・・・もしかしたら目の当たりにしたかもしれない・・・

どんなに恐怖だっただろう。
どんなに怖かっただろう・・・
どんなに不安だっただろう・・・
どんなに・・・苦しかっただろう・・・

お母さんから
まだ色々教わらなきゃいけない月齢で
ちゃんと教わってないのに
お母さんを失った子猫が生きるには人間の手が必要で
人間の力を借りたとしても
野良猫のお母さんに育てられた子猫たちは
人間との接し方を知らない。

生き延びたこの子たちは
生きることに必死だった。
お腹もすいて
のども乾いて・・・
お母さん居ない・・・
兄弟たちは次々に冷たくなっていく・・・
どんなに怖かったか・・・


そう思えば思うほど
本当によく頑張った・・・よく乗り越えた・・・
偉かったね・・・偉かったね・・・

いっぱい食べな!
下痢してもいいからいっぱい食べな!
そしてゆっくり休むんだよ・・・って・・・・

想像を絶する世界でこの子たちは生きてきました。

依頼主さんがこの子たちだけは何とか守らなきゃと
私が現場入りする前に保護してくれました。
依頼主さんも目の前で命尽きた子を看取って
この子たちだけは救わないと!って頑張ってくださいました・・・


もっと早く私が現場に直接視察に行けていればよかった・・・
もっと早く動けたかもしれない。
仕事で忙しいからって
現場にいかず保健所に任せてしまったことの後悔。
いや、保健所に任せてた事が後悔なんじゃなくて・・・
自分が見に行こうとしなかった。
その後悔です・・・

TNRも立て込んで
正直体も疲れが貯まってて
バタンキュー状態だったし
保健所の職員さんが送ってくれた写真を見る限り
月齢も3か月くらいだと判断した自分に後悔。

母猫の体の大きさを考えなかった・・・

相談者さんからはこぶし1.5個分くらいって言われてたのに。
それが生後3か月な訳ないじゃんね・・・

正しい判断が出来なかった。
それによって救えたはずの命も救えなかった。

本当にごめん・・・
本当に情けないったらありゃしない・・・

仕事との両立は難しい。
すべての命は救えない。
それはわかってる。
でも近くだった。
ちょっと頑張れば
見に行くくらいできたかもしれない。

電話で依頼主さんと情報を伺う時間があれば
現場に見に行けばよかった・・・

お母さん猫のこと、
命尽きた子猫たちのことを思うと
本当に申し訳なくて・・・

だからね・・・
本当にこの子たちは絶対に・・・
亡くなった兄弟たちの分まで
幸せにするからって・・・

お母さんの写真見て改めて誓ったわけです・・・


名前はスタッフさんたちが知恵熱出しまくりで一生懸命提案してくれた中に
シータってのがあって・・・

シータといえば、もうパズーしかいないじゃん?
私の中でシータといえばパズーで
パズーといえばシータなのです。

シータとパズーも
生まれ持った過酷な運命を
二人で乗り越えて幸せになったじゃん・・・

だからこの子たちも。
きっと二人なら乗り越えられるって思う。
だからね・・・シータとパズーって名前を付けました。

後悔する現場対応はしたくない。
だけどこの現場は後悔だらけの現場対応でした。

初動の重要性。
本当に大事だと思うし
依頼主さんの思いを
受け止められるだけの余裕のない自分が
情けないです・・・

だけど、現実的にこれ以上はもう無理。
卒業猫さんが出ない限り新規受け入れは厳しいです。

相当な緊急案件以外は
10匹の卒業猫さんが出るまでは
受け入れ停止致します。

人馴れ訓練が必要な子たちもたくさんいるので
ご了承ください。
またウイルス等のまん延を防ぐためにもこれ以上の受け入れは出来ません。

既にキャパをオーバーしています。

新規の一時預かりさんが確保できないといけないです。
猫茶家さんに何匹かお願いするかも・・・デス。。。



同時多発子猫でございます。

TNR実施報告でもUPしましたが
IJ地区で同時多発子猫。。。。
もちろん、別の現場でも・・・
HS地区で子猫4匹、NJ地区でも子猫5匹・・・

やばいやばい!ってなってるタイミングで
まず入ったIJ地区。
子猫の行方が分からなくなったという情報が入りましたが
現場入りしたら発見。
最初見つけたのは3匹。
そのあと捕獲作業をしながらまた子猫のいる場所を見ると4ひき・・・

見るたびに子猫が増えて
M邸の隣で最終的に6匹の子猫。
なんで焦ったのかというと
子猫がみんなキジ白かキジトラだったから・・・

そして親子猫出没情報だったお家に子猫のことを確認しにいったら
子猫来てます!って言われて・・・
2匹は居る・・・3匹いる!って情報が・・・

ということは。
という事だ。。。

親猫が別猫だ。。。
このお家は4匹子猫がいるはずだ。。。って確信したので
捕獲機設置。。。

このお家の子どもたちは
キジトラちゃんの子供たちで間違いない。
でもM邸のところの子供たちは誰がお母さんなんだ?!
ってことで聞き込みしたら
三毛ちゃんがママよってことで・・・
それでも多すぎる。
それに何故長毛が居ないエリアの中で長毛の子が混ざっているんだ!
そしてなんでみんなキジ系なんだーーーー!!ってことで・・・
本当に苦労しながら・・・
副代表やボランティアスタッフさんにも協力してもらい2日がかりで子猫を保護。
大雨の降る直前までに全員保護完了です。

6日の18時半から現場入りして
7日の0時半過ぎまでに6匹の子猫を保護し
翌朝7時にも現場確認しにいったけど
誰も捕獲できていなくて
そのあと徐々に・・・1匹ずつ・・・捕獲が進み
大雨の前に全員保護完了。。。
とんでもなく大量の保護でございました。。。
誰が誰だかわからん状態ですが
保護された子猫たちはこの子たちです。
粂邸4匹_190608_0011
粂邸4匹_190608_0006
粂邸4匹_190608_0004
粂邸4匹_190608_0001
この4匹はキジトラお母ちゃんのお子さんたち。
多分1匹以外全員オス。

石井邸6ぴき_190608_0014
石井邸6ぴき_190608_0011
石井邸6ぴき_190608_0009
石井邸6ぴき_190608_0008
石井邸6ぴき_190608_0006
石井邸6ぴき_190608_0003
こちらの6匹が三毛猫さんのお子さんを含む、子供たち。
多分6匹全員育ててるような体型ではないし
他の親猫がいるはずなんですけど
それはどこにいるのやら・・・
誰がママなんだい?

今井邸一匹_190608_0004
そして5月27日にIJ地区でTNRしたお母さん猫が育ててた子猫4匹が保護されていて
依頼主さんが里親さんを探してくれたんですが
1匹だけどうしても決まらず・・・ってことでうちで受け入れになり
今日一日だけで11匹の子猫たちが・・・。

2回目ごはん_190608_0013
2回目ごはん_190608_0012
モリモリ食べてました。
みんなめっちゃ汚れまくってましたが
ウイルス検査、ワクチン1回目、ブロードライン、爪切り、耳掃除、コロナ検査を実施。

大量の子猫だったので
1匹ずつ洗濯ネットに入れて
朝から病院に預けて
時間のある時に先生に初期医療をしてもらうことになりました。
夕方お迎えにいったら
「みんな大人しくてイイコでしたよー♪」っていわれて。

さすがです。
乳飲み子から育てた子たちじゃないし
若干人馴れしたお母さんたちに育てられた子たち。
そして1.5か月程度の子たちなので
大人しくできました!

多分ですけどね・・・1~2匹くらいがメスであとはみんなオスです。。。
見事にオス三昧。
そしてみんな見事に・・・キジ系!
2回目ごはん_190608_0001
この子だけは白キジで
保護されてからずいぶん経過したので
人馴れもうまくできていますし
オットリ系男子。
6月の幸せ探し会デビューします。

2回目ごはん_190608_0003
2回目ごはん_190608_0006
2回目ごはん_190608_0011
こちらはキジトラちゃんのお子さんたち。
ビビリだけど・・・
比較的慣れるのは早いかな。
モリモリ食べてしっかり体を作ろうね。
月齢は1.5か月ですが
栄養状態が良くなかったのか
比較的痩せています。
もっとムチムチボディにならないとね!
7月デビュー出来るように馴致しないとです。

只今ボランティアスタッフさんたちに
名前を考えてもらっていて
色々候補は出てるんですが
性別がはっきりしていないので
(明日改めて体の汚れを取りながらゆっくり性別判定します)
性別もはっきりしたら名前をくっつける予定。

病院ではA~Kまでって形で個体識別をしてもらっていますんで
後日、Aは〇〇ちゃん、Bは△△ちゃん、と仮名に変更してもらうことになります。

いやはや・・・
すんごい食べます。そしてすごい出してます。。。

一応離乳食与えていますが
ある程度体の調子が整ったらカルカンパウチに切り替えないと
お財布が痛いので・・・
みんな早く体調整えて甘えん坊さんになって幸せになろうね!

全員エイズ白血病共に陰性でコロナの検査は火曜日にはお伝え出来るかと思います。

みんな、頑張ろうね!

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR