FC2ブログ

多頭現場のTNRと緊急保護と・・・何故か犬。。。

6月22日の定例会で

とある多頭現場の案件があり早急に対応が必要だということが判明し

24日に視察をしてきました。



市への情報提供があったのが6月16日。

緊急を要する状態と判断した相談者さんが居てくれたから

ここの現場の子たちは命を繋ぐことが出来る状態になりました。



24日に視察しに行ったとき

市に相談してくださった方と

他にも交代制で給餌をしてくださっている有志の方々も丁度いらっしゃっている時間帯で

色々とお話を伺う事が出来たんですが

22日の定例会で「今にも出産しそうな子が居る」って話を聞いてたんですが

とうやらその日には既に出産してしまったようです。



でも育児放棄しているのか

おっぱいを絞るといっぱい母乳が出るのに

赤ちゃんのところに居ないし

もう人が大好きな子で

ゴロゴロ甘えながら手をエアーモミモミ・・・



人懐こい子が多いこの現場は

状態が悪い子が多く

更に多頭状態だし

風邪も蔓延してるし

これは通常のTNRではダメだと判断し

TNRの時の抗生剤はコンベニアに変更してもらう事を伝えました。



状態が悪いという意味は

風邪のひどさもありますが

栄養状態も悪いので

とにかく痩せているし

鼻水ズビズビの子も多く

また産後の子もいるわけだし

この状態で体をまず整えてやらないと

リリースしても良くならないと思ったので

値段はかかりますが

コンベニア(2週間効き目のある抗生剤の注射)を特別にこの現場の子たちには打つことに。





当初の話では12~13匹という事で

多頭現場であることと黒白以外の子たちは

基本的にメスであり

それじゃなくても多いから何回かに分けないと

手術追いつかないかも・・・って不安になったんですが

給餌に来ている方から衝撃の言葉が。



「この現場18匹は居るんだよ」







18っすか・・・(汗)





この言葉を信じてコンベニアは20匹分用意してもらうことになりました。





で、捕獲の28日。

もう戦場でした。



入れ食い状態どころじゃないんですよ。

捕獲器にまだ餌を入れてないのに

捕獲器の中に入っちゃう子もいれば

捕獲器の中に2匹一緒に入る子・・・(2組)



捕獲器に入れようとする餌をさっさと食べていく子・・・





お腹ペコペコなんですね。。。





だから5分で8匹が捕獲完了。



24日の視察では8匹しか確認できていなかったんですが

28日の手術をした子は合計12匹でオス5匹、メス7匹。



もう無理をいつも言いまくってる状態なんですが

先生には今回も無理をしてもらうことになり

みんな手術を無時にしてもらい

更にコンベニアも注射してもらいました。





そしたら・・・

メス1匹は子宮蓄膿症(初期)、もう1匹のメスは子宮内膜過形成、

更にもう1匹のメスは腹水あり+黄色脂肪症。

12匹のTNRの子たちの中でかろうじて何も問題ナシの元気だったのはたった1匹の子だけでした。



幸いコンベニアが効いたのか

リリース時には

あんなにズビズビいってた鼻汁小僧たちが

スースーと綺麗な鼻になっていたり

鼻水の量も減ったりしてて

あ~なんとか・・・このまま良くなるといいなぁ・・・って希望が出てきました。



そして次なる予約が30日なので

29日に朝から捕獲に行きました。

残りは私が目視で確認出来ているだけでも

メス3匹、オス1匹が残ってます。



しかーし。

蓋を開ければメス5匹。

オス1匹は鼻水が酷過ぎて状態が悪すぎて

ご飯も食べる気力が無い状態で

捕獲器に入らず

ズビズビ言いながら

フラフラと歩いて消えていきました。



そしてその近くの資材置き場にもここに通ってきている子が居る可能性もあり

そっちにいったらまさにあっちで出会った子たちが!





と・・・成猫を確認できたと同時に

視界に入るガリガリの子猫・・・



生後1.5か月以上・・・2か月近いはずなんですが遠目で見ても

500g無い位の状態。

更に近づいてみてみると

片目の眼球が見えない。

凄いヒドイ風邪の症状が。

逃げて資材と資材の隙間に入り込んでしまってそれ以上見れなかったけど

確実にこの子はこのまま放置してたら生きられない。





現場から保健所に

この現場って子猫って居るんだっけ???って聞いたら

5匹子猫が居るんだけど最近は2匹に減ったって言ってましたって。。。



えー

私の目に見える子は1匹しか居ない。。

更にガリガリ・・・

これは保護だ・・・



ということで先にお母さんたちを捕獲すぐ出来たので

隠れてしまった子猫の保護・・・



でも捕獲出来ない・・・

逃げちゃった・・・





と思ったら今度はそこに繋がれている犬が気になる。



そう。



繋がれている犬の周りには

カラッポの餌入れと水入れっぽいモノが・・・。



ここは無人なので

人は朝晩しか来ないということで

朝晩は犬に餌を与えているという事でしたが

どう見ても犬は痩せてるし・・・



水・・・どうしてんのこれ・・・



水ないじゃん。

暑いじゃん!!!



ってことでひとまず捕獲したお母さんたち4匹を連れて帰り

帰宅してからお母さんたちは自宅に置いて

今度はリリースの子を現場に戻しに・・・

でもやっぱり気になるので

捕獲出来てないオスのキジ白が奇跡的に捕獲器に入ってくれればと思い

捕獲器を設置してメモを張り付けて

から一度帰宅。





12匹の子たちのリリースにまた出発して現場に着くと

あれれ。

キジ白のオスを捕まえる予定が何故か三毛猫が入っている(号泣)

まさかの三毛です。また三毛です。





っていう事は・・・

給餌に来ていた有志の方がおっしゃっていた18匹居るっていう情報は

マジだったのかーーーー!!!!ってわかりまして。。



はぁ・・・どうしたものかとおもいつつ

リリースをして

今度は

仔猫を捕まえるための捕獲器をチェック・・・



まだ居ない・・・つかまってない・・・



ワンちゃん・・・チビっ子どこかなぁ・・・って聞いてみると

あれ???

いた・・・





1匹でなんだか調子悪そうに寝てました。

私の足音やワンちゃんの吠え声にも気づかない位・・・

明らかに衰弱している。



でも結局また隙間に逃げ込んでしまった・・・



どうしたもんだか・・・と捕獲器の設置場所変更をしてみることに。



で、今度はワンちゃん。



ワンちゃんに水を与えると

ガブガブと大量に飲みました。

お皿に入れたお水、1杯目飲みほし

更におかわりに入れた水も半分飲みました。



さっきまで興奮していたのに

すっかり落ち着いて

「なでなでして~!おいしかったぁ・・・お水おいしかったよぉ・・・」ってすごい甘えてくれて

表情も一気に変わりました。



この子。。。まさか・・・。





と思いながらこの子の対応もどうにかしないといけない気がして。





リリースした大量の捕獲器を一度洗わないといけないし

追加捕獲できた子も一度お家に連れて行かないといけないので

とりあえず捕獲器を設置して

また自宅に戻ることに。





どうか保護出来ていますように。

どうか生きることが出来ますように・・・





そう願って帰宅して捕獲器10台を洗い

消毒をして

捕獲できたお母さん猫たちのペットシーツ交換をして

いざ・・・

現場に。



と、その前にリリースした子たちがどうかな?って思ってチラっと見たら

ノンビリ寝てたので

置いていったご飯どのくらい食べたかな?と見に行ったら

すべてカラッポ。

お家の方が追加で入れてくれていました。



あ~よかった・・・と思ったら今度は奥様が出て来てくれて・・・





色々事情をお伺いし、

さっきから気になる子の話を聞いたら

ちょっと安心していられる状態じゃない事が判明し

やっぱりこれじゃぁ・・・ダメだということで

悲しくて悔しくて何とかしてやりたい思いを募らせながらも

まずは奥様の体の事が一番心配で

この現場の子たちは全員手術できたから

まずは奥さんの体を優先してほしい旨を伝え

猫たちはボランティアさんたちに任せて

私もまだ現場対応が近くであるから猫たちの状態は身に来れるし。



とにかく奥様が体を壊さない事、体を大事にしてもらうことを優先してもらいました。





で、捕獲器はデカいのがダメだろうから

って小さいのを持ってきたんだけど・・・



仔猫を捕まえるための捕獲器に近づくと

なんと。

閉まってる!

そして

2匹の子猫が入って寝てた!!!





やったよー!捕獲できたよー!保護できたんだよー!!って

ワンちゃんと共に大喜び。

ワンちゃんにはご飯を与え、

再度水を追加してきました。



そんでもってこの犬さんの件は

保健所と犬の団体さんに依頼をかけて

今後改善が見込めない場合は団体さん立ち入り対象になります。

保健所からの指導をしっかり受け入れてくれればいいのですが・・・





そして色々な意味で一安心した状態で

自宅に戻り

洗濯ネットに入れ替えて・・・の作業のはずが

デカい捕獲器で捕まえちゃったもんだから

手が届かない・・・





手が届かない・・・けど・・・

とても攻撃性のない子たちで

ある意味グッタリってのもあり

簡単に捕獲器から洗濯ネットへ。

そしてフロントラインを付けて早速点眼。

目の状態も確認・・・



ん~・・・微妙・・・



眼球溶けてるかと思ったんだけど

瞼の腫れが酷過ぎて上下で癒着しただけ?眼球は中で生きてる?

それとも眼球は溶けてしまった・・・



明日病院だね・・・



とても状態が悪いからってのもありますが

ちゃんと点眼も大人しくさせてくれて

よいこちゃんです。

すぐ懐いてくれそう。





そしてもう1匹。

口は達者でちょっとビビリ。



点眼も上手にさせてくれたし

フロントラインも付けたし。



ただ、やっぱり体の緊張がまだ取れてないので

シャーとか言います。

ご飯もちょっとだけしか食べずに

とりあえず疲れたのか

いっぱいご飯を食べた片目の子とは違い

ケージの出口を探したりしていましたが

最終的に2匹揃ってグーグー。。。

疲れを取ってる最中です。





明日先生に見てもらいますが

もし癒着なら手術が必要なのか。

眼球が摘出しないといけない状態なのか

まだまだどうなることかわかりませんが

仮名も付けられました。



2匹ともオスで

片目の子がセリくん。(漢字は世莉と書いてセリです。)

意味?

もうね・・・色々考えましたよ。

莉ってジャスミンの意味らしいです。

丁度じゃすみんの花が咲く時期らしいし。

ジャスミンの花言葉は愛想のよい」「優美」「愛らしさ」らしいのです。

そして世っていうのは「一生」とか「生涯」って意味があるらしく

一生涯愛される子になってほしいという願いを込めて。



もう1匹の子がサワ君です。

咲和と書いてサワ君です。

和やかな子に育ちますようにと意味もありつつ

和やかな日々が咲き誇りますようにという意味を込めて。





こんだけ劣悪な環境にあった子たちですから・・・



保護できた子たち。

絶対幸せにしてやらんと!!



名前に願いを込めて・・・デス。





ということで

まだまだ現場は終わらない。



フードも砂もあっという間に消えていきますし

緊急保護も続き

またまたバスタオル系の在庫が切れてしまいました。



フードはロイヤルカナンの離乳食とドライフードはメデイlファス子猫用、

そして砂はオカラの砂、

あと保護猫部屋の消毒用のバイオウィルクリアと

TNRの捕獲器を消毒するバイオチャレンジの在庫があっという間に消えていきます。



更に言うと・・・

捕獲時に使うペットシーツも大量にきえております・・・



もう既に69匹のTNRが終わり

でもまだまだ現場はいっぱい残っています。



買い出しに行く時間もやっとこさ作ってる感じなので大変申し訳ありませんが

ご支援いただけますと幸いです。



特に急募なのがバスタオル・・・。

一度洗濯してから送っていただけると助かります。

フェイスタオルでも大丈夫です。

色々な用途があるので

バスタオル、シーツ、フェイスタオルは助かります。

よろしくお願いいたします。。。





スポンサーサイト



続きを読む

事故死猫さん対応からのTNRと保護猫搬送からの緊急保護とか。。。とか視察とか???もーいっぱい。

今週は本当に忙しいというか

なんだかずっと忙しい。。。

現場も多いのでほぼ毎日のように現場入りしております。



25日は朝から交通事故死の子猫さんの回収をしてからの・・・







捕獲対象6匹現場にいって4匹対象猫さんの捕獲からの・・・











別現場の対象猫さん状況視察からの・・・





この成猫の白猫さんはオッドアイでした。





で、白峰寺に交通事故死の子を連れて行き、

亡くなった子の事を託してからの・・・



真琴、琴美、琴葉の3匹を一時預かりさん宅へお願いしにいって・・・からの。



一度帰宅して椅子に座って

あ~~~~疲れた・・・ちょっくら休憩でも・・・

って思ったらピコーン!ってスマホが鳴る。

なんだ??って思ったらJ地区多頭現場の給餌管理者さんからの連絡。



現場に子猫がいると。



にゃんですとぉ?!

もうすべての猫たちのTNRは完了しているし

新顔も出ていないし

メスだって出てない。



だからそこに子猫が居るということは

遺棄・・・もしくは・・・????





どちらにしても急げ!!ってことで

チビ用捕獲器を持って急いで現場に急行。





どこにいるんだ???って思ったら

給餌管理者さんが「ここ!!」って。

その先にいるのは・・・



まさかのキジトラ・・・



さっき白峰寺に連れて行ったばかりの子猫と同じくらいの月齢・・・

会話を出来るのなら人間と近い生活をしていたはずの子。

会話が通じない、シャーシャー若しくは猛ダッシュで消えていくなら野良の子。



さぁ。

君はどっち???





おいで・・・

大丈夫だよ・・・

こっちにおいで・・・





目と言葉で伝えると

「みゃあぁ・・・・・」と小さな声で会話してくれました。



怖がって動けない。

隠れる場所を見つけたからそこから出るのが怖い。

そういう状況。



よし。

保護だね・・・



もしどうしても保護出来ない場合はTNRにして

この管理場所で生きていくしかない。



でも捕獲器設置しても

隠れてしまって出てこない。



しょうがない。

しばらく設置させてもらって様子を見ようということで

給餌管理者さんと交互に捕獲器にかかってるか確認していくことに。



そして捕獲器設置したあと

フード買い出しにオリンピックにいったら大渋滞で

中に入るどころか129号から入れない・・・

そしてやっと入ろうとしたらまたまた駐車場渋滞で

もう無理・・・

諦めてペットフォレストに買い出しに・・・と場所を変更しようと思ったのに

今度は129号線に出れない・・・

雨の日の日曜日でもここまで混むことあったかなぁ・・・



オリンピックよりもララポートにみんな行くんじゃないのかーい???



なんとか渋滞を耐え抜いてペットフォレスに到着して

買い出しも完了。

そのころにはもう15時半過ぎてました。



すると現場で捕獲できたよーって連絡が。



その前に捕獲器のチェックにいったけど・・・入ってなかった・・・



姿も無い・・・

どこいっちゃったかなぁ・・・

また雨が強くなってたから隠れちゃったのかな・・・



心配は募るばかり・・・

1人で心細いだろうに・・・



そして残りの子たちを引取りに現場に。







予定していたメスはこれで全部捕獲完了。

残りの子猫たちは2か月後にTNRにまた来ます。

今回捕獲予定だったオス2匹はまだ捕まってない&捕獲予定じゃなかった子猫たちが捕まり

手術予約していたメスの匹数を2匹もオーバー・・・

どうしよー。。。



オス2匹もまだ捕まってないから

しょうがない・・・再度捕獲器2台設置して

捕獲を試みることに。







そしてその間に実家に届けてもらっているフードや砂等を引取りに行かないといけないので

実家に行って物資を預かって・・・

18時になったのでまた子猫さん捕獲出来ていないか確認したけど

やっぱりまだ捕まってない・・・・

給餌管理者さんにも「まだ捕まってないですね・・・って連絡を入れると

1時間おきに見に行ってるけど姿も無いし捕まってない・・・

また夜に見に行きますって言ってくださったので

とにかく捕獲出来ることを願いつつ・・・



帰宅して

捕獲猫さんたちのナンバリング・性別チェック等再度行って・・・



保護猫たちのお世話をしつつ・・・。



気づけば21時。

息子さんをお迎えに(実家に遊びに行ってました)いって

再度捕獲器をチェックしにいって・・・やっぱり入ってなくて

この暗闇の中

怖いだろうなぁ・・・

大丈夫かなぁ・・・

道路に出てきちゃうと交通量の多い場所になるから

事故にでもあったら・・・と思うと本当に心配で・・・



朝の事故死した子のことがあるから

余計に保護してやりたい思いも増していきました。



でも結局捕獲に至らず・・・

22時に保護猫部屋の子たちの最終体調チェックをして

猫たちは就寝時間になります。

私はそれが終わると雑務…というより

洗濯ものとか最終メールチェックとか

PC作業やったり・・・色々やって

夜0時を過ぎてだいたい1時位に寝るんですが・・・



26日の朝になり

保護猫部屋の子たちのお世話が始まります。



朝になり保護猫部屋に入るときは「おはよー♪みんな元気ですか~?」って言いながら入ります。

出先から帰ってきたら「ただいまー♪」

ご飯の前には「ご飯ですよー!」

そして夜就寝時間になって電気を消すときには「みんなお休みー♪ネンネの時間だよー」って言って電気を消します。



朝なので「みんなおはよー!朝だよー♪元気かな~?」って声をかけるんですが

何か声が足りない。



あ!そうか!琴3兄弟が居ないのか!

だからちょっぴり静かな朝(笑)



お世話は1時間程で終わるんですが

それぞれのウンチチェックとか排尿回数チェックとか

お腹の張り、目の周りにメヤニがないか、

夜の間にどれくらいご飯を食べたか、色々チェックして回ります。



そして今日はTNR匹数が多いので病院から「9時には必ず連れて来てください」って言われてたので

急いで連れて行かねばならず

とにかくまずは息子さんを学校にいけー!!!って玄関に見送り

掃除と共にゴミ出しと・・・

って思ったら現場から「オス1匹だけ捕まりましたー!」って。



8時過ぎだったので急いで行ってもギリギリ9時病院つくかどうか・・・

やべぇー!!!ってことで大急ぎで車を出して現場に急行!



残りの1匹のオスは捕まらなかったので

残りの子猫たちと共にTNRをすることに。



この子たちとは2か月後に会いましょう。って感じ。





この写真の白三毛以外は捕獲してあって今回のTNRに入ってます。





ギリギリ捕獲になったオスは彼です。

現場に一番最初に引き取りに行ったとき毛づくろいしてノンビリしてた子。

良かった・・・手術出来る!





そして急いで病院へ。

9時5分前に無事に到着。

全員搬送完了して病院に預けて

ホっとしたところで

今度は保健所からの電話。



あれとこれとそれとこれと・・・



追加案件であれやこれやと・・・



で、メールで詳細を送ってもらいつつ

次回予約を取ったりして

やっとこさ帰宅・・・



って思ったら!!!!!



J地区多頭現場の給餌管理者さんから「捕獲できた!」と連絡が!!!



よかったぁ・・・・・



保護猫たちの世話の追加をしてからすぐ行きます!ってことで

現場に急行。

給餌管理者さんが既に自宅に捕獲器ごと連れて帰ってくれたので

お宅に伺い引き取りました。



しかーし。

もう怖がっちゃって怖がっちゃって。



これ、捕獲器から出すの大変だなぁ・・・



パニック状態なのでシャーだのパッパだの

色々言います。

でもミャーミャー。

ミャーミャー&シャーの時は

比較的大丈夫な時の方が多いので

洗濯ネットをそーっと入れながら

徐々に子猫さんに洗濯ネットを近づけて

捕獲器の中の子をナデナデして会話をしながら

大丈夫な事を伝えます。

怖がらなくていい。

落ち着いていいよ。

大丈夫。大丈夫・・・

昨日会ったオバチャンだよ。

安心して・・・大丈夫・・・怖くないよ・・・



世間で言う「大丈夫詐欺」です。



全然大丈夫じゃないんですよ。

だってこの後洗濯ネットに入れられたら

漏れなく病院に連れていかれて

血は抜かれ、苦いお薬飲まされ

ワクチンされ、耳掃除され・・・爪切りされ・・・のフルコースを予定されてるんですからね。。。



でも何とか落ち着いてくれて

体の力も抜けたので

サクっと洗濯ネットで包み込んで

あとはもうこっちのもんです。

洗濯ネットのチャックをジャーっと閉めて

タオルで包んでキャリーにIN。



多分私が猫の立場なら

「詐欺だ!訴えてやる!」って言いたくなる。

そんな状況ですが

来れさえ乗り越えれば3食昼寝つき、遊びたい放題、

ホカホカのオフトンで寝まくり、食べまくり、

美味しいお水飲みまくり、漏れなくお友達もできちゃうかも?な

ウハウハな猫生活が待ってますから。

誰もが乗り越える道。

さあ、幸せへの第一歩!!!

ってことで



こうなりまして。

採血もヨイコちゃんに出来ました。

ドロンタールも上手に飲みました。

フロントラインも付けました。

耳掃除も頑張りました。

爪切りもさせてくれました。

ウイルス検査(エイズ・白血病ともに陰性)

コロナ検査は外注にすぐ出せました。



もう完全なフルコースでした。

あとはウンチ出してくれたら検便して

ほぼほぼ、初期医療完了でございます。



あとは病院終わったらお家に帰って

この子の受け入れ用ケージを組み立てて

彼女が安心できる環境づくり。



その続きは彼女の募集記事に記載しますのでお楽しみに。



もうね、今日までにね、この子で7匹分の募集記事UPしないといけないのに

全然UP出来てないんですよ。



PC向かう時間がホント少なくて。



現場対応でヒーヒー言ってますんで

とりあえずこの2日間の出来事だけでもご報告を・・・と思いまして。



更に言えば今日は午後息子の学校行事に行った後緊急の保健所からの連絡が入ったりで

あーだこー出してる間に

手術の子たちのお迎え時間になり

お迎えに行って保護猫たちのお世話をした後

すぐトライアル搬送にでなきゃいけなくて

帰宅したのは21時半でした。



で、風呂入って今に至ります。



あとは明日の現場入りの住所チェック(さらに追加で近くのTNR案件あったし)して

どう回るか・・・どこにどうやってどのタイミングで入るか・・・



あと色々と問い合わせも来てるのでこれから返信作業をしてから

ネンネをします。



明日は天気悪いみたいだし・・・

上手く現場対応が終わるといいんですが・・・



まぁこんな感じの1日1日が7月11日までは続くことが確定したので

がんばります。。。



って言ってるそばから

仔猫の・・・っていうメールが来たんですけどね(号泣)





がんばります!



もう頑張るしかないんです。。。。



続きを読む

病院搬送からの捕獲器搬送からの良男搬送からの保護・・・

今日も本当に忙しかったです・・・



今日に限ってこの豪雨。

昨日捕獲したお母さんとお父さん、そして子猫たち5匹を連れて病院へ。

今回は子猫すべて捕獲器での保護だったので

先生に丸投げ状態で私は今日のスケジュールをこなさないといけない状態だったので

捕獲器ごと先生に届けまして

あとは初期医療をやってもらうことにしまして。



病院搬送が終わったらすぐに帰宅して

今度は22日からの捕獲予定現場に捕獲器搬送。



それが終わったら

保護猫部屋の掃除です・・・

朝ごはんを食べ終わって一眠りした子猫たちは

運動会したくてウズウズ・・・

オバチャンが掃除機かけたり

消毒したりしてる間に

大はしゃぎして遊んでます。



そして彼らが使ってるケージ掃除も部屋の掃除も終わったら

今度は軽く朝飯なのか昼飯なのかわからんご飯を食べて

良男をキャリーに入れたあと

良男が使っていたケージを消毒・・・

そして良男を飼い主さん宅へお届け。



終わったら今度は

仔猫とTNRのお母さんたちのお迎えに病院へ。



病院が終わったら今度は以前保護要請を受けたんだけどTNRにすることにした現場から

やっぱり保護してほしいという事で引き取りに・・・



お母さんからは「ウチの子・・・連れて行ってしまうのかぃ・・・それともご飯またくれるのかぃ?」と。

仔猫預かるね・・・ご飯はここのお家の人にもらってね・・・ごめんね・・・と

辛い別れをしたあとに

引き取った後そのまままた病院へいって

初期医療をして

帰宅したら今度は急に保護になった子(仮名:こうた)が使うケージの組み立て・・・



風邪引いてるし、体重500g以下だし

鼻汁ズルズルだし・・・

あ~もう・・・。



終わったら今度はコウタにお薬を飲ませて

ケージに入れてひとまず隔離。



そして今度は一番疲れるやつ・・・

5兄妹の名づけと個体管理・・・



1匹は三毛だからわかるさ。

でも他の4匹はキジ白で

だれが誰だかさっぱりわからん。



先生から番号振ってもらってたので

一応先に名前だけ考えて

1番の子には・・・よしえ・・・720g



2番の子には・・・ダイチ・・・620g



3番の子には・・・ミツエ・・・660g



4番の子には・・・マサキ・・・680g



5番がはるこ・・・580g



と、写真撮影しながらやってたんだけど

結局ケージに入れたらなんかわからなくなった(号泣)



今日受け入れの6匹みんな・・・

人馴れ訓練から始めないといけない月齢でございます(号泣)

コウタは1匹での保護で1匹で隔離なのとお母さん猫が人馴れしているので

比較的早く人馴れ訓練も終わりそう。

ただ風邪を早く治してほしい・・・



で、5兄妹はどっから名前をつけたのだ!?って思うでしょ?





もうネタ切れでね・・・



どうにも名前が思いつかない。



と、その時にふと思いついたのが

ぼく運命の人ですってドラマやってたじゃん!!!

あれ、ハッピーエンドだったもんね、

良し。それから貰おう。





ってことで主役の女の子晴子さんのと

主役の正木誠君のマサキ、晴子さんのお友達のミツエちゃんと、マサキのパパのダイチとヨシエで

5人になりました。



本当は三郎でもいいかと思ったんだけど

オスだろうと思ってたのがメスでオスメスの割合が変わったので

サブロウはナシにしてヨシエになったわけです。



ぼく運命の人です!っていっぱい幸せ探し会でアピールして

ハッピーエンドな幸せを掴んでくれればと思っております。



でもまぁ・・・まずはオバチャンに慣れてもらう事から始めないとね(号泣)



明日は3軒TNRがありまして、

リリース1軒もありますので

かなり多忙です。

更に言うと保健所との定例会もあるので

朝から晩まで大忙しな一日になっております。



だからこそ・・・緊急保護要請がありませんようにと願うばかり・・・

更に保護猫部屋もお腹いっぱいになっておりまして

トライアルを決めているゆきな、春太と春馬を抜いても今現在保護猫は20匹になりました。



ここでひとまず

相当な緊急要請以外は受け入れを停止させていただきます。

譲渡が進めば

また受け入れ再開できますので

良縁かもん!!



いや・・・もう



どうか良縁様来てください(祈)





ということで明日も頑張ります。。。





というかさ・・・お母さんもう少し上手に産み分けしてよ・・・

1匹以外キジ白とかありえないよーーーーーーー(独り言です)

続きを読む

お届けからのTNR&保護からの緊急保護からの保護!!!!

いや~今日も忙しい一日でした。。。



昨日から1泊でパインとウェーブの預かりさんが留守にするので

我が家に移動してきたパインとウェーブを預かりさん宅に搬送してきました。



預かりさん宅に戻るなり

ワイワイガヤガヤ・・・という感じで本人たちは大はしゃぎで遊びまわってました。

まだヨチヨチですけど

保護時よりは少しスピードUPしてます(笑)





そして今日は市内某現場のお母ちゃんの捕獲と仔猫たちの保護を予定しておりました。



ずっと立ち入りしている現場なんですが

新顔が出てきたということで3月27日に視察して捕獲に行ったんです。



が。



捕獲機に興味を示してくれず・・・

結局捕獲に至らず・・・

妊娠後期に入ったばかり位だから

あと2週間位で産むかなぁ・・・3週間位かなぁ・・・と思っていたんですよ。



別の子は捕獲できたんですけどね・・・。

残念ながらターゲットは捕獲に至らずで・・・



チケットも無くなるし

年度末ってこともあり

予算もないし

出産したら捕獲しましょう・・・ってことで

仔猫を連れてきたら連絡をもらうことになっていました。



その後5月16日に目と鼻の先のTNRをしにいって

その時も見に行ったけど子猫は居なくて

給餌者さんに確認したら

お腹ペッタンコになったわーって。

でも子猫は連れて来てないわーって。



じゃぁ連れてきたら連絡くださいーって言ってたんだけど

全然連れて来てくれてなくて

でも食欲はすごいらしく・・・



どこにいるんだーって何度か探しに行ったけど

発見に至らず

どうしたもんだかと悩んでたら

6月17日の朝、「子猫きたわー!」って。



わぉ。

やっとかい!



で、本日捕獲に行きまして。

お母さんはTNR。

お子様たちは保護で。



でもかなり大きくなってるわよーって言われて

あの後出産でしょ~?

4月末出産かぁ・・・

てことは

もう1、5カ月以上いっちゃってるのか・・・



18日、19日と子猫たちの月齢チェックのために見に行ったけど

子猫たちが全然姿を見せなくて

また隠したのかなぁ・・・と保護が出来るのか心配になってたんですが



今朝になって依頼主さんから「車のタイヤのところにいるわ!」って。

ってことで現場入り。

捕獲器設置前に

子ねこたちも確認出来まして。



あらら・・・

デカくなっている・・・

保護にするには微妙だなあ・・・

でもここは猫多すぎなので保護するしかない現場。



早速捕獲器設置。



お母さんは5匹も育ててるんです。



だから相当お腹すいてるんです。



なので設置して3分もたたずに捕獲成功。



しかーし。



漏れなく娘さんまで一緒に(号泣)



一石二鳥と言いたいところだけど

お母さんはTNR。

仔猫は保護なんですよ・・・

だからこの場合は病院でお母さんを眠らせてから

子ねこを捕獲器から出してもらわないといけないので

明日病院で先生たちにやってもらうことに・・・





そして子猫を捕まえるために

再び待機・・・



なのに

捕獲器に入っても

手前まで食べて

その先にいかない・・・



最終的に

車のボンネットの中に入って

誰も出てこなくなった・・・



なのでしょうがない・・・



撤収かなぁ・・・と思ったら

あれ?



見たことない猫がいるなぁ・・・

頭怪我してる・・・





あれ?耳カットもないし

プリタマがチラ見出来る・・・



じゃぁ君を捕獲しよう・・・



本当は子猫たちの父親と言われていた茶白のオスを捕獲する予定だったんですけどね。



あっという間に捕獲出来まして。



後頭部の怪我は噛まれたのかなぁ・・・

自分でひっかいたようには見えないけど

でも耳の裏は自分でひっかいたようにも見える・・・

まぁ時期が時期ですしオスですし

この地区は猫がミラクルに多い地区なので

喧嘩も日常茶飯事だろうし。



って思ったら衰弱猫さんの案件のメールが来ていまして。

帰宅してからメール返信しないと

スマホでポチポチと文字を押すのが苦手なので

帰宅してから返事をすることに。







で、このオスとお母さんと娘さんを連れて一度撤収。

お腹もすいたし・・・お家でご飯・・・って思ったけど

買い出しいかないと人間の食べるものがあんまりない。



なのでスーパーで買い物してから帰宅。

昼飯を食って

保護猫たちの世話をして14時過ぎに衰弱猫さんの案件への返信。

後他にも色々とメールの返信が溜まってて

それを処理しながら

新規案件のことで保健所ともやり取りしたりしてて

まぁ朝から落ち着かない・・・



で、副代表が保護猫部屋の世話しに来てくれて

色々話をしたあと

検便をもって病院へ。

4時だから一番ノリだ~♪と思ったら1名先に受診されてました(照)



で、検便の結果は問題ナシだったので一安心…と思ったら

衰弱猫さんの依頼主さんから返事がきていて

すぐ近くだったのですぐ行きますということで現場に到着。



で、保健所に電話してウチで保護することに。

そのまま病院に連れて行って

受診してからの

再び現場・・・



お母さんは捕獲してしまってるので

あとは子猫残り4匹を捕獲すれば今日の予定は完璧!



なのに。

仔猫たちはいるのに・・・

捕獲器が閉まらない!!!

なんでー!!!

って思ったら3台設置しているうちの1台が

若干滑りが悪く閉まらないことが判明。

なので残りチビ捕獲器は2台で捕獲することに。



依頼主さんは出かけないといけないので

1人黙々と・・・捕獲出来るまで待機・・・。



今日はダメかなぁ・・・夜まで捕獲器設置してもらうには

TNR済みの子やらお父さんの茶白もいるから

仔猫だけをターゲットに捕獲は難しい・・・



はぁ・・・どうしようかなぁ・・・

明日大雨らしいし・・・



って思ったらやっと1匹捕獲完了!



あとはもう捕まらなかったら

9月にTNRにしようかな・・・って諦めかけたんですが

なんとサクサクっと2匹一緒に1個の捕獲器に無事に入ってくれて!!





やった!残り1匹だ!!!!



って・・・あれ?

キジ白2匹は確認出来てて

あと1匹は何柄だろ?って思ったんですが

実はキジ白が全部で4匹だったんですねぇ・・・

2匹しかキジ白見てなくて

他の2匹はどこなんだろう???って思ってたんだけど

なんとも分身の術が使えるチビっ子たちだったようで。



三毛1匹にキジ白4匹の兄弟でした(苦笑)



残り1匹・・・

エンジンルームで鳴いている・・・

手元には閉まらないミニ捕獲器1台と

通常サイズの捕獲器1台。

しょうがない・・・

チビたちにはデカいけど通常サイズの捕獲器設置してみるか・・・



ってことで待つこと数分・・・



無事に全員の身柄を確保!!!

1時間半位かかって予定していたお母さんとその子供たちの身柄を確保できました。



ターゲットだった茶白についてはなんとミラクル。

1匹だと思ってたら2匹居ることが判明。



この間見た子と違う子に餌やりさんが「マイケル来てるからご飯あげちゃうねー」って言ってたんです。

で、私も「今から向かいますよー」って言ったんですけどね・・・

車で到着するときに茶白の子が居て

「あ、マイケル!ごはん食べ終わってお腹いっぱいなのかな?」って思って車を止めて

お家に入るなり・・・

あれ・・・

マイケル・・・ご飯食べてる・・・

私が見たのはダレ?!





一瞬で移動なんて出来るわけない・・・



そしたら「茶白2匹だったのよぉ!!!」って。

何とマイケルは1号と2号が居たことが判明。



だから違和感あったんだよなぁ・・・



昨日見に行ったときに寝てたマイケルの顔は

前回見たときと白の割合が若干違うような気がして・・・。



ってことでマイケル1号と2号については

後日改めて捕獲をすることに。





いやはや・・・

今日はクタクタです。



でも明日も現場対応がありまして。

朝イチでTNR搬送したあと

1軒は捕獲器搬送。

これで終わるといいなぁ・・・っていう感じで

明後日は朝リリースしに行った後

HG地区の捕獲(母猫2匹、子猫7匹)、

更にもう1軒D地区のTNRがあるんですよねー。



で週末は多頭現場と同時進行で1軒TNRがありまして。

2件同時TNRです。



で今私が戦ってることがありましてそれがコレ・・・。



オリンピック4兄弟に飲ませるお薬です。

コクシジウムの駆除薬なんですけどね。

今迄は甘いシロップのだったんですが

製造終了しちゃいまして

苦い・・超苦い薬しか無いのです・・・

それも液体・・・



で、初日投薬開始日

悲惨な状態になりまして

アワブクだらけの4匹が部屋中走り回り

部屋中ヨダレと泡だらけになりました。

想定内です。

想定内だけど

こんなにニガイのかぃ!!!!



ってことで急いでカプセルを発注しまして。



やっと届いたカプセル。

チビが呑み込めるサイズだと0.1ccしか入らないのですが

初回投薬量は0.6ccと900g以上の子は0.7cc与えないといけないんですよー



これ、2匹に6粒。2匹に7粒飲ませないといけない。

そのカプセルに薬を入れ替えるのだって1滴ずつ・・・1カプセルにだいたい4~5滴入れるんですが

細かい作業が苦手な私にとって

息を止めてのカプセルづくり・・・

ハゲそうです(号泣)



そして更に投薬は・・・ま~大変でした。

流血戦で血だらけになりましたが2時間かけてなんとか飲ませられて

これを1日1回飲ませないといけない(9日間ね!!!)

2回目以降は半量になるんですが

やっぱり3粒2匹、4粒2匹なんですね。



薬を飲むことに慣れてないベビーたちに薬を飲ませるのは大変で

更にカプセルなので噛んでしまうと漏れなく中から超激苦い薬が・・・

アワアワになっちまいます。



だから飲ませるのも大変。



これをやらねばならぬ。





がんばらねばならぬ。





ってことで保護猫部屋でも戦い

外でも戦い・・・





正直もうしんどい・・・



早く卒業してくれぇ・・・





なのに今日追加で5匹ですよ。



昨日保護要請があった子猫については

様子見にしてもらったのもあり

その子ももしかしたら受け入れになるかもしれないし

もうお腹いっぱいです。



色々な意味でお腹いっぱいです。



なのにあれれー

あっちも現場。こっちも現場。

増えていきます。





しょうがない。

今年はサクサク現場に行けるかわりに

クタクタになるんです。

無職ゆえ、すぐ動けてしまうことで

すぐ助けられる命も増える分

病み上がりというかまだ本来ならしっかり休まないといけないのに

現場出てるので

若干しんどいですが

がんばれ自分!

来年からはきっと現場数も少なくなってラクになれるはず!保護要請もTNRが進んでゼロになる!と思って

体にムチ打って頑張ります。





明日は大雨みたいですので

皆さん風邪引かないでくださいね。。。

なにやら夏風邪が流行ってるそうです。。。



続きを読む

TNRと緊急保護とTNR。 ※追記あり

今日はTNRで予定匹数は3匹でした。

朝10時に現場入りして

捕獲器設置。

現場には既に手術が終わっていると言われている黒白の子が

「にゃーん。」って。



お願いだから邪魔しないでねぇ~。

っていってもやっぱり気になるよね。。。



キジトラのオスも居たんだけど

ササッと逃げてしまった。

そして黒白の子もいたんだけど・・・



結局この子も知らない人がいる。危険だ!って思ったのか

最終的にどこかに消えて・・・



で、先日TNRをした脱走お母ちゃん発見!

やっぱり君はココにきていたのねぇ・・・



「ご飯食べに来たんだけど・・・なんであなたココにいるのよ・・・」って顔されました。

すいません、ここが本来TNRで入る予定だった現場なんで・・・

お母さん邪魔しないでね。。。ってお願いしてもお母さんの鼻には美味しい匂い。

邪魔するつもりはなくても

食べたい衝動に駆られるわけで。





今日は弄ばれてしまう・・・きっと弄ばれてしまうぞ・・・っていう予感を抱きつつ・・・

捕獲を試みるも

午前中は最終的に手術済みの子以外居なくなる・・・。



しょうがないので午後出直し。



で、帰宅したら1本の電話。



5月27日にTNRした現場で出産済みを確認したけど「子猫はどこじゃ?」ってなってたお母さんの

子供たちが発見されたという一報でした♪

(その日の記事はコチラ



該当猫は2匹。

生後2か月くらい?っていう事で

すぐ出る事が出来るタイミングだったのですぐ向かいますと伝えて

ミニ捕獲器を2台持っていきました。



お母さんのTNRの時に

ここかも?って思われていた場所とは違い

捕獲場所から20m位離れたところ。

確認にいくと居ました!



丁度授乳中・・・・。

月齢は2か月オーバー。3カ月いったかな・・・って位の月齢。

しかしここは空家で家主さんは他の場所にいるそうで。

家主と連絡がつかないので不法侵入するわけにもいかず・・・



ひとまず捕獲器を渡して

許可を得られたら捕獲器で捕まえてもらうことにしたんですが

ご近所の方がいらっしゃって

家主さんからOKが出たという事で

捕獲にチャレンジ。



しかし家の隙間に逃げ込んでしまいました。

お母さんと子どもたちみんな。



なので一応設置だけして

あとでお母さんがご飯食べに来てお母さんが留守になった間に

捕獲器に餌を入れて捕獲してもらうっていう作戦に・・・



と思ったら!



すぐに子猫たち出てきまして。



あれよあれよという間に

2匹一緒に捕獲器にIN!!!!



あーら。

おめでとう・・・・・????







三毛はメスだとして・・・

白茶斑はオスかな・・・



最初は相談者さんが引き取って

お知り合いに猫を飼いたい人がいるかもしれないという事だったので

捕獲のお手伝いだけする予定でしたが

家主さんが費用負担もしてくださるという事だったので

CCPで引き取ることになりまして。



で、連れて帰って

フロントラインだけして

午後の病院の受診開始までちょっぴり待ってもらうことに。



病院に連れて行ってウイルス検査とか一式出来ましたので

本日から募集開始できます。



が。

まだビビってるので

ハンスト中。



ゆっくり慣れてくれればいいさー。

6月17日デビューできるように頑張ろうニャー!



ってことで病院も終わって

さて。

リベンジの捕獲にいくぞ!!!



ってことで捕獲にいくと・・・







午前中居た子プラス、サビ柄が出没。

この子もなのか・・・



黒白とキジトラも来ていますが

どうしたもんだか・・・

全然捕獲器に興味を示さない。



で、給餌者さんがいつも入れてるお皿(カップラーメンの・・・)にいつものご飯を入れてくれたんだけど

デカすぎて踏み板踏めない。。。



そしてキジトラは給餌者さんが慣れてるらしく

触れるらしいんだけど・・・

とにかく様子を見ながら捕獲をしようと待機していたら

給餌者さんしびれを切らしてしまったようで

無理矢理捕獲器にキジトラ君を突っ込もうとして・・・

逃げられた。。。。



そしてみんな消えていった(号泣)



残ってるのは手術が済んでいるという黒白さんだけ・・・



時間も時間なので

もう私も立会い出来ない時間になってしまったため

私は撤収して

あとは給仕者さんに頑張ってもらうことに。



で、20時半にやっと1匹捕獲完了の連絡を受けて見に行くと・・・



見たことない子。。。

私が現場にいたときには来てなかった子が捕まりました。

それもあんまり状態良くないし。。

皮膚炎になってて脇から腕にかけてハゲてるし

毛艶も良くないし

口内炎があるのかな・・・ヨダレも出てるし舌しまってくれないし。

アッカンベーだし。。。



とりあえず引き取って

車を走らせると・・・

現場からすぐ近くのアパートのゴミ集積所付近からひょっこり出てきた茶トラ。



去勢済みかわからないけど多分オスだと思います。。。



もしかしてこの現場って

給餌者さんが想像している以上に猫いっぱい居るんじゃないの・・・?(汗)

ってドキドキし始めた私。。。

だって申請書には2匹と他にも取れたら・・・って感じの記載があるし。

柄もはっきりわからんし。。。

えー



午前中に撤収しようとしたとき

この茶トラが居たところのすぐ近くに長毛の茶白も見かけたんだけど

赤っぽい首輪をしてて・・・

飼い猫だろうからって安心したんだけど・・・

なんだか予想以上に居る気配・・・



と思って帰りまして。



そしたら9時半に再度捕獲完了の連絡。

回収に行くと・・



これまた私が見てない子が・・・

キジ白のオスで超凶暴!!!

ガオガオすごい。。。





もう・・・

今回はムリだね・・・他の子たち・・・

警戒し過ぎだもん・・・ってことで

捕獲器を渡してその中でご飯を与えてもらって少しずつ捕獲に近づけていく作戦にしようかと。



明日の朝までにターゲット捕まるかなぁ・・・

というか捕獲器足りないじゃんね。



今日4台持って行ったけど

2台捕獲されて今2台残してあるけど

ターゲットはあと3匹居るし。

もっと捕まるかもしれんし・・・



ということで

一発では終わらないと感じて只今ゲッソリしております・・・。



仔猫たちのお世話もあるんで

ずーっと現場で監視するわけにもいかないので

しばらくはこの現場に通う羽目になりそうです(号泣)





************************************

※追記※

この記事をUPして

仔猫たちの本日最終お世話をしていたら

電話が鳴りまして。

もう1匹捕まったんだけど

鳴きまくって近所から苦情が来てしまったから取りに来てほしいってことだったので

23時半に取りに伺いました。



賢い坊ちゃん。

無事に掴まってよかった。。。

でもメス2匹(サビ柄・黒白)がまだ捕まってないです。

明日までにつかまるといいんだけどな・・・

でも捕獲器足りてないか。。。



ってことで捕獲器回収して

23時40分に帰宅して

仔猫たちのお世話の続きして

これから新入りニャンコの募集記事UPします~。



素敵なご縁を掴めますように♪

続きを読む

リリースして移動してワクチン!

色々あったお母さん猫さんをリリースにいって



お母さん!元気で暮らせよ!!とお別れをして

ミルクを買いにいってそのままの足で



パイン&ウェーブ兄弟をミルクボランティアさん宅にお届け。



タイムがメヤニ出てる&クローバーは片目がヘルペスっぽいので

病院にいくときに薬をもらおうことに。

そして帰宅して7匹を連れて病院へ。



はじめてのワクチン。



診察台に上がるまではテンション高く遊びまくってたのに

診察台に上がると尻尾がボン!!!

みんな上手に出来ました♪

来週はウイルス検査をしてきます。



もう疲れがドーっと貯まってたので

帰宅して子猫たちのお世話をしてご飯を食べたら

そのまま爆睡。。。。



2時間位眠れたと思います。。。



ベビーたちのお世話は

神経使うし

現場対応もあるので

なんだかんだ睡眠不足気味で

この寒暖差の激しさもあってか

体力の消耗も激しく。。。



先日肝臓にイイっていう錠剤を譲ってもらったので

飲んでるんですが

効いてるのか効いてないのか

まだわからんです。



明日はウェーブとパインのママの手術です。

ママは大人しくしててくれて助かってます。



ママは美人さんね♪

と~っても美人さん。

明日頑張ろうね。



もう少ししたら

タイムとクローバーのお薬を

預かりさん宅に届けてきます。



6月~8月分のどうぶつ基金のチケットも届いたし

6月のTNRも頑張ります。



続きを読む

魔の月曜日。4腹目入園。

今日は1匹TNRの子の病院搬送をして

帰宅してから子猫たちのお世話を開始。



あーだこーだと

騒がしい離乳期のベビーたちに文句を言われながらも

給食のオバチャン兼掃除のおばちゃんは

文句も言わずに黙々と

チビっ子たちの要求に応えるべく

汗水流して働いておりました。



するとお尻のポケットに入れてあるスマホが

今日はひっきりなしにピンポンだの

ピロロンだのブーブーだのピンポンポン♪だの言って

ん~騒がしい・・・私のお尻が騒がしい!!!



月曜日だもんね。

月曜日だからきっとうるさいのだ。。。



って思って

ゴミを集めてゴミの日だからゴミ捨て場に捨てに行く。



で、帰り道にスマホチェック。



あら。

保健所から。。。



あーーーーーー!



仔猫だと。



ってことでチェックすると

相談者さんのお隣のお家の人が自宅のバルコニーに出ると

バッチリなタイミングで三毛猫さんが顔をひょっこり出してしまった。

それを見た家主さんは猫嫌いなので

水をかけて追い払った。



しかしその三毛猫さんは

実はお母さんで

バルコニーのところで

仔猫を2匹育てていたらしく・・・。



仔猫を引き取った相談者さん。

母猫が子猫を取りに来るかと思い

外に出しておいたけど

お母さん子猫を置いたまま行方不明に。



ということで保健所経由でのCCP受け入れとなりました。



お伺いするとお家は工事中で

この騒がしい工事の中で

野良猫さんなら近づかないかな・・・って思ったんだけど

なんてことない。

なんとこの三毛猫さんや他の猫さんたちも

工事の合間にもリフォーム中のお家の中に侵入し(窓とか開いてるし)

何度も工事の業者さんが猫たちが立ち入りしないように出入りをふさいだりして

対策をしてる位のレベルらしく。



ならば捕獲も出来そうだ。



ってことで子猫はお母さんのお迎えが無かったため

相談者さんが一晩お家の中に入れておいてくださいました。

離乳食を水で薄めたものも与えてくれていたそうです。



仔猫はそこにいますーって言われた中を見ると

小さい子猫が2匹。。。



あらあら。

イケメン♪

雌雄チェックと月齢チェックをしながら

書類に書き込み、引取りに関する誓約書を交わします。

口を見ると歯が生えてきているので3週間位。

耳の立ち方や体重を考えて月齢は判定しますけど

手で持つ感じだと生後3週齢だとちょっと軽い。300gあるかな~って位の体重に感じました。

でも歯が生えてる。

ん~歯が生えてるってことは生後3週齢で良いと考えるけど

推定5月15日頃の生まれとして計算。





2匹ともオスでこちらが受け入れ時すぐの体重288gですが

この後オシッコ出したのでもうチョイ軽くなった。

んで、ウンチもついでに出て来てくれたけど

軽く下痢気味。

多分昨日食べさせてもらった離乳食かな。

消化不良っぽいからしばらくはミルクだけにしておこう。。。







こちらは体重がはっきり測れなかった。

茶白はオットリとマイペースなのに

こちらの子は繊細でございます。

シャーパッパとクチだけは達者。

体重はアバウトだけど290g位ありまして

このあとオシッコさせたからもう少し減ったかな。



生後3週齢だと350g位は欲しいので

がんばっていっぱいミルク飲ませましょう・・・。









茶白の子はパイン君になりました。

松って意味でパイン君。

色々今回も悩んだけど

この現場での保護は初めてだから案外早く名づけが出来た。。

尻尾がクネクネしててちょっぴり残念だけど

性格はかなりのマイペースで

図太いタイプです。

哺乳瓶からもグングン飲めました。







こちらはウェーブ君。

浪って意味ね。

尻尾もピーンとしてイケメン。

でも繊細な面が強いので

オバチャンにはまだ心を開いていません(苦笑)

口だけは達者なお坊ちゃま。

シリンジでなら飲みます。

哺乳瓶はイヤん。。。。





で、行方不明だったお母さんも子猫たちの引取りから2時間後に無事に捕獲完了しまして

我が家に移動してきました。

まだ若いお母さんで

初産だったんだろうね。

現場にはまだ黒系の猫が居るって言われてるので

その子も捕獲出来ればと思って現在捕獲まち。





保健所経由の依頼は

月曜日になると入ってくる傾向があるので

今日も覚悟はしていましたが

2週連続で月曜日入園の兄弟(それもみんな男の子)が来ました。



この2匹についてはミルクボランティアさんに頼もうと思ってます。



スクスク成長して

元気いっぱいになって

医療行為出来るように進むといいなぁ。

多分7月の幸せ探し会にデビューできるかなぁ?と思います。



お母さんも捕獲できたし

ホっとしました。





実は先月中旬に

神奈川県動物保護センターで受け入れをした子猫でパルボが出たそうで

センター引取りのボランティアさんのところでパルボが確認されました。



そのため茅ヶ崎市保健所には

出来るだけセンターに持ち込まないように

依頼主さんに交渉をしてほしい旨を伝えていました。



パルボが出た先は乳飲み子引取りを多くやっている引き出しボランティアさんのところで

センターにもウイルスが残っているハズだし

引き出しボランティアさんはパルボが出たことで引き出しが出来ない状態になっているはずです。



なのでセンター引取りになっても引き出せるボランティアさんが限られてしまうため

出来るだけセンターに持ち込まず

茅ヶ崎の猫たちはCCPで受け入れて

負担を軽減させたいのとパルボへの接触をさせないためにも・・・という思いからです。



パルボはものすごく強いウイルスで

ワクチンを打ってない子猫が感染すると死亡率が非常に高く

あっという間に蔓延してしまう恐ろしいウイルスですので

もしCCPでパルボが出たら

猫の引取りは出来なくなります。

半年はパルボが出たお家に猫は入れられませんし

徹底した消毒をしなければなりません。



だからパルボは本当に怖いですし

平成23年の立ち上げから今迄パルボがCCPで出てないのは奇跡に近いものです。

ウイルスの持ち込みを阻止するためにも

広めないためにも

CCPは茅ヶ崎市内を限定として活動を行っておりますし

センター引取りをしない分、

茅ヶ崎市内の猫がセンターに行く前にそれを阻止出来るために

TNRを進めながら子猫は保護して譲渡という流れを作り

土台作りを進めています。



今日の現場も

仔猫引取り要請だけ受けてもし母猫のTNRをしないままだったら

またお母さん猫は発情して妊娠して出産してしまいます。

そのいたちごっこを防ぐためにも

徹底したTNRをしなければならないと思っています。



お母さん猫さんはとても若く

1才になったばかり位かな・・・って感じ。

若くしてお母さんになったんだろうし

がんばって生きてきたんだろうと思います。

近所で給餌者が居ないそうなので(むしろ猫嫌いがいる)

どこで今まで生きてきたのか不明ですが

確実に給餌者は居るから猫が居るわけで。

この若いお母さんのお母さんはどこかに居るはずだから

この現場も給餌者特定のために動かないといけません。

根本的解決をするには

猫の発生源を突き止めないとダメなのです。。。。



ということで

新入生が2匹入りました。



離乳食と砂の消費が早く

買い出しに追いつきません。

申し訳ありませんが

離乳食と砂のご支援を頂けますと幸いです。

よろしくお願いいたします。





続きを読む

プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR