FC2ブログ

体はボロボロだったんだ。。。

6月24日緊急保護の仮名キジ子さん。













脱臼箇所は腫れてないのに



何故か肩から肘までパンパンに腫れていました。



抗生剤と痛み止めで様子を見ていましたが



腫れが引かない。



噛まれた傷後は3か所しか確認できず



腫れている部分に傷が残されてないか



何度も探したけど見つからなかった。













なのに今朝、舐めた跡があって



イタイのかな・・・と思ってたら夕方メンバーさんがお世話に来てくれたときには

すでに舐めすぎて皮膚破けてた。









病院に連れて行って受診。





膿では無い体液と血液が溢れてて



絞ってもらって



止血をしたんだけど



なかなか止まらず。





やっと止まって軟膏を詰めてもらって



明日再受診ってことになってるんだけど・・・









クビの下に1か所、上の首の側面に2か所の噛まれた傷(穴)があり

その3つの怪我は確認出来てたんだけど・・・











実はこの子腹部に(腸内)に銀紙のようなものもあります。



お弁当に入れるようなヤツだと思うんだけど・・・









排便はあるから腸閉塞には成ってない。



でも腹部のふくらみが気になっていて



排便するたびになんでお腹周りのサイズが減らないんだろうかと気にしてました。



何時になったらアレが出てくるんだろうかと思ってたんだけど

相変わらず出てこない。





で、今日病院から帰って



保護猫たちのお世話して



最後にこの子の投薬をしてる時



抱っこしたらやっぱり腹部のふくらみが気になり

触ると腸の形を触れました。



あ。



破れてるのかもしれん。。。



思えば思うほどこのふくらみ・・・って感じで。

明日再度受診するとき先生に診てもらいます。



手首の脱臼を気にして

脱臼箇所は腫れず

肘から上がパンパンになってることも疑問だったんだけど

更に今まで傷が無かった場所の皮膚が破れた。



すごく良く食べるし

今日は一人で玩具で遊んだりもしてて

回復してきたように感じるんだけど

やっぱり体はギリギリというか

よくこの状態でよく食べ良く出し・・・良く寝て・・・って不思議すぎる。



首を噛まれているので

相手の生き物(多分大人猫)はホンキで喧嘩しにきてるので

それだけでも良く生きてたと思うんだけど

もしかしたら相当振り回されて噛まれてから

時間が経過してるのかもしれない。



あの付近は野良猫が多いことは把握してるけど

一度もTNRに入ったことがないエリア。



給餌者も不明。

猫も一定の場所にいるわけじゃなく

目撃情報がある程度。



この子が人馴れしてることに対しても謎だけど

これだけの大怪我してるのに

本当に・・・強い。

我慢強い子です・・・



パンパンだった肩から肘にかけての腫れは

今日排出したことで少し引いたけど

まだ体液が出ています。

出血は無いけど・・・



そんでもって腹壁も破れて腸が出てる状態ならば

大手術になるわけで・・・



すぐ里親希望者さん宅に連れて行かなくてよかったって思う。

これで連れて行ってたら

大変だったかも・・・。





そんでね・・・この子の強さ・・・



とっても強いんです・・・



診察台の上で

腕の傷から傷口を絞って体液等を出してる時も

ずっと大人しくしていました。



治してもらう事がどういう事かを理解しているかのように。



バリカンで患部の毛を剃るときも

普通の子猫だったら大暴れです。



でもこの子は大人しくバリカンで刈り取られてた。

更に言うと毎日の投薬の時も上手に飲んでくれて

本当に手がかからないんです。



こんなに大怪我してるのに・・・



手首の脱臼よりも感染症が酷い状態みたいなので

まだまだ治療も続きますし急変に気を付けないといけません。

何よりも腹壁がヘルニアになってる状態かもしれないので

そっちも一大事。



これは・・・どこまで体がバイキンに勝てるか・・・って状態かもです。





こんな小さい体で・・・

頑張ってる子を見てると

本当に

野良猫をゼロにしたいって思ってしまう。



みんなお家の中で安心して生活できればいいのに。

交通事故にあうことも

大人猫に殺されかけることも

餌に困ってゴミを食べることも

カラスに襲われて命を奪われることも

暑さ寒さと戦うこともなく・・・



みんなお家でヌクヌク出来てばいいのに。。。



茅ヶ崎から野良猫をゼロにできる日は来るんだろうか。





この子の体が心配・・・



でもこの子の心は私よりもはるかに強い。



本当に頑張ってくれてて

私はこの子にあと何が出来るんだろうかと・・・



悩みます。。。



スポンサーサイト



続きを読む

続く遺棄。信じられない。

6月23日23時55分。

1通のお問い合わせが入りました。



前日の22日から

自宅のある敷地に

負傷した子猫がいると。



オフトゥン♪にINして1分ぐらい経過したところだったので

すぐ返答をしまして。



猫の状態を確認するために何度かやり取りさせていただいたところ

怖がりサン

野良の子かもしれない

びっこひいてる

そして今朝写真を送ってもらいました。



残念ながら足の負傷箇所が見えなくて・・・。







でもこの距離で撮れてるってことは・・・

という考えも浮かび・・・。



骨折だった場合の事、

噛まれたとかで

バイキンマンにやられて痛いとか

足をひねって筋を痛めたとか

色々考えたんです。







この顔はシャーじゃないなぁ。

ミャーだなぁ・・・

もしかして慣れるんじゃないのかなぁ・・とか妄想したり。





で、一応依頼主さんのご友人が

飼ってくれるという事になり

近づくと逃げちゃうという事だったので

捕獲器もって夜訪問しまして。



会うなりシャーって言ったんだけど

サクサク逃げない。



あれ。

あれれ。



ちょっとまてよって思ってたんですが

捕獲器じゃなくても

保護出来そうな気がしてならない。



怖がってるだけだ。



だので。



カルカンパウチ子猫用をお土産に持っていってたので

どうぞどうぞ。お食べなさいと差し出すと

アゥアゥアゥアゥって言いながら舐める。



その隙に背中を触る。



触れる。



ナデナデする。



プリケツする。



あ。大丈夫だ。この子。





で。そのまま抱っこ。



その瞬間抱きしめました。。。。



よく頑張った。。。。



1人でよく頑張った。。。。





捨てられたんだね・・・

捕獲機しか持って行ってなかったので

捕獲器にそのまま入れて持ち帰りました。









お預かりしてフロントラインのみ完了。

よく頑張ったね。。。偉いよ君は偉い!って褒めまくって。。。



疲れてるだろうから。

オフトゥン!!!どうぞ!!!今ならもれなくペットヒーター付きだじぇ!!!





あ、その前にオバチャンの肉布団のほうが良い???(笑)



体も拭きました。

案外ノミが見えない。



生後4か月位の子猫さん。

なんであなたはあんなところに居たんだか。





捨てられたのはわかるけど・・・

敷地内の・・・

土地の神様?のところ。

なんていうのか。

私の知識の無さは

非常に申し訳ない程に

言葉が出てこない!!!



そこの中に居たわけですわ。

上の写真でみてもわかるように

赤い木の枠がいっぱい見えるでしょ。



そういうトコよ。

なんていうのよ。アレは。



思い出せない!!!





ほこら・・・?

ほこらだっけ?



まぁいいや。

そういうトコに居たわけですよ。



そこに遺棄したのかぃ?

そこに遺棄されたのかぃ!?





前回のホワィティたちも

神社に遺棄です。



意味わかります?





なんで神様の土地に捨てるんか!!!!

罰当たりが!!!!

猫の神様は

そんな罰当たりなヤツには

相当な罰をプレゼントフォーユーしちゃうから

本当に気を付けろ!!!!



本当にもう

遺棄ばっかり。

遺棄ばっかり!!!!!



信じられん。



遺棄するのは大人。



遺棄するのは大人です。



大人が何でそんな事するんか。



さっぱりわからん。





この子は

優しい人の目にとまり

保護依頼をしてもらえて

今日こうして保護に至りました。



怪我をしております。



子猫です。

一人ぼっちでした。



意味わかりますか?



怪我からの発熱。

怪我した部分が腫れあがっております。

相当痛いです。











意味わかりますか?



生後4か月位の子猫です!



人間でいえば

6歳~8歳位の子です。



まだランドセル背負ったか背負ってないかのレベルの子供を

1人にさせてポイしたら

どうなると思ってんでしょ。



それも相手は子猫ですよ。

猫ですよ。



助けてって警察にも行けませんよ。





猫だから

誰かに虐待されるかもしれない。

ホワイティたちのように虐待されるかもしれない。





ダンボールにいれて

「達者で暮らせよ!あばよ!」なんて絶対ダメ!



保護される子たちなんてホンの一握りです!!!!



殺す気か!!!







ずっと遺棄ばっかりです。



茅ヶ崎はどうなっちゃってんでしょうか。





そんなに心の無い人がいっぱい居るんでしょうか。



本当に悲しい。

悲しいというか悔しい。





自分よりも弱い生き物を安易に捨てる神経が私には理解できません。





負傷した原因が人為的なのか

交通事故などの事故なのか

他の猫に襲撃されたことによるものなのか

明日病院で見てもらってきますが

どっちにしても

ここに遺棄した人間は

この子が死んでもいいって思ってたわけですよね。



もう信じられん。





怖い思いしてますよ、この子。



猫に免疫が無いんですから。



1匹で飼われてたか

捨てられた後

大人猫に追っ払われたり噛まれたりして

大人猫が怖いと思ってるかもしれません。



同じくらいの月齢の子猫に対してもめっちゃシャーだしウーだし。



もーホント・・・この子がなにしたんだって・・・

なんか悪いことしたんですかね。



捨てるくらいなら産ますな!

妊娠させないように手術するのが飼い主の務めでしょ!!!!



本当に

なんかもう

連日いろいろあって

大人の考えが

わけわからんですよ・・・。







責任ってなんでしょね。





大人なんだから責任の意味位知っててほしい・・・・









まぁ

この子は

ご縁をすでにゲットしていますので

明日病院で治療開始したら

その後里親さん宅に行きます。



先住猫さんいるから仲良くなれるかな?





ラッキーな子ですよほんと。。。



優しい依頼主さんのお蔭。



足向けて寝ちゃだめだじょ。





人間ってね

悪い人もいるけど

イイ人も居るんだよ。

優しい人も居るんだよ。



悪い人なんてほんの一握りさ。



そう思っていたいものです・・・





続きを読む

腹立たしい遺棄!!!!

夜中にメールが入ってて

目覚めてすぐに驚きまくり。

遺棄子猫が居るという事で

緊急要請でした。



メールを見て

はて。

はてさて。



こりゃなんじゃ?









後の子はわかるさー

猫だわよー

子猫だってのはよくわかるわー。



でも手前の子。

毛うすくない?



皮膚病にしては皮膚が綺麗だ。

かといってハゲっぽいわけじゃない。

なんじゃろかー。

なんじゃろかー。



今日は仕事。

レスキューに行けない。

メンバーさんたちも忙しい。



ん~どうしたもんだか。



依頼主さんが保護に走ります!ってことで

頑張ってくれまして

私は病院に連絡して搬送されたら指定医療行為をしてくださいってことでお願いしておきました。



そして午前中の診察には間に合わず

遺棄された子は目の前にいるのに怖がって近づいてくれない。



一定の距離を保つので

難しい保護・・・





近所の中学生がこの子たちを発見したのは3日前だそうで

ダンボールに入れられて遺棄されたそうです。

その段ボールもありました・・・。



この子たち、こんなところじゃ生きていけないよ。



早急に保護しないと。。。



しかしこの毛の薄い子は

なんじゃろかぃ。

疥癬だったらもっと痒がって血だらけになってるはずなのに

皮膚は綺麗だし・・・

かといって

まさかねぇ・・・・

まさかだよねぇ・・・って思いつつ

夕方保護完了の連絡を受けてホっとしました・・・



病院に搬送してもらい

私がコナンと初夏ちゃんを病院に連れて行くときに一緒に連れて帰ることに。



で、洗濯ネットに入って

ソフトキャリーにはいってたので

しっかり見てなかったんです。



で、病院でウチから持ってきたハードキャリーに入れ替えようとしたら

めっちゃ下痢Pまみれ。



下痢Pしたんだけど洗濯ネットに入ってるもんだから

モロに下痢Pをかぶりまして。

2匹共に下痢Pでよごれまくり・・・



なので帰宅してからシャワーで落としまして・・・。

フロントラインつけたばっかりなのに(涙)

めちゃくちゃノミがピョンピョンしてるんですよ・・・顔まわりに・・・



あぁぁぁぁぁぁ!!!!

も~~~~~!!



で。

ハっとしました。



あなた。

ちょっとまって。

貴方さ、

普通の猫じゃなぃね。。。



ペットショップに行けば何十万って高いお金払わないと買えない

むしろペットショップに並んでることの方が珍しい・・・アレだろう・・・



シャワー中も大人しい・・・

洗いやすいわよ。。。あなたたち。。。



つか・・・そこの短毛さん・・・めっちゃブサイクな顔してますやん・・・。

パチっとした目じゃないのは

風邪気味だからだろうけど・・・

ムスっとしてますねぇ。。。



もう1匹の黒斑は

毛を乾かすために必死。



しかしこの子

人馴れしてるんですわ。

シャンプーしながら

長閑湧いてたのもあったけど

シャワーのお湯をギュンギュン飲む・・・







まぁとりあえず、乾かしなさい。

オバチャンは会長お迎えにいってくるけん。。。。





そして飯食って疲れを取っておきなさい~ってことで

このまま会長を迎えに行きまして。



帰宅したら

短毛さんが「シャー」って言いながら逃げ腰なんですわ。

大丈夫だよ。

オバチャンは君たちをいじめたりしないから。





いじめた子たちに会っちゃったね。





この子たち、ダンボールに入れられたまま小学生の子供たちに

投げ飛ばされたりして虐待されてました。



それを見た中学生が必死に里親探しをしようとしたものの・・・

そんなすぐに見つかるわけも無く。

里親探ししてる情報を得た依頼主さんが

頑張って保護して病院に連れて行ってくれました。



殺してやるって言ってたそうです。

小学生だからって

小さい命を投げ飛ばして玩具にして

殺してやるとか言っていいんでしょうかね。



命の重み、知らんの?

つか、なんで自分たちよりも弱い子たちを

いじめることが出来るんか!!!!



中学生の子たちがそれを見て

早く保護してあげないと!!って必死になってくれたから

こうしてウチに来れたわけで・・・



あの子たちの努力が無かったら

この子たち死んでたかもしれません。





だからね、大丈夫だよ。

貴方たちをいじめたりしない。

むしろあなたたちを幸せにするために

オバチャンのところに連れて来てもらえたんだよ。

捕まえてくれた人と、一生懸命あなたたちの命を守ろうと頑張ってくれた

中学生のお姉さんたちに足向けて寝れないぞ???





こっちの子はわかってるんです。

黒斑の子は。

もうルンルンしてました。

甘え方も上手。

明らかに飼い猫ですわ。

遺棄ですわ。







ゴロゴロ言っちゃって・・・

本当になんてことなんだろうか。



この短毛の珍しい子は

コーニッシュっていう種類だと思うんですよね。

毛の感じ・・・顔立ち・・・

まんまだ・・・って思いました。

若しくはスフィンクス系のMIX。



で、この黒斑とは兄弟なのかなんなのか。

全然わからんけど月齢は同じくらい。

兄弟だとおもうんですけどね・・・



ちょっとこのコーニッシュみたいな子は神経質です。

でも心開いたら多分スリゴロになるかな。



コーニッシュって人見知りしないし甘えん坊だって書いてあるし。







さてと。

名前どうしようかな。



今晩寝ながら考えておきます。。。



つか!!!!



どうしてこんな子遺棄するんだよ!!!



この短毛種の子

冬を越せるわけないでしょ!!

遺棄は犯罪!

遺棄は動物虐待!

殺す気か!!!



犯人は

見つけようと思えば

見つけられるんだから

自首してください。



警察には届け出しておきます。



動物愛護法



愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。



愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者→2年以下の懲役または200万円以下の罰金

愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者→100万円以下の罰金

愛護動物を遺棄した者→100万円以下の罰金

※愛護動物とは

1 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる

2 その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの







この子たち、遺棄したことで

貴方は立派な前科者です。



子供たちもそうよ。

投げ飛ばしたり虐待行為をしたなら

罪に問われるんです。



逮捕なんてされるわけ無いじゃんって思ってたら

そういうワケでもないからね。



動物愛護法。

最近しっかり逮捕される人が増えてきていますから。



茅ヶ崎市内でも

色々な事が起こるけど

昨日みたいに交通事故死した子猫のために走り回ってくれる若者もいれば

こうして子猫を捨てる人間もいて

更にこの子たちを守ろうと必死になってくれた中学生もいれば

この子たちを投げ飛ばして殺そうとする小学生もいる・・・



悲しいなぁ・・・

同じ茅ヶ崎市民として悲しいです・・・。



でもね。

この子たちは

保護してもらえた。

だから希望をもって明るい未来が待ってます。



本当に、保護のために奔走してくれた

中学生と依頼主さん、本当に本当にありがとうございました!

この子たち野良猫としてなんか生きていけるわけがないんです。



本当に命の恩人。



命の恩人のためにも

絶対幸せになろうね!



明日耳掃除してきますー。

続きを読む

お兄さんの優しさ。

2016年6月15日夜9時。

1通のメールが届きました。



交通事故死をした猫がいて

行政に問い合わせたけど時間外だから

回収に来てくれない状態。

でもこのまま放置しておいたらカラスに突かれるかもしれない。



それでCCPに連絡をくださった一人のお兄さんが居ました。



実家に息子を迎えに行ってたので

場所を伺うと

すぐ近くだったので

回収に伺うことに。



何とお兄さん、事故死した猫さんを見つけて

一度自宅に戻り

CCPに連絡をして

もう一度本当に猫だったのかを確認するために現場に戻り

猫と確定したのでまた連絡をくださって

私とコンビニで合流し

また歩いて現場に・・・

何度も往復してくれて

この子のために奔走してくれました。



現場に付くと

道路に横たわった子猫。









引っ越してきたばかりで土地勘が無いのに

一生懸命場所を伝えて下さり

私がペットシートで抱きかかえると

「触ってもいいですか?」って言って

撫でてくれました。



このお兄さんのお蔭で

この子の体は損傷することなく

メンバーが白峰寺に搬送してくれることになりました。



左側眼球が飛んでいたので

強い力で当たったのはわかります。

頭部強打と全身打撲だと思いますが

細い道なので

軽自動車かバイク等に当たってはねられてしまったか

人為的に叩きつけられた可能性がありますが

真相はわかりません。



力尽きている猫さんのために

あちこちに問い合わせ

どうにか綺麗な状態で

この子を弔ってあげたいって言う強い思い。



本当にうれしかったです。



更には

私たちに辛い依頼を任せてしまい申し訳ありませんって言ってくれました。



むしろ私たちにとっては

猫の亡骸を見る事は辛いけど

その子のために奔走してくれたお兄さんの優しい気持ちが

ありがたくて

本当にうれしかったです。



きっと子猫の魂も

お兄さんに感謝してると思います。



生後4か月位の子でした。



2月の寒い時期に生まれた子猫さん。

寒さを乗り切って頑張って生きてきたけど

年間500匹以上が交通事故死する茅ヶ崎市内で

野良猫として生きるには

過酷すぎたようです・・・



栄養状態は十分だと思いますし

餌はもらえている感じの子でした。



子猫がいる=母猫が居るしきっと兄弟もいる=給餌者が居るってことなので

近いうちに環境保全課に話をしてきます。



キジトラの女の子。

短い生涯だったけど

きっと今度生まれ変わったら

素敵な家族の元に巣立てるように

うちにおいでね。



生きて保護される子はほんの一部。

年間500匹以上が交通事故死する茅ヶ崎市ですから

ほんの一握りの子たちしか

家猫になれません。

そしてほんの一握りの子たちが

成猫になり繁殖していきます。



ほんの一握りの成猫になった猫たちが

増えていく原因を作らないためにも

給餌者さんがしっかり手術をしてくれないと

こういう不幸の連鎖は止まりません。



メスだけじゃなくオスも手術をする。



そして外じゃなく、

出来ればお家の中で飼ってほしいです。。。



年間500匹以上の交通事故死をしている茅ヶ崎市内の猫さんの内訳は

飼い主不明猫だけじゃなく

飼い猫も含まれています。



だからこそ

完全室内飼育の徹底。



外に出さない。



外に出すことで

エイズや白血病等の不治の病に感染するリスクも非常に高くなります。



大事な家族を守り

近隣にも迷惑をかけない飼育方法。

それが完全室内飼育の徹底です。



どうしても出たがる子で外に出したいときは

ハーネスを付けてお散歩程度にしてあげてください。



大事な家族を守るためです。





続きを読む

寝まくりからの病院からの視察からの移動。

今日は予定をトコトン明日にズラしてもらって・・・



寝まくった。



もうどうにもこうにも

疲れ果てて

これじゃまた今年も突発性難聴の再発で

半年も通院しないといけなくなりそうなハメになると思い。



早々に半日ネンネ。。。



ダラダラさせてもらいました。。。



午後から自分の通院先にいって

入口に入る直前に

財布忘れたことに気づき

また自宅に戻るハメになったけど・・・



なんとか薬も貰って

さて視察。



1件前々から保護要請が出てたんだけど

お母さんは遠くから通ってきているらしく

子猫はどこに居るかわからないって現場へ。

お母さんは既にTNR済みの子で

依頼主さんが自分でお母さん捕まえて病院に連れて行ったら

出産済みですよって言われてビックリって現場です。



でも猫1匹見つからず。



で、そのままもう1件の相談を受けていた現場に。

猫は確認できたけど1匹だけ。

ハウスも沢山あるのでもっと居るんだろうけど

民家敷地内を入って行かないといけないので

道路側から視察して終了。



猫は1匹だけ。

手術済みかはわからないけど

1才なったか成らないか・・・位の子が1匹。

多分メス。



で、もう1件は毎週通ってる現場。

先週やむなくリリースにして夏にTNRにすることになった子猫が無事かどうかの確認と

確認できていない子たちのチェックに。

そしたらあってなかった子を発見。



アメショが混ざってる子。

多分オスだろうと思うんだけど・・・

捕獲した記憶も無いから

新顔だろうと思います。

比較的若い(1才くらい)。



夏にTNRしようね。

それまでちゃんとここにいてねぇ。。。

白チビも黒白チビと共に居るのも確認できたので一安心。



で、そのあと買い出しにいって

ベビーたちの離乳食をかってから

こどもの日ブラザーズの受け取り。

とうとうミルクボランティアさん宅を出て

我が家へ移動です。

明日ワクチンとかウイルス検査してきます。



お腹に同居してた回虫に養分を取られており

4匹中2匹は小さいです。

駆虫してもらったけど1回しかまだ出来ていないので

またやります。

かなりお腹の中に回虫を飼ってるみたい。

お母さんから移ったのね。



かぶと君としょうぶ君が小さいです。

まだ500g無いっす。

たんご君が一番大きいかな。

多分2倍位違いがある。。。

駆虫しっかり出来たら

追いつくかな。



ちょっと細すぎるので強制給餌しておきました。

そしたら・・・



チラっとマイティたちのケージを見ると・・・

まぁ・・・寝相わるい・・・

なにこれ。





ヘソ天というか・・・

なんだか寝相悪いので

証拠写真を撮っておきました。





子猫たちの世話で追われてるので・・・

涼太はめちゃくちゃ不満。

シバは子猫たちを玩具にしようとするけど

涼太はジェラシーで玩具を独り占め。



文句ブリブリ言いながら

子猫たちの動きを気にして

お世話をしてる私の目の前で

一生懸命玩具で遊んでアピール。



オバチャン、手が2個しかないからね、

片手に子猫、片手にシリンジだと足でしかナデナデ出来ないからね、ゴメンネ。

手が足りないんだわ。

オバチャンがタコだったら十分足りるんだけどね。



そんなこんなで今日はちょっとだけノンビリダラダラさせていただきました。



でも疲れは取れないね。

こりゃもう

やっぱり秋までは忙しいのかな。



上手く休められるように頑張ります。



で、明日はとうとう・・・2匹の正式譲渡に走り

ドラゴンボール3兄妹も我が家に移動してきます。



朝から4匹ウイルス検査連れて行って

そのあと正式譲渡2件走りまして

その後ドラゴンボール3兄妹の引取りです。



とうとう我が家の保護猫部屋に

全員子猫がそろいます。



既に今の時点で騒がしいので

相当騒がしくなりそうですが

まぁ小さいので何とかなります。



18日は素敵なご縁に恵まれますように♪

チビたちどんどん卒業出来たら

また新しい子たちを受け入れ出来ます。



既に1件受け入れ要請が出ていますが

今ストップさせてます。



既に定員に達しております。



なので卒業出来たら受け入れ出来る状態です。



預かりさん1件に3匹(ユキナ、麦、チョコ)、

預かりさん1件に1匹(スカイ)

我が家に11匹のベビーと涼太とシバ。



もうお腹いっぱい。



ということで

明日頑張ってくるぞー。

正式譲渡になった成猫たちは

本当にありがたいご縁に繋がりまして

今はもう・・・ウハウハな毎日を過ごしております。

幸せすぎて

ニヤニヤしてると思います。



保護猫たちも

早く幸せゲットしてニヤニヤした生活できますように(笑)





続きを読む

正式譲渡からのTNR2現場を何往復も。。。その後にもう1つ現場へ。

夜中の3時半まで七菜子のお世話をしてまして。

気づいたら朝10時でした。

びっくりしたわー。

連日ビックリしながら起床です。。。



急いで保護猫たちのお世話をして

まる子の正式譲渡に向かい、

そのまま某公園でのTNRへ。



キジトラのメスが居た!

のに。

オバチャンの顔を見るなり

速攻逃げた。。。。

覚えられてるとは思えないので

ご飯タイム以外に来る人は不審者扱いなのかな・・・(涙)



しょうがないから七菜子保護現場に向かいました。

某公園からA地区まで片道だいたい2.5km。





到着するとみんな「あいつが来たぞー!!逃げろ~~~!!」って一目散に逃げます。

もう悲しくなんてないやい・・・

逃げてくれていいよ・・

TNRした子は逃げてくれた方がいいよ・・



そしたら現場入りの時に一番最初の視察時に会って以来会えてなかったロシアン系の子が

昨日に続いて今日も来てました。

私のターゲットは昨日捕まえられなかった白の子猫と黒白の子猫。



なのにロシアンが邪魔する・・・ので。



去勢してない子だったので捕獲。

ヨイコちゃんだからちょっと慣らしたらすぐ捕獲できました。

本人はご不満いっぱいみたいだけど・・・。



そしてターゲットの黒白の子と白の子を発見。

捕獲器2台設置してみるも・・・



白の子はこの隙間に入ったまま出てこない。

黒白の子は走って行った姿を見た以降

隠れて出てこない。

どこに行ったのかもわからない。





徐々にカラスが集まり始める。

カラスたちは非常に厄介。

捕獲の邪魔だけじゃなくて

子猫たちを捕まえる。

あっちいけーって言っても

上からカーカーって言って

私を馬鹿にする(涙)



子猫たちをまっても

全然動かない。

隠れたまま動かない。



しょうがない。

捕獲器設置したまま

また公園へ・・・2.5kmまた移動。



前に視察したときに出会った人懐こい茶トラ君が出勤してました。

なので捕獲器設置。



ちょっとジラされたけど・・・

なんとか・・・



無事に捕獲完了。



白茶の子も居るのに・・・

どうよ?おいでよって言っても



「僕はここにいませんから。あっち行ってください。僕の事は気にしないでください。」



そんな・・・(涙)



この子、実は右手首を骨折しているようでして、

前回視察時に見つけてた負傷箇所が悪化したのか

手を地面に付けられない状態です。

だからこそ捕獲したかったのに・・・。



びっこして歩いてる姿は非常に心が痛い・・・



でも捕獲器に入ってくれず・・・



環境保全課が事前にポスティングをして

掲示したりして

TNRのため給餌禁止ってしてくれたのにもかかわらず

猫たちの飢え具合は変わってない。

どこかで食事をしている可能性が高い・・・。



どこだ・・・あそこかなぁ・・・って思う場所はあるんです。



でもそこは応答なし。。。



むぅぅぅ・・・どうしたもんだか・・・



しょうがない。

お腹がすいてない時間帯なら

もう少し時間をずらすしかない。



だからまたA地区の現場に戻り

子猫が捕獲出来てるかどうかのチェック・・・

また2.5kmの距離を野を超え山を越え・・・(涙)





やったー!子猫捕獲出来てる!!!

でもカラスのせいで捕獲器の下に敷いてたペットシーツがばらまかれて

散らかり放題・・・



子猫を車に移動させて

お掃除開始・・・



なんか・・・ひどすぎる位に散らかされて・・・(涙)

餌は食われてる・・・

シーツはばら撒かれてる・・・



もう・・・・涙をこらえてお掃除しました(涙)





そして改めて子猫を見ると・・・



あれ。



七菜子より全然デカイんぢゃね?

七菜子の2回り以上大きい。

これじゃ700g位あるかも(大汗)

保護に出来るんだろうか・・・



不安が・・・



でもしょうがない。

捕まえたもんはしょうがない。

保護にしよう。



って思ったんだけどネ。。。

改めて捕獲器を設置しなおして

黒白の子猫の捕獲チャレンジ。



そしてまた2.5kmの野を超え山を越え・・・移動・・・。





白茶の子がまだいたので

再チャレンジ。



しかし。。。

誘導のご飯だけ食べて降りてこない。

この場所、非常に条件が悪くて

人と車の量が多すぎ。



ビビリな彼らにとって

この位置に設置してある捕獲器の場所に降りてまで食べ物をゲットすることは

危険な行為でありまして

かといって崖のところに潜んでるので

そこに捕獲器を設置出来るスペースも無く・・・

降りて来てもらわないと捕獲が出来ない。



そして人が良く立ち寄るんですよ・・・この位置。

自販機に来る人が・・・



そしてカラスも大量に居るんです。



捕獲器を置いた途端に

カラスがギャーギャー集まり始める。

その声にビビって猫たちはまた隠れる・・・

カラスを追い払って捕獲を続けても

猛スピードで車が走り去る・・・

人が自販機に来る・・・

カラスが集まる・・・

の繰り返し・・・エンドレス・・・

もう敵だらけ・・・



今日のターゲットはこの子というよりも

前回の視察時に発情してたメスのキジトラなんです。

なのに彼女はお昼に見た後から全然姿を見せない。



白茶も降りて来てくれなくてまた隠れたままになっちゃったので

お腹を空かせる作戦を継続・・・



なのでまた2.5km山を越え・・・

A地区へ・・・



そしたら今度はTNRしたアメショ柄の女の子が捕獲器に入ってた(涙)



もぉ・・・あなた何でまた入っちゃうのよ・・・

って言いながら逃がしてあげまして・・・



で、案の定またカラスもやっちゃってて

またお掃除開始・・・



何度掃除すりゃいいんだろうか・・・



かといって公園のところは置きっぱなしが出来ないし

A地区のところは置きっぱなしは出来ないわけじゃないんだけど

私が現場に残って待機した状態で捕獲をすると

警戒して出てこない。



もう踏んだり蹴ったり・・・



改めて捕獲器設置してカラスを避けるためにタオルをかけて改めてまた

公園へ・・・

山を越えて・・・山を越えて・・・(涙)





そしたら今度はキジトラのオスが来てた!

よし!今度は君がターゲットでいいよ!

捕まってくれ・・・って思ったんだけど・・・



ここまで近づいてくれたのに・・・

今度は人間が・・・何してんだろ?って顔しながら近づいてきたチャリのお兄さん・・・

あ~~~~~!!!!!近づかないで!!!!!

邪魔しないでぇぇぇぇぇぇえ!!!!



って思ったら・・・それに驚いてキジトラ君、また崖の上に避難。。。





くそぉ・・・って思いつつも

改めて待機しながら様子を見てると・・・

また降りてきた・・・

よし、今度こそ・・・



って思ったら・・・



ここまで来たのに・・・・



トラックがブロロロロロロロン!!!!って急カーブをまがっていって・・・

その音でビックリして

崖の上のポニョ・・・。。。。





もうちゃぶ台が目の前にあったら

ガシャーーーーンってやりたくなるくらいに

ムカァァァァァァ!!!!



でも。。。。



ムカっとしたところで

現実的に捕獲が出来ていないので

ムカっときたあとに

猛烈に凹む。。。



もうダメじゃんか・・・この現場無理じゃんか・・・・

これじゃ無理だよ・・・・



もう・・・





泣きそう・・・・



この後もカラスに邪魔されたり何だかんだで

結局捕まらず・・・



白茶の子なんて

日向ぼっこ?西日を浴びてウトウトし始める。

誘導のご飯で満足したらしい(涙)



全然がっついてくれない・・・

そしたら道路をまたいで反対側に

耳カットしたキジ白くん。



2年前のTNRの子。

元気そうで何よりです・・・



はぁ・・・



もう・・・帰ろう・・・お家に帰ろう・・・



もう帰る。。。

A地区に置いてきた捕獲器、回収して帰ろう・・・

もう今日はダメなんだよ・・・

2匹だけでオシマイなんだよ・・



凹み、傷心な自分の心をぶら下げて・・・

また野を超え山を越え・・・

A地区へ・・



現場に付くと

捕獲器があるわけの無い位置に・・・





え!?何?!って思ったら・・・

隣の敷地の人がお仕事してる・・・

あれ。。。今日お仕事なのか・・・って思ったら

散らかり放題・・・



カラスでした。。。





もう90度で謝罪状態ですよ・・・



申し訳ない・・・



敷地汚してしまって・・・



依頼主さんの敷地の裏にある敷地に子猫たちが隠れてて

そこに設置させてもらってたんだけど

今日はお休みだと思ってまして。



もう散らばりすぎたペットシーツの切れ端を

泣きそうになりながら回収・・・



敷地のお兄さんに「もういいよ~」って言ってもらいましたが

もうホント・・・なんじゃろか・・・



切なくなりました・・・。



依頼主である当の本人は

捕獲の協力もほとんどなし。

保護した子たちへの関心もほとんどなし。



餌が足りない状態だから

必死に私、ご飯渡したり

TNRの費用は行政枠にしたり

子猫は保護してこの現場の猫の数を現状以上に増やさないために

走り回ってるんですが

依頼主本人の自覚が足りなさ過ぎて・・・



なんで私こんなにしてんだろ・・・

猫たちのあまりにもひどい状況に

なんとかしないと猫たちが・・・って思ってたんだけど

これ、もう手を出さないほうがいいのかもしれないって思ったり・・・





どちらにしてもあと捕獲しないといけないのは

黒のメス(と思う)。

あとはオスと黒白の子猫。



これ以外は私が捕獲に行くときに居ない。



あとは給仕量をもっと増やしてもらう事。

その指示する程度なんです。



忙しいのかもしれないけど

増やしたのは私じゃない。

私、手を出し過ぎてるかもしれない。



と思いまして。



片道30分かかる道のりを

連日通うのもほんと大変で

今日何キロ走ったんだろう・・・って位

ウロウロウロウロ・・・





あとは本人に任せようかな・・・とか思ったりもしたんですが

でもやっぱり違うわ。



やっぱりそうじゃないんだわ。



ここ、改善しなかったら

このままじゃ悪化するだけなんだわ。





それに

やっぱり今日の白の子猫の捕獲でわかった。

七菜子は遺棄だ。



遺棄場になっちゃってんですわ。



だからロシアンだとかアメショだとか

野良とはご縁の無い子たちばかり目に入る。



このまま放置してると

振出しに戻る。



やっぱり全部やるまでここは見捨てちゃダメな現場だ。。。







なので。

やっぱり通うことになりそう。



でももう保護対象の子猫は居ないと思います。



なのであとは7月頃にまた一斉TNRをすることにしようと思います。



依頼主さんはこのまま放置してると

また適当な事しそうなので

あとは環境保全課に対応してもらって

7月の一斉TNRまで

指導を入れてもらおうかと思います。。。





凹んだわよ。。。

〆の大掃除。



ゴミ拾い・・・。



カラスめ・・・なんてことをしてくれるんだ・・・って思いと

お隣さんに迷惑かけちゃって申し訳ないって思い・・・

お隣の敷地のお兄さんも

日曜日なのにお仕事して資材置き場に戻ってきたら

とっ散らかってんだもんね。。。そりゃ驚くわ。。。



猫好きじゃないのに。

一応理解してくれてるのに。。。



ホント、申し訳ない。。。



本来は捕獲器は置きっぱなしはしないんですが

この現場は置いていかないと猫たちが寄ってくれない。

私相当嫌われ者になっちゃってんだわ。







嫌われてナンボなんだけど・・・・

私は給餌者じゃないもんで・・・。

TNRが終わったら

もう大嫌いって言ってくれていいから

TNRだけは協力してほしいなぁ・・・猫さんたち・・・。





はぁ・・・・



今日はクタクタになりました。。。



そして帰り道に思い出した。



もう1件捕獲があったんだ。。。

慌てて捕獲器搬送。

そして依頼主さん宅にいくとターゲットが居たので

そのまま捕獲器設置したんだけど

匂いを嗅いだだけで

「まぁいいや。」って顔してどこかに消えていった・・・



あぁ・・・トコトン今日はダメな日だ。。。



そんな凹んでる私を

TNR済みの子がジーっと見て

「オバチャン。。。ご飯持ってきたの?」って。

いやいや、ご飯はここのお母さんからもらってね・・・

オバチャンはもう・・・かえるよ・・・



傷心なまま帰宅して

会長とごはん食べて・・・保護猫部屋のお世話・・・

と思ったら

凹んだ心を癒す子が。。。



何時からアメリカンカールみたいな猫になったのよ。。。

愛梨ちゃん・・・そのままの耳で爆睡してました。。。

耳をこんな事した犯人は初夏ちゃんです。。。

愛梨ちゃんも愛梨ちゃんで、気づいてないし。。。



そしてもっとも私が癒されたのが・・・





七菜子ちゃん。

オバチャンの顔を見るなり

ゴロンゴロンしてスリスリしてゴロゴロ言ってくれて・・・。

目も綺麗になってきました。

腫れが落ち着いてきた。

まだまだだけどね・・・



もうね、この子は野良じゃないのよ。

月齢の問題じゃなく野良じゃない。



遺棄ですわ、これ。

人に対してここまで出来るのは

子猫でもあり得ないスピード。



先天的な人懐こさもあるのかもしれないけど

あそこで生まれた子じゃないですわ。





これは今朝の写真ですけど

ご機嫌になりましてね。

夜中の3時半までご機嫌とりしてたのもあるけど

基本的にこの子は甘えん坊さんです。



この子がニコニコしてくれて

甘えてくれることが本当にこの2日間で

一番ウレシイことだったかも。。。



七菜子、幸せになろうね。

早く風邪治そうね。

頑張ろうね。

オバチャンも色々凹むけど

頑張る。

だって、七菜子みたいな子たちをこれ以上増やさないために

頑張ってんだもんな。。。。

そうだそうだ。



オバチャン、凹むことがあったとしても

この子たちに支えてもらえてるんだったわ。





まるこも無事卒業できたし

オバチャン、凹んでる場合じゃないね。



七菜子ありがとー。

オバチャン頑張るわ。





続きを読む

お帰りなさい♪

本日予定を繰り上げてマイティとキャリーの移動完了。

都々ちゃんたちを預かってくださっていた預かりさん宅に残してあったケージ類一式を

引取りにお伺いしましてそのままマイティたちの預かりさん宅へ。



断脚したマイティいっぱいお世話になっちゃったね^^;



我が家に来たときは既に骨折してて

それでも4本あった手足。

戻ってきたときには3本になっております。



あのまま放置されてれば確実にこの世にいなかったであろうマイティ。

300gの体で手術に耐えてくれました。

ミルクボランティアさんが一生懸命育ててくれました。

先生も一生懸命ケアしてくれました。



沢山の人たちの愛情を受けて

スクスクと育ったマイティ。



とうとう我が家に帰還でございます。



見事に涼太にシャー。

我が家の楓斗にもシャー。



「ぼ・・・僕はつよいんだにゃ!!!」

って言ってます。



多分片手が無い分、

キャリーにやられまくりで

キャリーとの修行があって今のスピード感になったんですが

負けるもんかって気持ちが強い子になったようです。



間違えてオバチャンにまでシャーしちゃって

「あ。。。間違えた・・・」って顔をして

ミャーって甘えた声に切り替える得意技を披露してくれました。





キャリーちゃんはマイティより一回り位大きく見えます。

毛の長さもあるからかもしれないけど

重みもキャリーよりあって

ずっしり。

順調に成長してます。

キャリーはマイティよりも繊細な面は無いけれども

パワフルでヤンチャな顔をしております。



ネズミの玩具を咥えて走り回る涼太を見て

「なに・・・あの黒と白の生き物は・・・なんか興奮して走ってる・・・」って顔してます。

仲良くできるかにゃ???

先日キャリーは下痢嘔吐で病院搬送になりまして

補液してもらったら復活。

なんだったのかにゃ???

今日もいっぱいご飯食べて

今はもうネンネしております。









初夏ちゃんたちに向かってもシャーって言ってたので

こりゃ仲良くなるには2~3日かかるかな?



ドラゴンボールブラザーズとは仲良く出来てたんだけどなぁ。

やっぱり知らん子たちに会って

はじめて見る世界だし

色々と混乱してるかもです。



抱っこしてあげると

じーっとこっちを見て

「オバチャン、その厚化粧は良くないニャ・・・」って言ってきます。



もうなんとでも言え状態ですが

まぁ可愛い時期になりました。



明日ウイルス検査等の医療行為を行いまして募集をかけます。



素敵なご縁に恵まれますように♪

今年最初の子猫の募集になります。



マイティは片手が無いので

他の猫よりも見てる方が心配になる感じがありますが

本人はコレで慣れてきています。

今でも十分普通の生活が出来ますが

肩が残ってるので

両手を動かそうとしちゃいます。



まだバランスが悪いですが

徐々に3本の手足をうまく使って走り回れるようになります。



甘えん坊さんですので

とても可愛いですよ~

ハンデがあっても

愛情いっぱいもらえる!幸せになれる子です!



キャリーちゃんは三毛なので

三毛らしい性格をしています。

流石三毛だ・・・って感じがすでににじみ出てるので

将来が楽しみでございます(笑)







続きを読む

龍太郎トライアル搬送からの毛だらけ。。。

龍太郎のトライアル搬送を終えて

帰宅したら麦ちゃんと運動をしました。



麦ちゃんを運動させたのか

私が運動したのかは

ご想像にお任せします。





まぁこの程度の運動です。

体が立ってるだけマシです。

ラクして楽しもうだなんて贅沢をするのは

麦ちゃんくらいです。



他の子は全力で遊びまくります。



麦ちゃんのお腹にはチャックがあって

中には小さいオッサンが入ってるので

しょうがないと思います。



どうにもこうにも動かないので

しょうがない。

ブラッシングしようって言って

ガンガンやりましたよ。

アンダーコートとりまくり。









右側だけやりました。

片側だけやったんですが

少しはスリムになったかな?









「アタシはもともとスリムなのに。なんでそういう事言うの?信じらんない・・・」

脂肪の塊をモミモミされてショックを受けている麦ちゃん。

ウォーターベッドみたいな触り心地なんですが

非常に気持ちいい。

でもやっぱり肥満体系過ぎるのでダイエットは必須ですニャ・・・。









右側の塊が右側のボディから取ったアンダーコート。

左側の小さいのはその他もろもろから集めた毛玉。

ずいぶんとったけど

スリム化計画はまだまだダ・・・





オバチャンが麦ちゃんのダイナマイトボディと戦ってる間

チョコちゃんもストーカーしてきて

アタシも!アタシも!って邪魔してきたんですが

更にケージの中で運動会してたチビっ子たちは・・・



疲れ果てて爆睡していました。

麦ちゃんに似たような体型になりそうな

初夏ちゃん・・・

お腹はタヌキさんバリにすごいです。。

ポンポコリンってこういう事を言うんだっていうのが良くわかるお腹してます。

近いうちにご披露させていただきます。



龍太郎が居なくなったお部屋は

ちょっと寂しい。



隙間から

「おばちゃん・・・ナデナデしたい?する?」って顔を傾けてる龍ちゃんが

きょうから居ないのです。

トライアルに出たのはわかってるけど

龍太郎との付き合いは長いので

ちょっと寂しい。



でも嬉しい寂しさ。



そしてギャングになった涼太は

日に日に悪ガキ具合がUPしています。



麦との犬猿の仲なので・・・



どうしたもんだかニャ(苦笑)

続きを読む

視察3件からの撮影会。

陽が沈む前に・・・

急いで確認したいことがあったので

仕事が終わってから大急ぎで帰って

現場に急行。



TNR現場D地区。

まだまだ終わりのない場所です。

今月一斉TNRする予定なんですが

捕まえようとしていた黒猫さん

やっぱり出産していたようで

子猫が発見されまして。



到着したらちょうどお母さんが移動してて

それに子猫も付いてきてたシーンに遭遇。





子猫の月齢次第では保護。

生後2か月以上であれば2か月後にTNR。



ん~この距離でこの大きさ。

2か月オーバーかな・・・。



これはTNRにしましょう。。。ってことで

まだ陽が落ち切ってないから明るい。

よし。このまま近くの他の現場に。





妊娠時に情報が入り

再三にわたって手術を依頼しにいくも

留守がち・・・。

環境保全課も立ち入りして

手術要請をする直前に出産。

産後、私もやっと飼い主さんに会うことができて

子猫の状況を確認しにいったけど

結局2匹生まれて1匹死亡って言われて・・・。

初産の猫さん。

そしてその後・・・どうなったのか再三確認にいくも留守。

一度猫たちだけ確認できたんだけど

育児している気配が無い。



2匹ともダメになったのかな・・・って思ってたんだけど

今日みにいって確信に変わりました。



育児してるお腹じゃない。

そして不妊手術した気配もない。

こりゃダメだ。

一斉TNRの時に捕まえよう。



そしたらこの子が突然ムクっと起きて

お尻フリフリ・・・







何かを狙ってる・・・

って思って振り返ると1匹のオスらしい顔をした子。

この子も若いぞ。。。

兄弟かな・・・



首輪してる。

同じタイプの首輪。

こりゃこのお家の子だ。。。



きっとこの子も去勢してない。

そう思ってお尻チェックしたらプリタマが見えた。

やっぱりしてないのか・・・。



オスとメス1匹手術したって言ってたんだけどな・・・

してないのか。

やっぱりしてないのか。



宗教だか何だかの理由で手術しないって言ってたって近所の人から聞いてるんだけど

本当なのかなんなのか

するって言ってるのに全然する気配が無い。



で、この現場の子はみんな細い。

飼い猫なのに細い。



餌が足りないんじゃないとは思うんだけどナ・・・

他にも餌挙げてくれてる人が居るから・・・。





その後もう1現場の確認にそのまま向かい・・・

こどもの日ブラザーズと初夏ちゃんと愛梨ちゃん保護した現場へ・・・



流石にこの時間だと子猫連れてノンビリしてる子たちは不在。

むしろネンネのために移動完了しちゃってんだ。



しゃーない。

かえるか・・・ってことで・・・





帰宅してから募集記事用の写真撮影をしてたんだけど・・・







ヤンチャ娘の初夏ちゃんが

めっちゃ暴れん坊過ぎて

撮影にならない・・・





愛梨ちゃんはシャーシャーも無くなり

元気に遊ぶんだけど

まだケージの外には出たくない。

だからちゃんとじーっとした写真が撮れるのに

それを妨害するヤンチャ娘・・・





愛梨ちゃんが撮れたって思ったけど

背後で飛び回る初夏ちゃん・・・。



こりゃ1匹にして撮影しないとむぅりぃ~。。。







そんなオバチャンに媚を売るシバさんは

ぼくはジーッとできるよ~♪

撮影させてあげるから無一物おかわりほしいにゃー♪って。。。

もうおしまい!!!

ダイエット中でしょ!!!





とうとう明日から龍太郎のトライアル。

どうなることやら・・・。



本人はやる気満々で

めっちゃご機嫌。

日々ご機嫌具合がUPしております。



わかってんだなぁ・・・。



シバ、涼太は何時になったら卒業できるんだろうか。

一番元気すぎる子たちが卒業出来ないのが

非常にくやしい・・・。



こんなにヨイコちゃんたちなのになぁ。。。



早く卒業しようねって言っても

「無一物食べ放題のお家がいい!」とかいっちゃうんだよなぁ・・・。



まぁ元気なのが一番。



でも麦ちゃんと涼太とシバの仲が悪いので

麦ちゃんとチョコ姫を移動させるか

涼太とシバを移動させるか・・・検討中デス。。。

出来ればチビっ子たちが戻ってくる前に・・・なんとかせねば成りません。。。

続きを読む

プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR