FC2ブログ

悲しんでる暇は与えてもらえないみたいです。

今日は本当に朝から色々ありました・・・



ホープの看取りが朝いちばんであった後

悲しんでるヒマもないまま

リオオリンピック兄弟たちのママのTNRのため病院へ搬送。

そして子猫たちの世話をして

その後にメンバーさん宅にお届け・・・に行く直前に

1軒の保護要請。

返信をしたあとに

ホープの保護主さんにホープが亡くなった事の連絡をして

メンバーさん宅に急いで向かう前に

リオオリンピック兄弟たちの検便を病院にもっていって

メンバーさん宅に訪問して

帰宅してから

また子猫たちのお世話をして

気づけばもう12時半。

13時にホープの保護主さんが会いに来てくれるから

それまでの間に

保護猫部屋でホープが使っていたケージを洗って

消毒して干して・・・

保護主さんが来てくれて会ってもらって

その合間にも保護要請の件でやり取りをしてて

保健所にも連絡をしたりして(新規2案件対応依頼をしました)

あっという間に14時半・・・



と思ったら今度は保健所経由での保護要請。

更にTNRも。



朝の案件については子猫は市内の病院へ引取りしてもらったから

母猫だけTNRを希望ということで夜捕獲に伺う事に。



で、15時半に自宅を出て

急いで現場に急行。



仔猫3匹の受け入れ要請でお母さんはTNR。お父さんも来るタイミングだったら捕獲でTNR。



現場に着くとものすごいガタイのいい子猫が。。。

わお。

こりゃ2か月半はいってるかも・・・



手足の骨格がすごく良くてですね・・・

相当デカくなりそうな感じのベイベーたち。



ママ猫さんも子猫たちの事が心配でソワソワ・・・。



捕獲器設置をして

仔猫は引取り

帰宅して

息子さん散髪の為イレブンカットに連れていき

1時間待ちって言われたから

その間に今日手術のお母さんをお迎えにいって

検便の結果とお薬とフロントラインをもらって

またイレブンカットへ。

そしてカットしてもらってすぐ帰宅して

急いで夕飯食べさせて

この時点で6時半。



19時になって朝依頼のあった現場に出発。

現場につくなりすぐにお母さんが出てきて

「うちの子どこにやったー!ウチの子かえせー」って言ってました。



でもまぁ。

落ち着いてください。

まずは腹ごしらえでも・・・ってことで

捕獲器設置し

依頼主さんとお話をしている間に

クンクン・・・クンクン・・・

ご飯に興味を持ちまして

あっという間に捕獲完了。



お母さん、娘さんや息子さんたちは

相談者さんが病院に連れて行ってくれて

もう2匹は里親さん決まったんだって!よかったね!

お母さんは手術終ったら相談者さんがお世話してくれるみたいだよ!



暗かったからキジトラさんかとおもったら

ムギワラさんでした。

まだ小柄な子だけど

初産かな・・・

4匹産んで育てたみたい。

オス猫は近くでTNRやるときに捕獲出来ればと思います。



で、現場から撤収するために現場を離れたあと

なんと迷子に。。。

この地区ってあんまり立ち入りしたことがなくて

過去1軒TNRしてるんだけど

更にその現場から奥に入った住宅街。

新しい住宅街と古い住宅街が混ざってて

ナビが対応していないので

プチ迷子。



なんとか脱出して実家に荷物を取りに行き

帰宅してから新入りたちの体重計測!

しかしこの兄弟は非常に難しい・・・

何が難しいかっていうと



ご覧のとおり全員キジトラ!そして全員オス!

誰が誰だかさっぱりワカランチン。





キジトラの一番大柄な子が700g

キジトラの中くらいの子が670g

キジトラの一番小さい子が660g

フロントラインだけ実施しました。



明日の朝イチで病院へ連れて行きます。

もう生後2か月は経過しているので

ウイルス検査、ワクチン、ドロンタールしてすぐ募集開始できそうです。

まだちょっとビビってるけど

ご飯も食べて「飯だせー!」ってしっかり訴える状態だし

尻尾もピーンと建ててくるようになったので

2日後くらいにはスリゴロになってくれてるかな・・・



で、悩みに悩んで今回の仮名は・・・



一番デカい子が 春太(しゅんた)くん、

中くらいの子が 春樹(あつき)くん、

一番小さい子が 春馬(はるま)くん、



そうです。

春が付いた名前にしました。

今日が5月29日でもうすぐ6月なのに

なんだか気持ちがまだ5月上旬だったので

カウントし間違えたんだけど

2か月半前は

3月中旬でした。

なので3月生まれってことで

春の芽吹きな感じを・・・



名づけ辞典で見つけて付けました。。。



スプリング3兄弟にするか

春三兄弟にするか

まだ迷ってますが

そのうち決定しておきます。



最初は3兄弟と言えば亀田!って思ったけど既に使ってる名前があったので

使えませんでした・・・残念。



亀田3兄弟みたいに強くなれ!って思ったんだけど

体がデカいから・・・

春のような柔らかい感じの性格でオットリさん3兄弟であってほしいなぁ・・・元気に成長しますようにと願いを込めました。





ホープが亡くなって

その数時間後に入園した子たちなので

本当に入れ違いで

なんだか心が落ち着きませんが

保護猫部屋の子猫たちもやっと静かになった(お腹いっぱいになった)ので

そろそろホープとの最後の時間をゆっくり過ごしたいと思います・・・。



忙しい1日だった・・・

だいたい月曜日って案件がバタバタとはいるんですが

まさかの色々ありすぎで

ちょっくら疲れもたまりすぎてたのもあり

明日はゆっくりしたいなぁ・・・って思ったんだけど

捕獲2件あるんだった。。



まだまだ休むな!頑張って働け!というホープの言葉だと思って頑張ります。

泣いてる時間なんて無いぞーってことみたいです。

スポンサーサイト



続きを読む

苦しむホープを助けたい。。。

27日に腹水を抜きました。

ポンポコリンなお腹が苦しくて

食欲も出なくて

26日の夜はお皿から舐めることはできた。

でもすぐ疲れちゃってパタン・・・

「しんどいー」って言います。

更に26日のエコー検査で膀胱にオシッコが確認出来てたのに

全然でない。

刺激しても出無い。



ムリはさせたくない。

でも食べないと栄養を取れない。

非常に悩む。



27日の朝

少し顔色が良かったし

シリンジで4本(1本は2.5ml)食べられたんだけど

結局半分以上ゲロってしまった。。。



こんなポンポコリンなお腹で

立ち上がるのもしんどいし

横になるのもパタンって感じで

両手両足ピーンとなっちゃう。



この体制になると

自力で寝返りが出来ません。

苦しいし元に戻りたいのに

コロンコロン・・・。

オシッコも27日の朝になっても出無い。



下痢でお尻は痛いし

お腹も苦しいもんだから

なんとかしてやらないと…って思って

病院に受診。





エコーで腹水の位置を見ながら

腹水を抜きました。

更にオシッコも注射器で抜きました。



少しスッキリしたのか

足を舐めて毛づくろいしていました。

自分で自分の足を舐めるって

久しぶりだったみたい。

ちょっと嬉しそうだった。。。



帰宅してからは2時間おきにa/dを強制給餌。

がんばっても1.5本。

1本までならなんとか頑張れる。

でも残りの0.5本目からは

若干しんどい顔をする。

口からはみ出る量も増える。





28日の朝、やっぱりお尻が痛い。

そしてお腹も張ってしんどい。



そして・・・

顔色が悪い。

脱水だ・・・。

体温は平熱に戻ったのに

今度は脱水。

病院へ。。。



お腹苦しいよぉ・・・って鳴く。





抜いた腹水。

お腹にまた溜まってる。

お尻が痛い。

しんどい・・・。



補液してもらって

注射も1本打ちました。







痛い注射と補液が待ってるのも知らず

よいこに診察台でまつホープ。

がんばりやさんだからこそ

この顔を見ると悲しくなる。

がんばって元気にさせてあげたい。

痛いのを取ってあげたい・・・







病院で補液して注射して疲れてるので

1時間程休ませてから

お尻を洗いました。

ペットシートを敷いて

ペットボトルにお湯を入れて

ゆっくり流す。

軽くふきながら

またゆっくりお湯を流す。

1Lのお湯を使って綺麗サッパリ。



昨日まではお湯で濡らしたティッシュでふいてたけど

それじゃ痛いだろうと思って

洗い流す方法に変えました。

お尻はスッキリした。

あとはご飯・・・。



ご飯も食べて

一眠り・・・



2時間おきにシリンジで少しずつ・・・



でもやっぱりオシッコが出ない。

腹水はどんどん貯まる。

夜になってからは

呼吸が苦しくて

顔色も悪くなる。







明日は腹水をまた抜いてもらうしかなさそう。

血液検査もしてもらおう。

レントゲンもしてもらったほうが良いかも。。。



出来ることは全部やりたい。

でも苦しませるだけなら

ムリはさせたくない。



でも頑張ってほしいと願ってしまう・・・



去年もこうして頑張って頑張って・・・

頑張ってくれたけど命尽きてしまった子たちを見送ってる。



ふっと思い出す。

あの子やこの子。

看取った子たちを思い出す。



こんな小さい子が

必死で痛みや苦しみと戦ってる。



だからこそ

こうやって苦しみながら戦う小さな命をこれ以上増やさないために

TNRを頑張らないとと思うし

1時間1時間、1分1秒でも無駄にしたくないと思う。



ホープは頑張ってくれてる。

でも苦しい。

しんどい。



お尻の痛みは少し取れたし

下痢が止まってるから

お尻の負荷は少し軽くなったハズ。



でも下痢が止まった理由が

ご飯をマトモに食べられてないからなら

意味が無い・・・

しっかり食べさせたいけど

苦しそうなホープに

無理矢理食わせるのも心が痛い。



だから1時間に1本うまくいけば・・・

しんどいなら2時間に1本・・・うまくの飲めれば・・・



しんどいのを変われるなら

変わってやりたい。

注射だって

代わりに受けるから

ホープの苦しいのとってやりたい・・・



ウルウルした目で

しんどいよー

くるしいよーって訴えてくるホープ。



変わってやりたい。

苦しいの治してやりたい。





他の子たちと同じように

元気いっぱい走り回らせて遊ばせてやりたい。

みんなで遊べるように元気になってほしい。



この子がこれ以上苦しむ理由が私には理解できません・・・。



神様は意地悪です。。。





続きを読む

ホープ!無事退院!

危険な状態を無時に乗り越えたホープ。

今日退院しました。

元気にピーピー鳴いて

目の輝きも全然変わってて

本当にホっとしました・・・

意識も朦朧としていたのが

シャキーんとして

ピーピー鳴いています。



しかし。

退院したけど

気になるこのポンポコリンのお腹・・・



腹水だったらイヤだなぁ・・・と思って

先生に聞いて

診てもらったら

オシッコもあるけど・・・

腹水も若干あるという事でした。



栄養失調の子で

腹水がたまる子もいるので

この腹水が栄養失調による腹水なら

自然に消えていくけど

増えていくようなら

よろしくない腹水の場合もあるわけで。











体温もまだ37度台ですが

ご飯も食べるし

退院して更にケアをしていくことにしました。

めっちゃ甘えん坊でスリスリゴロゴロ。

ヨシヨシするとゴロゴロ言ってうっとりします。

良かった・・・

本当によかった・・・



冷たくなったホープをお迎えにならず

目の輝きを取り戻したホープのお迎えになってよかったです!!!

皆さんからの応援がホープに届いたのかも♪

ありがとうございます!







で、帰宅するなり

保護猫部屋ではみんなの大合唱。

ご飯出せだの遊びたいだの

意味も分からずただとりあえずみんな鳴くからアタシもー!って言ってる子もいます(笑)



その声に反応して

ホープはみんなのところに行きたがりました。



そうか。

君は兄弟いたのね・・・。



現場に残ってるかな・・・・



昨日現場を見に行ってみたけど

猫の姿を見つけることが出来なかった。

給餌者さん宅は確認できたけど・・







腹水のこともあるし

他の子たちの医療行為もフロントライン以外出来ていないので

みんな隔離状態です。

みんなの姿が見えてしまうと

余計に鳴くので

ちょっと寂しいだろうけど

まだ我慢してね。

まずは体温をもっと上げないといけないので

ペット用のコタツとその下にペットヒーター。

そして全面からはパネルヒーターでトリプル保温!!!







まだ下痢が続いているのですが

JINを混ぜたご飯を与えて様子を見ます。

栄養失調だったもんだから

下痢があってもおかしくないもんね。

お腹の調子整えよう。



先生のところでは自分で食べなかったそうで

食べさせてあげてたみたいですが

我が家はスパルタなので

さぁ。お食べ。。。。JIN入りの特別ご飯だよ!!

モンプチの子猫用のだけど(笑)

ってお皿を近づけて与えたら

モグモグ食べてくれました。



よし。

自分で食えるなら

お皿を支えるくらいオバチャン頑張るわ!!!





まだ急変が怖いですが

とにかく体を温めて

下痢を止めて

完全復活出来ることを願いながらケア頑張ります。



オシッコが膀胱にたまってるのにまだ出てないので

オシッコしなさいーってトイレに入れたけど

まだでないニャーっていうから

後で刺激してオシッコ出してみます。



ひとまず、無事に最悪の状態を乗り越えて

退院できることが出来ました。

皆さん応援ありがとうございます!



まだまだこの子は試練が色々あるかもしれないけど

一緒に頑張ろう!ホープ!!



保護時に言われてたんですけど

実は尻尾に怪我をしています。

何か鋭利なものでピーっと引っかかれたような傷です。



その傷も早く治してあげたいし

このポンポコリンなお腹もスッキリさせてあげたいです。

続きを読む

強い願いと 強い望みと 強い怒りと。

朝からTNRの病院搬送にいって

その足で昨日手術した子のリリースにいって

現場に残ってる4兄妹のお母さん猫の捕獲のタイミングについて

依頼主さんと話をして、

じゃぁこの日程で!よろしくです!って帰ろうと車に乗ったら

病院から電話。



以前TNRや保護でお世話になっていた方が来院されて

遺棄された子を連れてきていると。



保護要請でした。



すぐ現場から病院に戻り

対象猫さんを見ると・・・





グッタリした子猫さん・・・

体温が34度しかなくて

脱水も激しくて

貧血も若干ありそうな・・・

お腹には入ってるから何かを食べられていたんだろうけど・・・

下痢もしているみたいで

栄養失調気味みたい。







そのまま入院させて

保育器で静脈注射をしてもらって処置をしてもらっています。

非常に危険な状態だけど・・・

頑張ってほしい。

待合室で待ってる時に手足を触ると

冷たくなってて

慌ててドライヤーで温めてもらって

すぐ診察。



どうにもこうにも

本人の生命力次第な状態だけど

保護してもらえたラッキーな命だから。

頑張ってほしい。

元気な姿になって

また会えるようにと

強く願うし

強く望むし





それになによりも

色々依頼主さんのお話を聞いてたら

点と点が線になった。



そう。

この子は遺棄されたんだけど

ゴミ置き場に居たんだそうです。





そしてそのゴミ置き場で衰弱しているのを見つけて

保護された・・・





そして依頼主さんから

ホワイティの名前が出てきた。



ホワイティに似た子が

この子が居たところのすぐ近くにいて・・・

ホワイティににて毛が無い子がいると。







そうか。



確信犯か。





繁殖させて

弱ったから遺棄したのか。

捨てたのか。



この子が保護された現場は

ホワイティ保護場所と目と鼻の先。



で、その近くで繁殖させてる人間が居るという事実を知り

早急に保健所との立ち入りを決めました。



まずは住所が届くのを今待ってるところ。





現場対応は近々にやるとして

まずはこの子。



この子の命が

踏ん張って復活できるように・・・



そのためなら

オバチャン・・・今にも飛び出しそうな気持ちを抑えて

君の復活のために祈るし

君が元気になって退院できるまで

我慢して気持ちを抑えるから・・・



とにかく君が元気になってくれることが一番。



そして君が産声を上げた場所で

これ以上不幸の連鎖が起こらないように・・・

そのための努力をするから・・・





どうか・・・

復活してくれますように・・・





今病院で入院して保育器で静脈点滴して頑張ってます・・・



皆さん・・・どうか彼にパワーを・・・。





この子の仮名はホープちゃんにしました。

オスかメスか良くわからなかったけど・・・

メスでもオスでもどっちでも大丈夫な名前にしました。



ホープ、無事退院!無事に幸せ探し開始!ってお伝えできるように・・・



すぐ病院に連れて行ってもらえてよかった・・・

私もすぐ近くの現場にいて良かった・・・



この子の運は

きっと強い。

この子の生命力はきっと強い。



今はボサっとした顔してるし

ヨロヨロだし

もう何が何だかわからない状態で

ホワーンとしてるけど・・・

シャキーンとして復活できるはず!





がんばれ!ホープ!

元気になれ!ホープ!

元気になって一緒に遊ぼう!

元気になって一緒にみんなで遊ぼう!

そんでもって

みんなで・・・一緒に幸せになろう・・・(祈)



続きを読む

2腹目新入生と川に落ちた猫さんとTNR

今日は朝から現場入り。



実は5月15日に大磯で活動されている「おおいそ地域猫の会」さんのフェイスブックに

茅ヶ崎で保護された親子猫情報が掲載されていて

母猫が大雨の日に家の中に入り込んできて

そのまま出産し、

母猫はTNRで子猫は里親募集になるというお話がありました。



で、母猫が居るってことは父猫もいるわけで

CCPとして何かお手伝いできればと思って

「おおいそ地域猫の会」さんにお問い合わせをしたら

「湘南鎌倉ねこほっとさぽーと」さんが対応しているという事で

そちらの担当者さんの連絡先を教えてもらい

CCPでオス猫たちのTNRくらいならお手伝い出来るかな~と思ってお声掛けをしました。



すると2つの団体さんとも管轄外で対応に困っていたという事で

CCPですべて対応することになりました。



湘南鎌倉ねこほっとさぽーとさんのメンバーさんと

今回の相談者さんがお知り合いだったそうですが

なんせ湘南鎌倉ねこほっとさぽーとさんは逗子・鎌倉・葉山で活動されている団体さんで

おおいそ地域猫の会さんは大磯が活動地域。

管轄外の現場での対応は非常に厳しいという事で

お声掛けしてよかったと思ったんです。



で、詳しいお話を伺うと

なんと丁度CCPで対応している地区の近くで

今迄野良猫は多いと言われている場所だったのに

手を入れていなかった地区だったのです。

手を入れていなかったというより

近隣からの相談が無かったっていうか・・・



野良猫は多い。

でも給餌者情報も無ければ糞尿被害情報もなく・・・

立ち入りしたくてもできなかった地区なのです。



だから今回の案件を通じて立ち入り出来ることになり

大急ぎで保健所にポスティング要請をして

今回の現場についてはかなり広範囲にポスティングをしてもらいました。



相談者さんの情報によると

野良猫の通り道になっているという事で

3~4匹、5匹位かしら・・・野良猫がいっぱいいるの!っておっしゃっていました。



子猫についてはCCPで受け入れをして

母猫はTNR後に依頼主さんがお世話をしてくれることになっています。



で、ポスティングもすべて完了したのでいざ・・・

子猫引取りとお母さんの捕獲に本日出動。



お母さんは人馴れしているという事だったので

洗濯ネットに入れてキャリーに入れてもらう予定だったんですが

洗濯ネットに入れてからスルっと抜けだし

そのまま外に逃走・・・

しょうがない。

ひとまず子猫だけ引き取ることに。



お家には子猫が居るので戻ってくると思うけど・・・



子猫を連れて

一度帰宅し

体重を測ってフロントラインを付けて。







白キジ(尾長)は540gメス。

キジ白(尾折れ)は610gで一番デカくてオス。

キジ白(尾長)は520gで一番小さくてメス。

黒白(尾短)は560gで一番ビビリなメス。

白キジは一番好奇心が強いしご飯も自力で食べた。



自力で食ってくれない他の3匹が心配だけど

ひとまずお母さん捕獲と他の子たちも捕獲しないと・・・

現場に戻るぞ・・・って思ったら・・・





昨日のうちに相談の入っていた

TNR予定現場の給餌管理者さんから

川に落ちた子、捕獲器入りました!って。



そうなんです・・・



実は同じく同時進行で22日からTNR予定をしていた現場の横にある川に

衰弱した猫がいるという連絡を受けていまして。

昨日のうちに捕まえたかったんだけど

行方不明になっていた子。

捕獲器設置しておいたら無事捕獲に成功。



お母さん猫の捕獲もあるけど

ひとまず依頼主さんに監視を任せて

私は川に落ちた子の引取りに行くことに。



そしたら大辻の信号から次の東側の信号までが事故か何かで通行止め!

白峰寺付近からの大渋滞で

なかなか前に進めない・・・

15分もあればつく距離だったはずなのに

結局1時間近くかかってやっと到着。



現場につくなり川の下に給餌管理者さんが。



急いで私も川に降りる・・・



4m位あるだろうか・・・

ここは階段という階段は無くて

取っ手みたいな?なんつーのかな・・・

猫が昇り降りできるようなモノは一切ない。

人間でもここに降りるのも大変だから・・・



イメージとしてはこんなモノしか付いてないんです。



川のところに設置されているフェンスも

丁度140cm位の高さで

網目が細かくて足をかけて登れないから

フェンスを乗り越えるだけでも一苦労・・・

更に劣化もしてるから

一歩間違えば自分も落下して大怪我・・・



そんな場所で

高所恐怖症な私。

これ降りる・・・降りないと猫を救えない・・・



ヤバイ・・・心臓がキューンってなる・・・



でも!!!

って覚悟を決めて

息を止めて

手すりに足をかけて

がんばっておりました・・・(大汗)



綺麗とは言えないところです。

雨が降れば水位は上昇して

今立っている場所は完全に水没します。



そんなところになぜこの子が????

猫だってこのフェンス登るには大変。

でも相当人懐こい子じゃないと

人為的に投げ込まれるってうのも・・・難しい・・・



横の橋から落ちたのかな・・・

そーっと歩いてたら落ちたのかな・・・



なんとも謎だらけですが

給餌管理者さん、この川から上にどうやって持ち運べばいいかで苦戦してて

近所のボランティアさんにも相談したりしてたんですが

担いでいくしかないような・・・って思って

私は現場につくなり・・・



まず捕獲器の中身確認。

該当猫、痩せ加減はひどいけど落ち着いてるのを確認。



捕獲器持ち上げる。



体重2キロちょいか。



なら何とかなる!!!!



ってことで

そのまま捕獲器片手に

さっき心臓がキューンとした取っ手を掴み

ワシャワシャ登っていきまして。



無事に登頂に成功!!!



でも

再び問題が(汗)



フェンスを乗り越えられない(汗)



足をひっかけられないから

私も出られない!!!!





で。



で・・・

川とフェンスとの間の30cm位の隙間を歩いて

橋までいくことに。

橋にいけば私の短い脚でも乗り越えられる!!!!



ってことで

高所恐怖症の私。

自分に「頑張れ!」って言ってるのか捕獲された猫さんに「頑張れ!」と言っているのか

わからないけれども

とにかく頑張れ頑張れと言い続けて

橋までたどり着き

無事に該当猫さんを車に乗せることが出来ました(号泣)



めっちゃ頑張った。。。



橋に到着したところで

一度帰宅して川から引き上げるためにどうにかしようとしてくれていた

近所のボランティアさんが走ってきて

合流出来まして

3人で「よかった!!」と一安心。





この子が落下して衰弱していた子です。

痩せ細っていますが

水は川の水を飲めていたんだろうと思います。

多分女の子。

体調を整えてから手術に挑みたいけど

正直この子は慣れてない。

人馴れしているならなんとか体調を整えてから・・・って思うけど

どうだろう・・・

明日先生に見せて手術が難しそうなら

連れて帰って1週間位ケージで保護してから手術にしようかな・・・



とにかく悩みまくっております。

捕獲器の中では落ち着いています。

シニア猫さんなのかなぁ・・・

ただ汚れているだけなのかなぁ・・・



水の中をザブザブ歩いてたそうなので

水を怖がらない子なのかなぁ・・・



痩せ具合を考えるとこの川のところに落ちてから1週間以上は経過してると思います・・・



この場所は時々猫が落下して

亡くなる子が出てるそうなので

今回は偶然給餌管理者さんがパっと見て気づいたから

こうしてレスキューできたけど

もし誰にも気づかれなかったら・・・この子の命は無かったと思います。



この子を受け取り

一度帰宅して

今日受け入れした子たちに

ご飯をあげて(離乳食+ミルク)お世話してる間に

次なる子が捕獲されて

引取りに行くと

「お父さんだと思う」って言われて

でもお顔を見る限りメスに見えて

今日引き取った子猫のお母さんと同じ位の年齢(1才いってないくらい)に見えるんですよね。



で連れて帰ってペットシート交換してる時に雌雄チェックするんですが

じゃじゃーん。。。。。

おっぱい・・・



この子育児中じゃんか・・・(汗)



ということで

この現場には子猫がまだ残されている状態です。

今、依頼主さんが捜索してくれていますが

野良猫さんが育ててる場合

子猫さんはほとんど鳴きません。

お母さんからそういう教育受けてるので・・・

探すのは難航しそうです・・・

時期が時期なだけにしょうがない事ですが

困った困った・・・



多分、生後4週前後の子猫を育ててると思います(汗)



で、19時頃に今度はお父さん捕獲。



中毛で黒白で・・・

もうあの子のお父さんじゃん・・・って確定できそうな感じです。

尻尾の短さもそっくりだし。



でも他の兄弟はキジ系なので

他にキジ系のお父さんが居るかもしれない。



だから子猫たちのママ(白ベースに黒斑)と

キジ系のお父さんはこの現場から捕獲対象としておきます。。。



でもまだ捕まっていない(号泣)

明日も引き続き頑張りますが・・・





で、あちこち回ってですね

今日保護した子たちの仮名づけ。。。。。。



今回は相当悩みました。

今回というか今年は・・・もう名前のネタが無い!って感じで。。。

地名とか草花とか

兄妹で統一感のある名前を付けてるわけですが

この4匹・・・多分メス3匹のオス1匹なんです。



キジ系3匹、黒白1匹。

ん~

どういう名前にしよう・・・と1時間半程悩みまくり

とうとう決めました。

悩みに悩んで

リオオリンピックの

レスリングの

メダリストさんたちの

お名前を拝借いたしました。



さおり、かおり、えり、しのぶ(♂)です。



よしださおり選手と

いちょうかおり選手と

とさかえり選手と

おおたしのぶ選手からお名前を拝借いたしました。



なんでレスリングかって?



時代はレスリングなんだろうな・・・っていう

勝手なイメージというか

最近よしださおり選手ばっかりテレビで見るので

なんとなく。



レスリングで勝ちまくるような

強い子たちに育ってくれと。

そんな感じです。



病気なんて知らん子に育ってほしいっていうのが

一番気持ち的に強いので

強い名前にしてみました。



本当はハワイ語とかの可愛い名前にしたかったんだけど

ハワイ語検索してたら

もうお腹いっぱい状態になりましてね。

挫折したわけで。



ということで

さおり、かおり、えり、しのぶのお名前に決定。



名前負けするなよ!ベイベーたち!



しのぶ君(オス) キジ白 尾長(途中でポキっと折れてます) 保護時610g



さおりちゃん(メス) キジ白 尾長 保護時520g



かおりちゃん(メス) 白キジ 尾長 保護時540g



えりちゃん(メス) 黒白 尾短 保護時560g



非常に一番うるさいのがしのぶ君。

その次がさおりちゃん。

その次がえりちゃん。

かおりちゃんは一番大人しいです。



今現在ですけどね。

明日からどうなることやら。

まだシリンジでの離乳食も文句言ってるので

ママの事を忘れて究極にお腹すくまでは

色々試行錯誤が続きそうです。。。



募集はまだ医療行為がフロントラインしかできてないので

ワクチンとウイルス検査ができ次第行います。

もうちょっと待っててくださいね。



続きを読む

予想通りには行かないのだ。

ちょうど昨夜、保健所に現場進捗の連絡をして

TNR予定現場の立ち入り日の調整もほぼ終わって

今年はGWの子猫受け入れ要請も無かったし

20日過ぎるまでは子猫の受け入れ要請がこのまま無いといいな~なんてお話を

保健所にしてたんですわ。



もう平和。

TNR現場で戦うだけの日々。



今月いっぱいこんな感じで終わってくれるといいなぁ。





って思っていたんですよ。



んで、火曜日から具合悪くて寝込んでて

金曜日から復活できるように調整してたところだったんですが

予定ってのは未定でね・・・。





3時半過ぎだったかなぁ・・・



保健所から連絡が入って

市内の賃貸アパートの管理会社からの要請で

ユニットバスに子猫がいて引き取ってくれという相談が入ったそうで

センターにいくって言う流れになったんだけど

時間が時間でもうセンター引き受け時間が間に合わないので

1泊だけお願いできませんか?ってお話でした。



1泊したらセンターに行くというのは

若干私たちにとっては

酷なお話ですし

一度見てしまった子をセンターにっていうのも

やっぱり色々とありまして。



そのまま引き取りますってことで現場に行きました。



保健所からの電話をきったらすぐ

学校から電話があって

息子さん怪我したー!って。



えぇ。。。



マジっすか。。。



怪我した状況を伺って

こりゃ帰宅した息子ちゃんを心配せねば・・

でも子猫の件も心配だ。。。。



お母ちゃんどうしよう!





って感じだったんですが

息子ちゃん帰宅。



目から液体が若干出ているのを確認し

おぉぉ・・・・痛かっただろうにぃ・・・・って

ギューって抱きしめたら

目からの液体排出量が増えてしまった!!

こりゃいかん。。。



湿布してもらってるけど・・・



ん~折れてる感じは見えないけど・・・



ひとまず子猫を保護しにいくから

それが終わったら病院いくぞ!ってことで

現場に直行。



そしたらですね、

なんと古いタイプの換気扇のところのリフォームをしたそうで

ソコに子猫がいたらしく・・・

なんつーところで育児してんだよぉ・・・おっかさん・・・



市からの情報は

匹数も不明、週齢も不明。



現場について「子猫さんはどちらに?」ってきいたら

土嚢袋に入れられた子猫。





わお。



こりゃこのままで一晩過ごしてたかもしれないのかと思うと

受け取りに来てよかったわーってかんじで。。。





で、そのまま息子を連れて病院に。

T総合病院が5時までって書いてあったから

急いでいったんですが

5時3分前に到着して受付にいったら

「診察が5時までなのでもう受付できません。他の病院に言ってください」って。





ガーン。



他の病院とはどこでしょうか?ってきいたら

こっから(なんか一覧が書かれた紙くれた・・・)探して行きなって・・・・



え。

そんなあなた・・・

今日木曜日だし休診日が多いのに・・・自力で探せと???



あー!もう!いいです!



って急いで車に乗り込んで

診察できると思われる病院に急いでいきまして。

私がいったことがある整形外科って木曜日休みなんだもん。。。





待合室で待ってる間

学校の保健所で貼ってもらってたシップを剥がしたら

あれ。

あれれれ。



ん~湿布を貼られた場所の腫れ方が

若干怪しい感じと怪しい色。



ポキっと折れた感じじゃないんだけど

ヒビとか・・・欠けたとか・・・

そういう感じかなぁ・・・



ドキドキし始める私とは違い

息子さんは

あ~やべぇよー。いてぇわ。いてぇ。

俺もうダメかも~とか言ってるし。



診察室に呼ばれて

レントゲン撮ったら

骨折しておりました。



まぁ可愛い骨折です。



線上骨折・・・まぁ亀裂骨折ってやつですかね。

小指のね・・・。

右手のね。。。

全治2か月だそうです(号泣)

運動会どうすんのよー!全治2か月ってことは

運動家の間も固定したまま?!まじ?!

あぁぁぁ・・・・



ってな感じで、グッタリしながら帰宅して

この春最初の新入生の体重計測。



ビービー泣きまくりだったのですが

やっと落ち着いてくれました。



一番うるさくて

一番文句ブリブリ言いながらも

ミルクもイヤイヤ、

離乳食は・・・ちょっと自分で食べたけど

あーでもない、こーでもないとうるさいのが

この子で多分女の子。



341g位。

ハチワレ。

白黒っぽいけど実はグレー系の兄弟なので

将来どうなるのかな?





こちらは唯一の男の子っぽい。

よく食うし良く鳴くし

元気いっぱい。さすが男子!

白に黒斑っぽいけど

この子もなんだかグレー系。

345g。





この子は一番オットリしてるけど

一番最初にお皿にご飯あげたら

うぉぉぉぉ!!!!ってガツガツ食べた子。

体重は一番軽くて330g





現場には白黒っぽい母猫がウロウロしてるのを見ている住民と

その子が子猫をくわえて歩いている姿を目撃している住民がいたので

明日現場調査をしてきます。

本当は今日のうちに捕獲器しかけてお母さん捕まえたかったんだけど

既に引越しの最中の可能性が高くて

他の子を連れて移動している場合

お母さんを連れて行っちゃうと

既に引越しが終わってる子猫たちの命の危険があるため

ひとまずこの3匹だけを保護して

お母さんは他の子猫たちの居場所が特定出来て保護が完了したらTNRにします。

あと給餌者の特定もしないとね。



一応チラっと周りを見る感じで

1件給餌者っぽいお宅がありました。

首輪をした猫が外にいて毛づくろい中だったので。

その近辺を中心に明日捜索してこようと思います。





子猫の入園は

今年は6月がいいなーなんて思いながら

この3日間は

体力温存のために自宅から出ずに

完全休業をする予定だったんですえけど

あえなくbabyウェルカム入園式となりまして

更に息子さんの骨折もありまして

まぁなんといいますか・・・



今年も始まったな・・・といった感じでございます。

3匹とも換気扇のところに住んでたので

若干脂っぽい感じがしてるので

体が落ち着いたら

シャンプーしたほうが良さそう。

ついでに言うと

週齢の割に体重が細いので

あと100gは増やしたいね・・・。



明日からミルクボランティアさんのところに移動致します。

2週間程お世話になったら戻ってくる予定です。





左からメス、メス、オスで

真ん中の子がブリブリ文句ばっかり言ってる子です。

一番左の子はオットリ・・・って感じ。

3匹とも尻尾もピーンとまっすぐだし

初産じゃないママさんが育てたと思われます。



仮名は今息子ちゃんが悩みながら付けまして

左から琴美(ことみ)ちゃん、琴葉(ことは)ちゃん、真琴(まこと)君となりました。



今迄立ち入りしてない現場でしたが

道を挟んで西側ではTNRした方がいらっしゃるはずなので

確認してこようかなー。

でもあの道を横断してくるかなぁ・・・。



調査がんばってきます。



あとTNRもね。。。

色々現場いっぱいあるんでね。。。



続きを読む

プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR