FC2ブログ

新入生の入園でございます。

緊急保護要請が入り
お母さんの捕獲及び子猫保護を行いました。
あいにくの台風の影響で
どうなることやらと思いましたが
無事にお母さんは捕獲できて
子猫たちも保護が完了し
ミルクボランティアさんのお家に移動しました。
121067769_3432894713492347_6706745726560310798_o.jpg
この子が一番ヤンチャな子なんですが
キジ白の女の子です。
121003563_3432895973492221_2590505755804318992_o.jpg
この子は黒(ブラックスモークかも)の男の子。
121205319_3432895540158931_4449150287298396824_o.jpg
この子はキジトラの女の子。
121104614_3432896383492180_6207158165902622504_o.jpg
この子はキジトラの男の子。一番状態が悪そうですが保温と点眼で治療していきます。
フロントラインのみ実施済みです。
121095409_3432896976825454_2194892710665203625_o.jpg
この子は依頼主さんのお知り合いの方のお家に引き取られることになったという事で
CCPでの受け入れはしませんでした。
まだ引き離したくない月齢なんだけどね・・・仕方がない。。。

今スタッフさんが一生懸命保護猫名の名づけ大会をしてくれてます。
生後1か月程の兄妹で11月の幸せ探し会デビューできると思います。

120999331_3429632410485244_7505708797401813324_o.jpg
お母さんは明日手術になります。
小柄なお母さんが一生懸命育ててくれた5匹の命のうちの4匹が入園です。
久しぶりに生後2か月未満で離乳間近の子の保護要請でした。

募集開始になったら個体別記事UPしますね。

台風の中で2現場同時捕獲になりましたが
なんとか3匹の猫のTNRが出来ることになりました。
ずぶ濡れになりながらも捕獲頑張って良かったです。

この子たちは野良訓練を受けてない子たちなので
ちいさいお子さんのいるご家庭でも大丈夫な子たちに成長してくれるかなと思います。
今年はビビリな子が多い中で乳飲み子から育てた子の譲渡があっと言う間になっちゃってるので
気づけばビビリばかり残ってしまっています。
ビビリな子もちゃんと慣れてくれますが
ちいさいお子さんのいるご家庭だとどうしても難しいことが多いですが
それぞれの子たちにピッタリなご家族とのご縁を繋ぐことが出来るように
これからも頑張ります。
そして10月の幸せ探し会ですが
12時~の枠のみになりました。
ご来場予定の方は事前予約の際12時~の1時間枠のみ開いていますので
お問合せお待ちしております。
このチビっ子たちは11月デビューなので10月の幸せ探し会には参加しません。
スポンサーサイト



【ありがとうございました!】じいちゃん猫さん犬猫みなしご救援隊さんへ移動完了です!【感謝!】

本日、朝8時。
無事に犬猫みなしご救援隊のTさんが我が家に到着して
じいちゃん猫さんを連れて行ってくれました。

やっぱりね、シニア猫さんは個性的な子が多いから
私としては離れるのも寂しいなぁという気持ちもありつつ
早く治療開始してもらえるなら早くお迎えに来てもらいたいという気持ちもあり
ちょっぴり毎度のことながら複雑な心境になるのです。

子猫とは違い、成猫やシニア猫さんは
スルメイカみたいなもんで
噛めば噛むほどうまい・・・じゃなく可愛いんですよ。。。

個性もはっきりしてて
言いたいこともちゃんという子が多いし
この子の場合、色々なモノを抱えてる状態なのに
食欲だけは絶対に無くならない。
差し出すと待ってましたといわんばかりにバクバク食べるんです。
食べてくれるってうれしい事ですよね。

106212243_3083516425096846_797777234760464427_o.jpg
茅ヶ崎で出発前に軽くお食事。
ご飯ご飯と催促がすごいので(苦笑)
モリモリ食べて休憩させてたら
Tさんお迎えにきてくれまして。

106244621_3083516741763481_2741096253840967343_o.jpg
キャリーへの移動も完了。
入りたがらなかったそうなので後ろから押してキャリーに入れたそうです。
今回のこの子の名前は
ラキ君にしました。
幸運って意味です。ハワイ語で。

本当はね、和風の名前にしたかったんですよ。
そして和風の中でも古風な名前にしたかったんですよ。
でも思いつかなかった・・・
Tさんが来る直前まで色々悩んでたんですよ、
あれでもないこれでもない・・・って。
だけど幸運な子なんだ。
ラッキーな子なんだ・・・って思って
ラッキーでもいいかなって考えたんだけど
良く考えると
保護された子たちの多くがラッキーな子だから
ラッキーちゃんとか良く使われてる名前だよなぁ・・・ってなっちゃうので
んーーーどうしたものか・・・

そしたら丁度9匹の新規保護の子たちの名づけで知恵熱出しまくってるスタッフさんたちから
色々名前の候補がUPされてて
異国語でこういう意味って書いてあってネ。

あーそっか。
ラッキーの異国語バージョンを探せばいいのか!って思って。
そしてたどり着いたのがハワイ語でした(苦笑)

2日の夜から共に過ごし
市内をドライブしまくって
移動中色々おしゃべりもしまくって
過ごした時間は短いとは思いますが
やっぱりね、早く元気になってほしいし
この子が痛みや苦しみから少しでも早く解放されるように
適切な治療をしてもらえるようにって思うと
見送るときは何とも言えない気持ちになります。

きっと保護依頼主さんも
同じ気持ちで私の車を見送ったんだろうなと。

その時と同じ気持ちを
私もこうやって味わうわけです。

この子を救いたいと願う保護主さんと
その気持ちにこたえようとしてくれたラキ君。いや、ラキじいちゃんと、
ブログを通して知ったこの子を
栃木に連れていくために力になりたいとご支援くださった皆様の思い。

暖かいものを感じます。
本当に暖かいなと・・。

猫の活動をし始めて
正直悔しい現場ばっかりです。
なんでこの子たちがこんな思いしないといけないんだって悔しくて悔しくてたまらない事ばかりです。
でも、そんなときにいつもたくさんの方々が
手を差し伸べて下さり
茅ヶ崎猫たちのことを諦めずにいてくれる事が
本当にありがたくてありがたくて・・・

私がやってることなんて
大きな団体さんからすれば
本当にちょっとしか活動していません。
大量保護もしていませんし
年間の保護匹数は
50匹以下にまでなりました。(制限かけてるのもありますけどね)
それもTNRが進んだことが原因というか理由になってればいいのですが
TNR匹数だって年間何千匹もやってるわけじゃない。
200匹前後のTNRをしているだけで
活動範囲も茅ヶ崎市内限定です。
こんな小さな団体に
沢山の方々が目を向けて下さり
そして茅ヶ崎猫たちを支えてくださるその気持ちが
本当にありがたくて。

悔しい思いをすることが多い活動の中でも
感謝の気持ちをたくさん経験できるのは
本当に素晴らしい事だって感じています。

何もない人生なら
心の底から感謝の気持ちで溢れる事なんて
そう何度も無いと思います。

でも私はラキじいちゃんと同じで
幸運の持ち主なんでしょうね。

沢山、何度も、何度も何度も・・・・心の底からの感謝の気持ちを経験することが出来ています。

人に感謝の気持ちを持ちながら活動できるって
幸せだって思うんです。

些細な事でもありがとうって思えるのは
茅ヶ崎猫たちの活動を通して支えてくださっているたくさんの方々の存在があったからだと最近気づいたんですよね・・・

やっぱり色々な人に出会いますから
色々な人の色々な面も見てしまいます。

人に感謝の気持ちを持つことが出来ない人がこんなにもたくさんいるのかと思う事が多々ありますし
人の悪いところだけを見ようとしたり、アラ探しをしようとしたり
有ることない事、見てもいないことを勝手に妄想して、言いふらしたり、
わざと誰かを傷つけようとする人間だっている中で
たった1匹の猫を救いたい、目の前にいるこの命を救いたい、
助けてあげたい、何とかしてあげたい、この状況を改善してあげたいって思ってくれる人が居て
でも私一人じゃ何もできなくて
その私のSOSに力を貸してくださる多くの方々が居てくださる・・・

すげぇ私は幸せな人間だ・・・って思ってます。

何だよ、代表今度はイイコちゃんぶってるのか?!(笑)って思われそうだけど
実際この数か月間の中、新型コロナの影響もあり
色々な面で苦しい思いをしました。

生活も苦しい状況は変わらないしむしろ悪化してるし
将来年取ったときのことを考えると絶望しかないのに
そんな将来のことより今が大事で
明日が来てくれる事、朝を迎えられること、
当たり前に自分の力で歩いて、しゃべって、聞こえて、
仕事が出来て、お給料もらえて、
食べるものの味がわかって、匂いも感じて、
自分で車の運転もできて、CCPの活動をできる事、それは当たり前のことじゃない、
いつ、自分の体が使い物にならなくなって
誰かの力を借りないと当たり前のことすらできなくなるかわからない。
でも今は私は自分の力で当たり前のことが出来ている。
それだけでも本当にありがたい事で幸せなことで、
そしてCCPの活動をすることで、人の冷たさを知り、人の我儘を知り、人の身勝手さを知り、
そして人の暖かさを知ることが出来ています。

猫という生き物を通じて
沢山の人たちに出会えて今があること。
そのことに感謝です・・・

昔の私を知ってる人なら
何度でも言うんですよ、丸くなったねぇ、って。
見た目が丸くなったって言う意味でいう人もいますが(笑)
中身が丸くなった、穏やかになったって言ってくれるんですよ。
息子が生まれてからも、なんだか丸くなったねーって言われたんですが(性格がですよ)
猫たちとかかわるようになってから、特にCCPの活動をし始めて
5年位経過した時だったかな・・・
丸くなった、穏やかになったって言われるようになりました。
考え方も変わったって。
前向きになったと。
特にこの2年程は前向きっぷりに拍車がかかったといわれます。

それもすべて猫を通じて知り合う事が出来た方々のおかげでもあり
茅ヶ崎猫たちを救うために支えてくださる皆様のおかげでもあると思っています。

猫ってすごいね。

完全な野良っ気100%のシャーシャーっ子だった私を
こんなに丸い子に変えてくれた(笑)

長くなりましたが
新型コロナウイルスの影響で
多くの人たちが
環境の変化、生活の変化、色々な変化に苦しみ
戦い、そして乗り越えようと必死に頑張っているところで
茅ヶ崎猫たちに目を向けて下さり
そして支えて下さり、
こんな状況下の中でも
茅ヶ崎猫たちを思ってくださる方々に
本当に心からありがとうの気持ちでいっぱいです!

ラキじいちゃん、
貴方のことを思ってたくさんの人が支えてくれたんだよ。
ラキじいちゃん、
栃木の美味しい水と綺麗な空気と
食べ放題のご飯と美味しいおやつと
犬猫みなしご救援隊栃木拠点のスタッフさんの愛情を特盛にもらって
一日でも長く、穏やかに長生きしてね。
そしてたまには茅ヶ崎の潮風を思い出してほしいなと思います。

本当に長くなっちゃいましたが
ラキじいちゃんのためにお力添え下さり本当にありがとうございました!!!!!

個体記事は改めてUPしますね。

取り急ぎ、皆様に、無事に移動完了のご報告でした!



続々子にゃんこと、あの子のこと。

7月最初のTNR現場は
お母さん猫2匹と子猫10匹の多頭現場の捕獲でした。
子猫は全員保護予定。
お母さん2匹はTNR予定です。

で、雨との戦いになるのはわかっていたのですが
4日の朝から現場入りじゃなく3日の夜から現場入りしようと決めて
今夜仕事が終わってすぐ現場入りしました。

事前に視察に行ったときは
お母さん2匹と子猫2匹しかいなかったのですが
動画で送られてくるものには
最初7匹子猫が居るなと分かる動画で
そのあとに送られてきた動画では子猫9匹いることがわかり・・・

あれれ。
これ全部保護かいな・・・って感じでね・・・
でもお母さん猫さんたちの状態を見る限り保護でも問題ないと判断して受け入れをすることにして
TNRするお母さんのことも心配だしね・・・

このタイミングを逃すものかと
急いで捕獲をしに行きました。

で、実際のところ
お母さん2匹はほんの数分もかからず・・・・
いやむしろ1分かからずだったかも。
サクっと捕獲出来て、
子猫も7匹捕獲するのに1時間かからず。
①②③
お母さん2匹捕獲出来た後
あっと言う間に1度に3匹も入ってくれて
捕獲機ギリギリだったから超ラッキー。
④⑤
⑥⑦
そのあとまたすぐこの4匹がほぼ同時に捕獲できたので
これまたラッキー!
2匹一緒に入ってくれてるから
捕獲機足りるかも!ってなりまして。

⑧
他の子たちが捕まったのを見てて
私とも目があって逃げた子も無事に捕獲出来ました。
残りは私が視察時に目撃していた黒白の子がまだ捕まってないので
捕まり次第連絡をもらう事になりました。
そしたら22時に依頼主さんから連絡があり
1匹捕まってます!って。
黒白の子だって!!
やったー!って思いたいんだけど
私が目撃していた子とは確定できないので
視察時の写真を見比べたら同一猫で間違いない事がわかり
ホっと一安心。
⑨
あと1匹黒白がいるそうなのですが
実際にまだ私は見たことがないので
本当にいるのかもわからない・・・
お父ちゃんもついでの捕獲が出来ればいいんだけど
お父ちゃんはこのお家ではご飯食べていかないそうで・・・・
捕まるかなぁ。。。。
捕まるといいんだけど・・・捕獲機は1台継続して依頼主さんのうちに設置してあります。


で、視察時のお母さんの様子なんですけれどもね・・・
私が猫たちのいる場所にチラっと顔を出すと・・・
テコテコとお母さん(白)が好奇心旺盛猫さんのごとく近づいてきました。

2.jpg
お?人馴れしてるなぁ。。。って思ったら
グイグイ来るのです。躊躇なくこっちに向かってくる。
そして目が笑ってない!!!
そしてかすかに聞こえるドスの聞いた「ウー」って声・・・汗

3_202007042355056ad.jpg
目の前まで来て撮影辞めました。
そしてお母ちゃんから離れました。

お母ちゃん、めっちゃ気が立ってて
容赦なくあのまま近づいてたらネコパンチ炸裂だったでしょう・・・
こんなグイグイ来てまで「ウチの子見るんじゃないわよ!!」って言う子めったにいません(苦笑)

最近知らない人がやたらとこのお家に来てるから
また子猫がとられるとか、
カラスにやられたりして行方不明になったりして
お母さんとしては子猫を守るという行為に
とても神経質になってるのでしょう。
普通のお母さん猫でも神経質になって気が立ってるのは当たり前ですが
ここまでくる子は、そういない。。。

4_20200705000242cd0.jpg

そして少し距離をとって様子を見てると
子猫たちに授乳開始。
しかしこの子猫は自分の子とほかの子の子供。

そのほかの子の子供の本当のママは・・・
6_20200705000243029.jpg
「ご飯くれるんかー?ごはんまだかー?」って。
2匹の母猫は親子です。
つまり白母さんは自分の子供と孫にオッパイあげてたのね。
やさしいねぇ。

でも母乳は
あまり出ていないように見えます。2匹とも。
最終的に子猫は9匹という事で確定し
現場はラストに先程(5日22時半)お父ちゃんの身柄を確保し完了としました。
雨に邪魔されまくった捕獲でしたが
予想以上にサクサク捕獲&保護が出来てよかった。

7_20200705000403e9e.jpg
ちなみにウチのスタッフさん、すごいもの見つけてしまいました。
依頼主さんから届いた動画の中から・・・
まさかの猫に猫の顔が!!!!
でも実際、本猫を見てもこの猫の顔柄の模様は無いのです・・・
もしかして・・・・これって・・・(大汗)

って少し涼しくなりましたかね。
きっとこの場所で亡くなっていった子供たちの魂が
今回の捕獲をスムーズにしてくれたんだろうと思います。
幸せになる事なく力尽きて行った子たちのパワーを借りての捕獲になりました。
君たちの分もこの子たち幸せにできるように頑張るからネ・・・

で、今日の捕獲は奇跡的にスムーズにできましたが
もう1匹すむーずな保護が出来た子が居ます。

そう、皆さんに犬猫みなしご救援隊さんへの移動費用のお願いをしていた子です。
2日の夜仕事が終わってすぐに捕獲機持っていって
警戒心が強い子だって聞いてたので
捕獲機慣れをさせてからにしようかと思ったんですが
手術日に間に合うかも微妙だし、
万が一捕獲出来なかったら20日の手術に合わせての捕獲だから
出来れば早く捕獲器に入ってー!って思ったんですよ。
ただ、なんとなく、今、仕掛けてみようと思ったのです。
4日は雨で邪魔される。
5日も微妙。
2日からいって、3日中に捕獲出来ればラッキーかもと思っていましたが
何となく・・・今日捕まえられるかもしれないと・・・
なので捕獲機セッティングしながら
依頼主さんとおしゃべりしてたんです。
捕獲機の目の前で。

そしたらヒョッコリと本ニャンが出てきました。
いつもなら出てこない時間帯らしいのですが・・・

何やら待ってたようです。
いつも依頼主さんがご飯を入れて
家の中に入りこっそり窓から覗き見していたので
ご飯の匂いがするのにいつまでたっても人間が動かないでしゃべってるから
我慢の限界に達したようで・・・

僕いるから、さっさと消えろと言わんばかりに(笑)

それを見て
「あ!大変失礼しました!お邪魔しております!どうぞどうぞ美味しいご飯ご用意させていただいております!お召し上がりください!」って誘導しようと話し掛けたら
クルっとUターン。
私の車の横に移動しました。
107002809_3076177289164093_2467185302872021217_o.jpg
なので、少し離れたところでまた依頼主さんとしゃべってたら・・・
テクテクと捕獲機のある庭のほうに向かっていきました。

入ってくれるかな・・・
入ってくれるといいな・・・
って思いながら耳を澄ましつつ
依頼主さんとお話をしていたら・・・


カシャン・・・。

あ。。。。
入った。。。

106524419_3076177669164055_8558964540100695659_o.jpg
無事に身柄確保----!!!!
106392208_3077704932344662_1387715070394784991_o.jpg
とても状態は良いとは言えませんし
傷の状態も捕獲した日は乾いていたけど・・・
106453866_3077705692344586_5605380450827047088_o.jpg
翌朝にはこの状態に。。。
しかし本人は至って元気で
おしゃべりが上手でね(笑)
106231583_3077701645678324_2885730572879749862_o.jpg
ご飯をこよなく愛する子でした(笑)
凄い良く食べるんですわ。
そしてすごい良くオネダリするんですわ。
105702677_3077704222344733_3247650743190997090_o.jpg
翌朝には捕獲機の中に敷いてあったペットシートがグチャグチャにされていたので
全部取り除いて綺麗にしてる間も
かすれた声でひゃおぉ。ひゃおぉ。って鳴くんです。
早くご飯だせよぉ。腹減ったーって。
こっから出せって言ってるわけじゃなく
早くそのうまいご飯くれやって言ってます。

犬猫みなしご救援隊さんのお迎えは5日の朝8時と決まり
振り込みも完了し、FAXも本日送ってきました。

皆様からのたくさんのご支援もあり
本当にこの子もドンドンすごいペースで
栃木への切符を手に入れることが出来ました。

我が家ではご飯と温度調節以外してあげられませんが
ウンチをまだ出してないので
オシッコ交換とお食事の提供をしてお迎えを待ってる状態です。
貧血もあるっぽいので心配ですが
この子自身の年齢は果たして・・・

歯無い
撮影時、早く飯だせやー!って怒ったときに撮影したものです。
歯を見る限り相当シニアにゃんこさん。
上の犬歯2本無いし、前歯も3本位ない。
そして歯の汚れ具合を見ても
かなりシニア猫さん。
鼻腔も腫れてるのかな。
何だか色々なものを抱えてる状態ですが
犬猫みなしご救援隊さんにお願いすれば
この子自身が苦しくないように処置してくれて
1日でも長く、快適に過ごせるようにしてくれると思います。
中谷代表も栃木向かってるって2日のブログに書いてあったし。

という事で2日から殆ど睡眠時間が無い状態でこの記事を書き上げまして
実は3日にUPするはずが
途中で寝落ち。。。
PCの画面に向きながら寝ていたようで・・・・・

メールの返信等遅れてしまって申し訳ありませんが
7月8日頃までドタバタしております・・・
ご了承ください。。。。

そしてまた改めて
皆様からの暖かいご支援について記事をUPさせていただきます。
本当に短期間で多くの移動費用のご支援、
茶白爺さんに代わってお礼申し上げます。
また名前考えないといけないのですが
もうそれどころじゃない状態の我が家・・・

出発前までには
カッコイイ名前考えてあげないとね♪

という事で・・・

個体別記事、まとめて近々UPします。
初期医療完了組の10匹?だったっけ?記事UP出来ていないのと
トライアル開始してる2匹の子も記事UP出来ていないので(汗)

また寝落ちしそうなので
今日はこの辺りで・・・
立ち上がり洗濯物干してお風呂入ってきます・・・
そろそろ限界が近いぞー。。。睡魔。。。

連日のずぶ濡れ。。。子猫の保護と負傷猫の捕獲とTNR・・・

昨夜からの大雨で
現場での捕獲も苦戦を強いられ
捕獲したい子たちが出てこない。

今朝7時に無事に子猫2匹は捕獲機に入ってくれたと連絡があり
急いでお迎えに行きました。
ペットシートも濡れちゃって
急いでシート交換して捕獲機の中にも厚手のペットシートを入れて
まずは体の水分吸収・・・・
まだ人馴れしていないから
タオルでゴシゴシできる子たちでは無いので
ペットシートの吸収力Kに頼りました。
104469527_3063526793762476_8406282010492194808_o.jpg
多分2匹とも男の子っぽいですが
微妙にわからない。。。
多分、オス・・・かな?って感じ。

で、全員そろったし
保温もしたいので
4匹捕獲機から洗濯ネットに入れて
キャリーに入れ
そしてフロントライン付けて撮影してケージに移動。
106363697_3063788497069639_2525670047842230469_o.jpg
1番目に保護できた子。
キジ三毛の女の子。
一番大人しい理由は
疲れ果てちゃってるからって言うのがホントのところかも。
ママと離れて知らないところに連れていかれて
一晩過ごしたからね・・・
兄弟そろったから少し安心したかな。

106600484_3063788793736276_3911718538212582291_o.jpg
2匹目に保護できた子。
グレーキジ×白の子なんだけど
オスだと思ったのよ。最初。
まー気が強くてパワーも凄かったから。
でもお尻みたら女の子だった(*ノωノ)
写真見てわかるように
全身で私を拒絶。
「ババー!触んじゃねぇ!!」って言いそうな顔してますが
実際そういう感じの子になってます。
それがどこまで人馴れして仕上がりますでしょうかね(苦笑)
まだ1.5か月位ですが
お母さんの骨格が小さかったのもあり子猫も見た目より月齢は進んでるかなと思います。
昨日のキュンキュンするお顔はどこに消えたのかって位人相変わってますが
また昨日のキュンキュンするお顔に戻れるように信頼関係を作り上げるの頑張りますよ。

105409067_3063789057069583_4965651273756015328_o.jpg
この子が今朝捕獲出来た子たちのうちの1匹。
キジ白で白が少なめな子。男の子だろうと思います。
この子も全力で私を拒絶。
見ての通りです。
ママと離れて大雨も降って兄弟で一晩乗り切って
よく頑張った。
2匹一緒に捕獲機に入ってくれて本当に良かったよ・・・これで1匹だけ残っちゃってるとかになると
捕獲出来るまで時間かかるから・・・・

フロントライン付けて撮影してケージに入れたら
ワーーーー!!ってなっちゃって
水入れにダイブ。。。。
せっかく乾いたのにまた濡れて・・・
君もオバチャンも今日は水難の相が出ていたんだろうね。
パニックになってたからタオルで覆って落ち着かせました。


104753823_3063789257069563_2550856325425602909_o.jpg
こちらも多分男の子。
怖がりさんでお尻チェックしてフロントライン付けて撮影して一番に
ケージに入れたら
サクサクとかくれんぼしてました。
トイレ裏に隠れてました。
後程夕飯与えて消灯しますが
ママーーーー!って鳴くかなぁ。。。
ママは至って静かにしてくれてます。。。

そしてやっと・・・2週間かけて捕獲を試みて
やっとですよ・・・
17日からのTNRで本来なら捕獲して既に処置できていたはずの子。
活動範囲が広すぎて、さらに一定の場所で留まるような生活をしていなかった子なので
一番最初に情報提供をしてくれた過去にTNRした子をお世話してくれてる方のお家で
捕獲機を設置させてもらい、捕獲機慣れさせて無事に捕獲が出来ました。
5月4日に最初の相談が入り
負傷猫が来るようになったという事で写真を送ってもらいました。
黒負傷猫オス
喧嘩傷が悪化したんだなーと思いました。
ぶら下がってるのは瘡蓋だから
もしかしたら一度膿が貯まって破裂したのかもしれませんが
幸いにも患部がふさがらずにいるので
様子を見つつ、捕獲してTNRにしてコンベニアを打つって言う形を考えていました。

それから数日が過ぎた日に
6月17日から現場入りする事になった多頭現場の新規情報が入ったのですが
その中に負傷猫が居てまさに私が治療したかったその子が居たのです。
こっちにも来てるのかと・・・まぁ猫的距離だと目と鼻の先なんですけどね(笑)
同一猫が2名の相談者さん宅に来ている事、
そしてそのうちの1件は多頭現場で退去・解体予定。
こりゃ急がねば・・・ってなり6月17日からTNRと保護を実施したんですけどね・・
その時にどうしてもこの負傷猫だけは捕まりませんでした・・・

で、17日にTNRに入る直前にも
首元と目を怪我している黒猫が居るという情報があり
写真を見たらあらら・・・またあの子だわ・・・という感じで・・・
最終的に4名の方から負傷猫案件=この黒猫さんという感じでした。
これだけの人に心配されてるのに
本人は捕獲器に入らない、
警戒心が強い、
私を見ると逃げる。
現場の住人が見ても逃げない。
完全に人をしっかり見て判断してるなってくらい賢い子なんですけど
最初の相談者さん宅にくるようになったので
こりゃやるっきゃないってことで捕獲機設置させてもらい
捕獲機慣れしてもらうための給餌もお願いし
タイミング良く捕獲出来ればということになり
捕獲最終日・・・28日の夜、これから設置しますって連絡があって
ドッキンドッキンですよ。
夜しかこのお家には来ないので(汗)
雨も降りだす時間まで時間もあまりないし
かといって今回逃したら次手術できるのは来月だから
それまで相当傷口が悪化していくだろうと思ってて。
冬場とは違い夏場の傷口の悪化するスピードはハンパ無くて
治りも遅いので
時間との勝負でした・・・
で、実際に無事に捕獲できたと連絡があり
お迎えにいって
本猫を見て私は正直、時すでに遅し・・・な状態になってると思いました。
眼球はもう無理だなと。
3件目の相談を受けたとき、目を怪我して開いていないといわれてた時の動画を見る限り
風邪が原因で目ヤニで目がふさがってるだけだろうと思いました。
日を追うごとに目撃情報をくださっている方々から
目が変だという話になり
もう片目が無くなってるように見えるといわれてたんですが
実際のところメヤニで目を開けられなくなってた(メヤニが固まってしまって)だけだったんですけれども
捕獲機に入った彼の眼を見る限り
風邪じゃなく、眼球に傷がついて目ヤニが出て
どんどん悪化していったのかなと・・・
もう片目の視力は無いだろうなと思う感じで。
眼摘する必要があるかなと・・・

首元の裂傷は何とかなるとしても
目だけは残すの厳しいかなぁ・・・
コンベニア打つだけじゃこの子を治せないと判断しました。
できるだけ早くに犬猫みなしご救援隊さんにこの子を搬送しようと思ってます。
とりあえず明日、去勢手術とコンベニアを打ってもらい、
壊死した首元の皮膚等の切除と眼球の状態をもう少しよく見てもらい
出来る限りの処置をしてもらってこようかと思います。
このままこの目を放置してたら溶けてなくなるか
その前にばい菌が体にまわってこの子の命が無くなるかのどちらかです。
やれることは精一杯やる。
でも無理なことは無理。
ウチでこの子を保護して人馴れさせて譲渡は無理。
それにこの子実際に人間に対しての距離感をかなり慎重に保つタイプで
近づきすぎると逃げるし、捕獲機の中ではガウガウ怒る子なんです。
これを治療しながら慣らすのは無理。
ウチでは無理。
犬猫みなしご救援隊さんのスタッフさんにお願いしたほうがこの子にとっても適切な治療をしてもらえると思うので・・・

申しわけありませんが
終生飼養費用等、少しで構いませんのでお力添えいただけますと幸いです。



で、ここから先の写真、かなりグロい写真になりますので
閲覧が厳しい方はここから先の写真は見ないほうがイイです。
いっさいモザイク処理等はしません。
野良猫として生きている命の現実が
この姿です。
こんな子たちがこれ以上増えないようにと活動しています。
お外で暮らす猫たちが
どれほど過酷な生活なのか目で見ていただきたい。
実際にこの子に会ってこの子を見ることは出来ない方のほうが多いでしょうけれども
だからこそ、お外で暮らす猫たちの現実を見ていただきたいと思うのでモザイク処理は一切致しません。




75140854_3063783947070094_6377087108454177071_o.jpg
約2か月前のイケメンっぷりはどこへ消えたのかって位
顔立ちが変わってしまっています。
目が原因なんですが眼球が酷い状態です。
104417093_3063785370403285_4870681754502374373_o.jpg
首元の傷も自分で舐めてしまってるのもあり
瘡蓋でふさがることが無いけれども
患部が露出した状態です。
赤くて痛々しい・・・
傷口も広がりながらまた狭まって、また広がるを繰り返してるようです。

106244514_3063784387070050_183029692041000296_o.jpg
29日の手術では事前に用意してもらっていたコンベニアを打つこと、
去勢手術をすること、首元の傷の壊死した組織と皮膚を切除してもらう事、眼球の状態を確認してもらい
点眼等してもらう感じかなと思います。
あとはコンベニアが効いてる間にできるだけ早く栃木拠点へ搬送し
治療を開始してもらうのを優先しようと思います。

本当なら今年はもうみなしごさんに連れていく予定は作らない事にしていましたが
この子このままリリースなんてできないし
片目の見えないこの子をコンベニア任せであとは自分で頑張れとリリースするには酷すぎます。

なので犬猫みなしご救援隊さんへ移動させます。
しょうがない。
この子1匹の命を救う事が
どんな意味があるのかと思われる方もいるかもしれませんし
この子に移動費等の費用使うなら
保護猫たちに使ってほしいと思う方もいるかもしれません。

でも私はこの子の情報提供があったときにコンベニアを打ってTNRというのを想定していましたし
まさかこんなにも捕まらない子だとは思っていませんでしたし
寝床もマトモに持ってない子だと知ったのは先週の話。
その間にどんどん傷口の状態も悪化、
更に追い打ちをかけるように目まで失明状態。
これをほっとけ、自然に任せろというのは
実際にこの子を見ていないなら言えるかもしれません。
でも今この子は捕獲機の中にいてやっと捕獲出来た子。
救える子はほんの一握り。
他にも2現場、負傷猫案件が来ていますが
そのうち1匹は姿を見せなくなったとの情報に切り替わっています。

救えるか救えないか、
タイミングがうまく合う子以外救えないんです。
だからこそ、
今回この大雨の中頑張って捕獲機に入ってくれたこの子を
私は全力で救いたいと思いますし
捕獲出来たならできることを最大限にやってあげたい。
そう思うのは
沢山の救えなかった子たちを見送ってるからだろうと思います。
悔しい思いのほうが多い活動です。
悔しい思いをしているからこそ
今できることを最大限にしてあげたいと思うのは
綺麗ごとかもしれませんが
私の本音です。

手術しかできませんから、TNRですって言いきるのは簡単。

でも私はロボットじゃない。
一応この子たちと同じように生きてるわけですから
痛いのも、シンドイのも感じます。
伝わります。
だから事務的に
どの現場も同じような対応以外しませんなんて事断言しないし
むしろ現場によって対応を変えていますと前々から言っています通り
どの現場にも同じ対応をすると
事務作業になってしまいます。

我々は命を扱っている。
命のそばにいる。
命に寄り添っている。
そうあるべきだと思っています。

目の前にいるのは
ぬいぐるみじゃない。
生きている命だからこそ
個体によって扱いは変わってくる。

この子を栃木に搬送しても
長生きできるかわかりません。
でも痛みをとったり、傷口を清潔にして治療をして
この子がこの先穏やかに過ごすことを最優先にしてくれるスタッフさんと代表の中谷さんがいる
犬猫みなしご救援隊さんに託す事が
今の私にできること。

早々に連れていきます。
なのでもし、一緒に連れて行ってほしい子が居るようでしたら連絡ください。
搬送します。


ちなみに明日はメス1匹、オス成猫2匹と子猫2匹の合計5匹のTNR手術になります。
先生、よろしくお願いします。
そして黒猫さん、頑張ってまずは去勢とコンベニア打ってもらおうね・・・
そこからスタートだよ。
頑張ろう。一緒に頑張ろう。


緊急保護要請子にゃんこ。。。

26日の保健所からの連絡で
母猫1匹、子猫4匹の現場があり
急ぎ保護を依頼されまして
当日仕事が終わってTNRの子を病院にお迎えに行った後そのまま現場に直行。
視察して子猫の月齢が1か月半位だったので急ぎ保護をすることを決めましたが
手術可能日が7月になっちゃう可能性があるので
それまでの保護は厳しいかなと思っていたのですが
29日手術予定の現場の性別不明だった子たちの性別が確定し
急遽本日の夕方捕獲に向かう事にしました。

まずはお母さんを捕獲するんですが
丁度いいタイミングでお母さんが居て
捕獲機仕掛けたらあっという間に捕獲機に入ってくれて
あっと言う間!
お母さん1
まだ体も小さいお母さん猫さん。
頑張って4匹の子猫たちを育てていました。

お母さんが無事に捕まったらあとは子猫の捕獲。
106471189_3062490493866106_6272977511851384226_o.jpg
この子だけ塀を降りれない怖がりさんで
一人だけ捕獲器に。

105031979_3061662547282234_8819773693112135527_o.jpg
キジ三毛の女の子です。

79375940_3061790133936142_80523995683916465_o.jpg
そして次に捕獲できたのは
グレーキジの子。
この子を撮影しようとしたら
この状態でね・・・
ズッキューーーーーーン・・・・ってやられましたわ。
この目が。。。
A1dgnmGCAAAmeG1.jpg
大好きな長靴をはいた猫のプスにしか見えなくて
ズッキューンでした。。。。

連日朝6時半頃から現場入りしてアチコチまわり
合間に保護猫たちの世話・・・そして夜までアチコチ・・・の状態が続いていて
TNR現場では捕獲妨害にあったり
今日は負傷猫案件で前々から対応しようと思っててやっと現場入り出来た現場に
ターゲットが来てくれないという状態も続き・・・

そして保護猫たちの移動もあったりで
現場では1分もそこにいれば顔から足の裏まで汗だくになる状態で
捕獲出来て別現場へ・・・冷房で冷える・・・
ずぶぬれと乾きを繰り返し
風邪引くわい!!!!って状態でしたが
雨降ってきちゃったし・・・
29日の手術の子たちはこれで捕獲間に合わないなーって感じです。

保護した子猫の兄弟の残り2匹もまだ保護できていないので
明日中には保護したいけど・・・捕獲機に入ってくれるかなぁ・・・

紋々としています。。。
しかし我が家では晴れて開放感を味わっている2名様。
105491098_3062277120554110_4683273598367363389_o.jpg
初期医療の検査結果待ちの子たちの検査結果がすべて出そろったので
1週間ぶりに軟禁生活からの解放です。
思いっきり保護猫部屋拭き上げして
これでもかって位キレイにしまくって
自由にさせましたー。
105637813_3062278940553928_5986451128618335066_o.jpg
104963685_3062279750553847_9059886507479191327_o.jpg
ミファ、念願の自由を手にして大喜び。
杏ちゃんも私への甘えん坊タイムを終えてあっという間に我が家の猫たちを呼んでました。。。
会いたかったそうです(苦笑)
ウチの子たちは会いたくなかったらしいけど(苦笑)
ワイヤーネット越しの再会を期待した杏ちゃんとミファですが
ウチの子たちはそれどころじゃなく
腹減ったからお皿の前でご飯まちしてたので久しぶりのワイヤーネット越しの再会は有りませんでした(笑)

104409128_3062282250553597_242258737136935981_o.jpg
ミファは私にゴロゴロ甘えまくって
杏ちゃんは思いっきり保護猫部屋を走り回った後
クールダウンして、また一人ワイワイ楽しんで
甘えたくなったら甘えに来てせわしなく動いていました。
その姿をガン見していたのが
6兄妹たち。。。
106345088_3062286380553184_7846592020104892157_o.jpg
ミファはもちろん、杏ちゃんにまで華麗にスルーされたので
寂しいのもありますが、
何で急に隣のケージの子たちが居なくなって
お姉ちゃん猫さんたちが自由を楽しんでるのか意味が分からなくて
更に声をかけても完全なシカト状態。
甘えたいニャ・・・あの・・・おねえさん・・・って声かけても
そこに居ないもののような扱いに若干不貞腐れてましたけど(苦笑)

残念ながらまた今日新入りが来たので
(全員そろってから保護猫部屋入れて隔離します)
ミファと杏仁はまた軟禁生活になりますが・・・

そしてここにも駄々っ子が・・・

黒13
今朝やっと捕獲出来た子で、
私が現場で誘導して捕獲機で捕まえられた子なんですが
早く帰りたいー、腹減ったー、疲れたー、こっからだせーって文句ブリブリ言いまくって
ずっと鳴いて文句言いまくりだったんですが
一日アチコチ動き回ってる中ずっと車の中で一緒に居たので
私に何を言っても無駄だというのはわかってても
やっぱり文句は言いたいって言う思いもあり
最終的にこういう姿で文句を言うように。。。

横になって文句いって駄々こねる猫さんは
久しぶりに会いましたよ。
手術が終わったら元のお家に帰られるから
もうちょい我慢してなさいねって言ったけど
やだー。やだー。帰るー。早くこっからだせーって
棒読みの返事が返ってきました。

という事で
ずーーーーーっと走り回って
TNRオス3匹とメス1匹と保護2匹の合計6匹が今車の中で待機しています。

このタイミングで雨も降ってきたから
明日朝また6時から捕獲作業したかったのに
これじゃ猫たち出てこないかも。

緊急保護の残りの2匹も早く捕まえてあげたい・・・
じゃないとママが居ないところで兄弟そろって2匹だけで過ごすのは心細いでしょうし・・・。
無事に保護出来ますように。
明日も頑張ります。。。

つか、6月に入って毎日現場いってるのに
実際に捕獲出来てTNRできてる猫さんの数の少なさよ・・・
捕獲妨害本当にやめてほしいです・・・
妨害するくらいなら
自分で手術しろー!
完全室内飼養しろーー!!
って世界の中心で叫びたい。。。
プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR