FC2ブログ

頭脳戦。。。

寺ねこの捕獲に

現場入りしたのが9時半過ぎ頃でした・・・



私が到着すると

キジ三毛ちゃんと

黒白君と

白三毛ちゃんが居て

わーーーーって出てきたんです。



「おはよー!おはよー!」って言いながら

捕獲機を降ろした途端

全員姿を消しました・・・・



でもみんな

お腹がすいているハズ…と思い

捕獲機を設置・・・



すると白茶のオスが

「ハロー!今日は早いねー!ご飯?ご飯?」って・・・(汗)



君は今日は捕まえないの!邪魔しないの!って別皿にご飯を入れて

さっさと撤収してもらおうと思ったら

寺の裏でギャオギャオと喧嘩の声(汗)



それを聞いた白茶君・・・

大慌てで逃げていきました・・・





やっぱり君は・・・・チキンだ(汗)



その喧嘩の声が止まった後の寺は

シーーーーーン・・・



誰もいない。。。



誰も来ない・・・





寂しいから花を撮影・・・



コケコッコーとか

ホーホケキョ!とか

鳥達の声が爽やかに響き渡るだけで

私は何をしに来たんだろうかと思うくらいに

長閑な時間が過ぎていきました・・・





しかし何とか・・・

なんとか苦戦しながらも1名様の身柄確保。。。





⑫のこの子です・・・



やっと1匹・・・



チラホラと顔は出すのに

捕獲機に近寄らない。



給餌管理のボランティアさんが来てないからか

余計に怪しい私を警戒していらっしゃる・・・













その後ボランティアさんが来てくれていざ捕獲・・・

となったんだけどやっぱり捕獲器に近づいてくれない(汗)



全員移動出来るので

捕獲した子たちは一度ケージに入れなおしてもらうため

追加でケージを取りに私は一度撤収。



その間に何とか・・・また1名様の身柄確保。。。





⑬のこの子です・・・



その後、、、全然捕まらない。。。

お腹が究極にすいているという感じも見受けられず

なんだか涼しい顔してこっちの動きを見てる子もいれば

顔を出して私を見て「やべぇ!」って逃げて

また少し時間が経過してからひょっこり顔をだして

「もうアイツ居なくなったかなぁ?」って確認しにきて

「まだ居た!」って逃げていく子・・・(汗)









この子は捕獲器に入るけど

手前の誘導食だけを食べてお腹が満たされてしまった(汗)

明日はフック式でやるしかない(汗)





そしてとうとう出会えました・・・

新顔と言われていた子・・・。

多分朝に喧嘩してたのはこの子だろうなぁ。

君は5日に捕獲するから今日は来ないでね・・・





ボランティアさん、連日の疲れもあり

途中で撤収してもらって

先に捕獲できた2匹と共に追加のケージを持って帰ってもらいました・・・。





そして寺には私1人・・・

猫は居ない・・・



と思ったら。

ヒョッコリ出てきた知らない子・・・



キジ白のオスです・・・

どっから来たのか知らないけれども

捕獲機に入ろうとして邪魔をする(汗)



君も5日に捕獲するから・・・今日は帰りなさい!って言っても全然ダメ。



私は17時から別現場の捕獲作業があったので

ギリギリまで捕獲を試みましたが

彼らの警戒心はハンパない。



いつもならスリスリ全員で喜んでご飯を食べる時間でも

茶虎のメスの子なんて

現場の空気を感じたのか

あ・・・・って私と目が合ったとたんにUターンして山に消えていきました(汗)



怪我をしたキジ三毛ちゃんも

出てきたけど

なんだか警戒してダメ・・・



18時過ぎまで粘りましたが

全然ダメでした・・・



これじゃ全員搬送は厳しいなぁ・・・と思ったので

ギリギリまで捕獲できるように

犬猫みなしご救援隊さんには3日に搬送する旨を伝えたので

2日までなんとか頑張って捕獲作業をして

出来る限りの子たちを搬送したいと思っています。







また明日頑張ります(汗)

スポンサーサイト



続きを読む

新たな1年に向けて。

昨日3月26日は平成29年度最後の保健所との定例会でした。



協働事業としてTNRをした子は

メス173匹(うち、耳カットのみ11匹)、オス154匹(うち、耳カットのみ3匹)の合計327匹。

協働事業対象外としてもTNRをしている現場もあるので

2017年4月1日から2018年3月31日までの間に3匹TNRしてるので

これを合わせると330匹の猫たちにTNRを実施することが出来ました・・・(汗)



年間平均150匹前後のTNRをしてきたので

2年分のTNRが出来たことになります・・・



この327匹の猫たちのうち、

皆様からのご支援によりTNRができた猫さんは

メスが44匹、オスが41匹の合計81匹にもなります。

茅ヶ崎猫たちのTNRのために

沢山の方々からご支援を賜り

81匹の猫たちが予算が無い中でもTNRを実施することができ、

このメス44匹のTNRが万が一来年度予算が入ってから・・・と後回しにしていたら

単純計算で44匹が4匹出産するとして=176匹・・・

大体180匹の子猫が生まれてしまうのを食い止めることが出来たことになります。。。



本当にありがとうございます!



改めて予算が足りずに皆様からお預かりした資金でTNRできた猫たちの詳細については

CCPブログでUPしますが

沢山の方々のご支援により不幸の連鎖を食い止めることが出来たこと、

心から感謝申し上げます!



そしてその現場に対して

コツコツと現場調査をして大量のポスティングに走り

汗を流してくださった保健所職員さん・・・



ありがたいことに平成30年度も人事異動なく

今年度と同じ職員さんが担当してくれることになったので

引継ぎをする必要もなく

新たな年度に向けての調整に入ることが出来ました。



平成30年度のTNR予算について

ちょっぴり増額していただくことも出来たので

平成30年度のTNRは皆さまからのご支援に頼らず

予算内でのTNRが出来ると思いますし

引き続きご自身で費用ねん出が出来る現場については

出来る限りご自身で費用を出していただき

TNRをすすめようと思っております。



もうね、早速4月からのTNR実施予定の現場も調整して

やり残している現場や

取り残しのある現場の対応をする予定。。。



そして何よりも県もやっと・・・一歩・・・・前に進んでくれた様子もありまして

やっと未着手だったところに堂々と立ち入りできるようになりそうな気配です。



法律が邪魔をして?うまくスムーズに進むことは難しいですが

抗議のメールが功を奏したのか

やっと動き始めてくれました。。。。



また保健所の担当課が平成29年度は茅ヶ崎市保健所環境衛生課だったんですが

食品とひとくくりの部署になるそうで衛生課という短い名前に変更になるそうです。



衛生課になっても特に何が変わるってわけじゃないですし

直通電話も変わらないので

今迄通り、飼い主不明猫の相談については

0467-38-3317に電話してくださいね!!!!





保健所との定例会が終わって帰宅して

早速1軒CCP宛に相談が入ったので

すぐに保健所に内容を送って

調査してもらうことになったのと、

継続案件の中で

大至急調査をしてもらいたい現場があるので

そこもすぐに保健所職員さんたちが調査に出てくれることになりました。



タイムリミットが迫っている4月。

妊娠猫たちが続出する時期で

1週間の遅れが現場対応を大きく左右することになるので

1日も無駄にできません・・・。



なので急いで現場調査が必要になります・・・



早速調査に出てくれる保健所職員さん。

CCPとの連携がうまく出来て

すぐ動いてくれるので

本当に助かります。





平成29年度はムリに無理を重ねた状態での協働事業でしたが

平成30年度はムリをしないように頑張りながらの協働事業をして

平成29年度以上に内容の濃い事業が出来ればと思っています。





色々な事がまた

新たに始まるわけですが

平成30年度最初の現場は

4月5日からの立ち入りです。





それまでの間に

犬猫みなしご救援隊さんに搬送する子たちの捕獲作業や搬送を行って

出来る限りのことを年度内に対応しようと思っています。



でも無理をしない。

無理をしないで出来ることを精一杯ガンバル。

そういう一年に出来るように

頑張ろうと思っています。



そんなやる気の整理を出来た一日だったんですが

花粉にやられて

テンションは低めな私・・・

なのにムアちゃん・・・なんだか最近面白いんです。





夜ご飯をあげに保護猫部屋に入り

トイレ掃除をしていたら

ムアちゃん・・・何だか変な格好したまま動きません。。。

何してんの???って聞いても動かない。



変だなぁと思ったら。









「爪引っかかった!動けないのよ!何とかしなさいよ!」



って上から目線で何か文句言いたげな顔。。。



猫パンチされるから

手を近づけたくないのに

爪にタオルが引っかかって動けないから

さっさとどうにかしろって目で訴えられるので

恐々とタオルを上に引っ張ってみる・・・



案の定シャーと言う・・・

そして反対側の手で猫パンチしようとするんだけど

片側が引っかかってるから

猫パンチが届かない。



なんとか引っかかった爪を外して

ホっとしたら

ムアちゃんムスっとして私に言う・・・



「早く出せ・・・」と。





何を出せって言うのかって?





もちろん。

ご飯。。。。







今、セリがお薬飲んでて

飲ませる時の水だと上手に飲んでくれないので

モンプチのスープを支援物資でいただいてたので

それをシリンジに入れて錠剤ゴックンしてもらってるんです。

そのスープに入ってる具をみんなで分け合ってるんだけど

ムアちゃんも漏れなく欲しいと言いまして

今、夜ごはんはご褒美ごはん状態になっております。



だからご機嫌も宜しく・・

すぐにこたつの上から降りてきてモリモリ食べる。

無我夢中で食べる。



もう今触っても猫パンチなんて来ないんじゃないだろうかと思うくらいに

モリモリ食べる・・・



で・・・

さっきもセリの投薬が終わり

みんなのお皿にはカリカリの上に具が乗ったものを贈呈。



ムアちゃんにも・・・って思ってお皿を持ったら

待ちきれなかったムアちゃん・・

こたつから降りてスタンバイしちゃってる(汗)





そこにいたらお皿置けないじゃん・・・



どうしよう・・・



やってみるか・・・・

ものは試しだ!って思って

ネコパンチされるのを覚悟して

どうぞと贈呈すると・・・







私が持ってるのに・・・

私がお皿を持ってるのに

モリモリ食べた!



猫パンチなんて無い!!!!



さっさと出せ!さっさと置け!じゃなく

もう頭の中はモンプチの具でいっぱい(笑)



保護して4か月・・・

やっとこの距離まで近づくことが許可されました(号泣)







でも安心してください。



食後には

パーソナルスペースは復活しておりますので

漏れなく20cm以内に近づけば

ネコパンチ。。。。





かわいい・・・・(笑)



なんて素直な子なんだろう(笑)





そんな可愛いムアちゃんとの時間も

残り1週間位です・・・。



犬猫みなしご救援隊さんに出発するまでのカウントダウンが

はじまっております。



あっちにいったら

いっぱい走り回って

いっぱい爪とぎしまくって

いっぱい美味しいご飯食べさせてもらって

仲良しのお友達を作って

のんびり毎日過ごしてもらいたいな~



この狭い2段ケージともオサラバだよ!

あと少ししか一緒に居られないのは寂しいんだけど

残りの1週間、ウチで出来る限りの楽しい事一緒にしようね!!

続きを読む

寺ねこたち。~お願いごと~

寺ねこたちの給餌管理のボランティアさんに

ケージを貸し出しにいくため

お寺で合流しました。



で、寺に行くために右折しようとしたら視線を感じる・・・





あれ?

白茶の坊や(未去勢)がこんなところに・・・?

って思ってよくみると顔が違う。

なんだかやる気のない顔・・・

新顔かなぁ・・・

イヤだなぁ・・・

あんまり元気じゃないっぽい顔だけど

オスなのかメスなのかもわからない・・・

かといって降りてみるには車を止める場所が悪いため

しょうがないから右折して・・・



今度は右手を見ると

黒い猫。





あれ???

君はあの人馴れ抜群の会社で飼われてる猫さん・・・?

ずいぶん顔が変わったねぇ・・・

耳カットもあるしあの子なのは確定なんだけどもっと腰回りがモッチリしてたような・・・

まぁ黒猫なので遠目ではちゃんと確認出来ないのはわかってるんですが

なんとなく表情が変わってます。

流れのオスがきてるからピリピリしてるのかな?







現場についたら

給餌管理のボランティアさんが既にみんなにご飯をあげおわって

みんなマッタリとそれぞれがお腹を休めていました。





暖かくなって

過ごしやすい日が続いてるので

猫たちも穏やかな感じ。





お腹いっぱいだからあとはネンネする感じだね~♪



でもその中でひときわ目立つ彼が・・・



相変わらずメスが発情するのを待ってるようです(苦笑)

誰もこの現場の子たちは発情しないんだけど・・・

モテない男の子なので

ひたすら待ち続ける・・・

そしてご飯も貰っちゃうチャッカリした坊やです。

この子は4月になったらTNRを実施する予定です。

さっさとタマタマとって

元の場所に戻りなさいねー。

この子は山を越えたところでもご飯もらってるらしく

一日の移動距離は相当なモノです・・・

それでも毎日欠かさずメスが発情するのを待つために

はるばるここまで来てご飯もちゃっかりもらって

綺麗な水を飲んでいきます。







最近グレー×白のオスが来るようになったそうで

そのオスに襲われたTNR済みのキジ三毛ちゃんが怪我をしてしまいました。

そのグレー×白のオスも捕獲出来る状態であればTNRをしようと思っています。









この子、私とボランティアさんが話をしてる間に

ついてきて「ねぇねぇ、本当はもっと美味しいご飯持ってるよねぇ?それはどこにあるのかな?」って。

カリカリだけもらってちょっと満足できなかったようです(笑)



で、もらえないとわかると

嫌がらせなのか私の車にスプレーしようとしたから

「こらー!それだけは絶対許さん!」ってことであっちにいってなさいと言ったら

ションボリしながら戻っていきました。



この現場の子たちは

今の時期発情したオスがひっきりなしに流れて来ています。

ここにメスが居ることを把握しているオスなんだろうなと。

でもここのメスたちは一切発情しません。

TNRしたから。

だからメスに対して攻撃しちゃうんです。

怪我をする猫も出てるので

一日も早く犬猫みなしご救援隊さんに移動させてあげたい・・・

ここにいるTNRしたオスたちは

気の弱いタイプの子たちばかりで

女子はかなり強気ですが

それでもやっぱり大柄のオスに襲われたら大怪我をします。



白茶君は気が弱い子なので

メスを襲うという事はありませんが

外部から流れてくるオスはパワーもあり

エラの張り方も尋常じゃない。





早くここからレスキューをしてあげたいです。

犬猫みなしご救援隊さんへの搬送日は4月2日か3日で調整中。

なのでそれまでになんとか・・・1匹でも多くの猫たちの移動費用をご支援いただけませんでしょうか。

3月26日現在23万円程のご支援を頂いているという事でしたので

あと3万程集まれば5匹の移動が出来ます!

現場には9匹の猫たちがいますので

1日も早く費用を集めてこの現場の猫たちをゼロにしなければなりません。

どうかお力添えをお願いいたします!



【横浜銀行】 

大和支店 普通  6083768

イソカワトモカ



【ゆうちょ銀行】

店番098 普通 3297611

イソカワトモカ






現場の状況や進捗等はツイッターで報告されていますので

ご確認をお願いいたします。



また、現場のボランティアさんは個人で現場の子たちのお世話をしているため

大量のフードや現場から保護した子たちの砂等も募集されていますので

ボランティアさんが掲載している欲しいものリストからのご支援もご協力頂けますと幸いです。





続きを読む

卒業式。。。

今日は息子ちゃんの卒業式でした。



生憎の雨になってしまいました。

いままで運動会も何もかも雨の日は無かったのですが

まさかの卒業式で雨って言う運の悪さ。。。

更に寒いし(汗)



でも無事に卒業式も終わり

色々ありましたが6年間の小学校生活が終わりました。



4月からは中学生。

なんだか本当にアッと言う間なんですね・・・



ついこの間、幼稚園卒業したばっかりだったのに

もう小学校生活の6年間が終わったのか・・・と思うと

月日が過ぎていくのがあっという間すぎて

驚きまくりです・・・



我が家の楓斗を保護したことでCCPを立ち上げたのが平成23年。

楓斗は平成22年生まれです。

今は平成30年。

CCPは今年の6月で8歳の誕生日を迎えます。

この怒涛の7年間。

本当に色々な事がありすぎて

脳内処理が出来ない感じですが

一区切りついた息子の小学校生活。

なんだか色々な意味で

ホっとしました・・・・・・・・・。







卒業式のお祝いなので

保護猫たちにもお祝い(笑)

ムアちゃん、最近はウェットが気に入ってるので

少しおすそ分け。

ご支援でいただいていたロイカナのパウチを贈呈。

モリモリ食べました!





サワも大喜び♪

カルカンパウチとは違う味で

最初はちょっぴり警戒したんですが

ウマウマ!と食べました♪







ゼクスもモリモリ♪

やっぱり味が違うのが分かるんですよね。

いつもとは食べ方が違いました(笑)





セリちゃんなんて

いつもと匂いも味もちがうから

「お薬はいってる?」って誤解して

最初は警戒しました。

でも何も入ってないってわかったら

ウマウマ食べました。



保護猫部屋のみんなで卒業祝い。



もちろん息子ちゃんもおじーちゃんおばーちゃんにお祝いしてもらって焼肉食べに連れて行ってもらいました。





ウチの猫たちだけは

いつも通りのご飯。



ウチの子たちは

楓斗はウェット好きじゃないし

ヘチマさんはウェット食べると下痢するので

ご飯はいつもの以外は与えません(苦笑)



だから誕生日とかも

とくにお祝いもせず(苦笑)

いつものご飯をいつものように・・・・





次は中学校の入学式がありますが

なんとか3月の一番の我が家のイベントが終わり

少し肩の力が抜けました。



実は16日の朝から

また耳の調子が良くなくて

19日に耳鼻科にいって

再発を確認しまして

低音障害型感音難聴再発って事でございます。



まぁストレスに弱い病弱人間なのだと改めて実感しているわけですが

ゲロマズなお薬を飲めば治る病気なので

またお薬が追加されたって感じです。。。



でもすぐ病院にいってお薬を処方してもらえる環境にあるので

前回の再発時ほど治療に時間はかからないかなと思っています。



22日からは今年度最後のTNR現場入り。

今日の保健所からの報告では

申請は最初1匹のメスだったんだけど

2匹居るようだ・・・って事でした。

あららら。

妊娠してなければいいんだけど・・・・



ってことで

依頼主さんにも費用の面でのお話をしてありますので

なんとか・・・少しでも負担してもらって2匹の手術が出来ればと思っています。



新年度早々のTNRは

多分息子ちゃんの入学式が終わった後からになるので

4月5日以降になると思いますが

それまでの間

体調を整えながら

そしてムアママたちをみなしごさんに連れて行って

体のメンテナンスをしながら

無理をしないように頑張って

また新年度を迎えられればと思っています。





寒暖差の激しい日が続いてて

色々と人間もしんどい時期が続いていますが

年度末は色々な事がおこり

環境の変化も激しく

ストレスが溜まりやすい時期です。



猫たちにとってもそれは同じで

飼い主さんのライフスタイルの変化が発生することで

猫たちも環境の変化に耐えなければならない季節でもあります。



なので猫も飼い主さんも

体のメンテナンスをしながら

新しい季節に向かってのスタートが出来ればと願っております。



CCPも毎年春生まれの子猫たちの受け入れが始まるのが5月です。

4月はこの数年子猫受け入れは無く5月から突然ドドドドっと始まる子猫受け入れシーズンが始まります。

3月までの間は大抵毎年成猫保護要請。

5月から突然始まる子猫シーズン。



だから4月はTNRラストチャンス。

産まれるか生まれないかのギリギリのラインの子たちのTNRになります。



なのでリスクの高い現場入りが始まるのですが

無理のない範囲で

頑張りすぎないように頑張る新年度になるように

調整をしながら対応を出来ればと思っています。



3月になってあちこちで卒業式が始まって

新たな旅立ちの瞬間を目撃することが多くなってきました。



4月からの新たな生活が

とても素晴らしいものになりますように心から願っております。



そして今まで我が家の息子を支えてくださった沢山の方々に

改めて心から感謝申し上げるとともに

支えてくださった皆様に恩返しが出来るくらい

少しでも息子が立派な大人に成長できるように

私自身も成長していこうと改めて感じました。



子供は勝手に成長できないですもんね。

その成長の妨げになるような親にならぬよう、

私自身が成長しなければと思った次第です。

親の背を見て子は育つってヤツですもんね・・・

その背を見てもらえるように

私もしっかりせねばと思いますし

息子の成長の邪魔をしない人間に私が成長しないと・・・(苦笑)



息子ちゃん。。。卒業おめでとう。。。。

そして支えてくださっている多くの皆様に

ありがとうの気持ちを込めて・・・。







続きを読む

ちょっとだけ・・・ホっとした。。。

この一週間、色々な事が起こりすぎて

ちょっとオーバーヒート状態で

精神的に参っていました。



それじゃなくても

自己管理が成ってなくて

体調も悪くて

色々自分の情けなさに

かなり凹んでました。。。



でも

今日ちょっと嬉しい事もありました。



トライアルに出ているゴン太君の様子が届きまして。



正直、ホっとしました・・・



新しいお家の生活に

もう慣れてきたようで

お母さんと一緒に遊んだりもできて・・・



ご飯もモリモリ食べるようになったそうです♪

あんなに我が家では

あーだこーだ言って食べなかったのに。。。





お家の中も冒険したりして

かなりくつろいで生活させてもらえているようです。





我が家に来てハンストを続けていた間は

本当にどうしたらよいのか

私はいっぱいいっぱいになってしまって

白ちゃんの件もあり

キャパオーバーに。



精神的にも追いつめられてしまって

正しい判断も出来なくなり

自分の事しか考えられなくなっていた状態でした。



ゴン太君が

新しいお家で見せている

穏やかな表情を見て

ホっとしました・・・



丁度今日手術の子が堕胎になって

あと少しで生まれる状態だったことも

ショック極まりなくて

あぁ・・・またこうして命を奪ってしまった…という悲しみ・悔しさ・・・。

不幸の連鎖を断ち切るための手術とは言っても

結局お腹の中の命を奪っている現実に

悔しくて、苦しくて、

自分の無力さに

正直耐えられなくなりました。



見るものすべてがグレーに見えて

感情も失いそうでした・・・。





それでもダイヤとモリオンが正式譲渡になったりして

うれしい涙も流れました。



でも、その反対側では

大きく不安定になる要素があって

捕獲機の中に入っている黒猫さんの存在。



幸せになれた喜びと同時に

正反対の事をしている自分の矛盾。





何を必死に頑張っているんだろう。

なんでこんなに必死になっているんだろう。



その問いかけに

上手く答えを出せず

物凄く考え込んでしまって

なかなか寝付けなくて。





救いたい思い。

救えない現実。

助けたい命いを助けられない現実。



自分が置かれている状況に

どうしたらいいのか

答えを見つけられないまま

ひたすらに前に進むしかできなくて。





今日白ちゃんをトライアル先に搬送してる間も

色々な事を考えてしまいそうで怖かったので

超安全運転しそうなトラックの後ろについて

超安全運転。



普段の私ならあり得ないくらい

慎重に走りました。



色々な事を考えすぎて

頭がパンク状態になってるから

余計に・・・

心配と不安と恐怖と現実を受け止められるような精神状態にないのは明確で。



22日に茶白ちゃんを捕獲をする予定だった現場の依頼主さんから

茶白ちゃんが怖がってしまってご飯だけしか食べに来なくなってしまったということで

しばらくはTNRしないで様子を見たいという相談が保健所に入り

それと同時に新規案件で三毛猫さんのTNR相談が入ったので

茶白ちゃんは後回しにして

三毛猫さんのTNRをその日に入れることにして

今年度のTNRは終了とすることにしました。



予算ももうメス1匹TNR出来るかできないかの状態ですし

私自身も一度体と心のバランスを整えないと

大きな過ちをまた繰り返しそうな状態になっているためです。



年度末なので

ここでまた無理をすると

新年度からボロボロの状態で現場入りが始まり

また冷静な判断も出来なくなってしまいそうな感じなので

ちょっぴり休憩をしながら

保護猫たちの事を第一に考えて

現場の事は少し頭から引き離して

今時分に出来ることを

調整しながらやっていこうと思います。



頑張るにも限界はありますし

無理をし過ぎて頑張ることで

正しい判断が出来なくなって

命を救えなくなるような状態になっては意味が無い。



結局全部の事が中途半端になったら

多分、救えたはずの命も救えなくなる。

守らなきゃいけない者も守れなくなる。



そう教えてもらえた気がします。



いつも暴走してしまう癖があり

スタッフの皆さんには

迷惑をかけてばかり。



こんな人間が

代表として居てもいいのだろうか。

他の人にすべてを託したほうが

もっとしっかりとした団体に慣れるんじゃないだろうか。



でも、私と同じ志を持って

引き継いでくれる人は居るんだろうか。



今迄作ってきた土台を

壊すのは簡単だけど

作り直すのはとんでもなく時間がかかります。



CCPを立ち上げてから

7年になります。

この7年、必死に土台を作ってきました。



その7年という月日をかけて作ってきた土台を

壊すのは

数秒で壊すことが出来るんですよね。



この土台を更に頑丈なモノにして

その土台の上にきちんとした上物を作るために

この先私はどうやって動いていけばいいのか。



改めて考える時期になったんだろうと思います。





私にとって

幸せに成って卒業した子たちの姿が

励みです。



ボロボロだった子たちが

元気になっていく姿を見るのも励みです。



TNRした子たちが

現場でまた会えて

ふっくらした姿でノンビリしているのを見ることが出来るのも

本当にうれしい事です。



糞尿被害が改善されて

猫嫌いだった人たちが

猫はカワイイね、なんであんなに嫌ってたんだろうって言われたときも嬉しいです。



100の苦しみがあってもその中で1つの喜びがあれば

100の苦しみがすっかり忘れられる位の

大きな宝物になっています。



そんな状態の時の

ゴン太君の近況に

正直嬉しい涙がボロボロ出ました。



ゴン太君の元親さんに

ゴン太君がどうなったか、今こんな風に頑張ってるよって

伝えたいし

引っ越し前までに

ゴン太君の元親さんに

良い形でご報告させていただきたいなって思っています。



白ちゃんについても

白ちゃんを保護するために

一生懸命頑張ってくださった方々に

喜んでもらえる結果をご報告したいし

タプちゃんについても

タプちゃんが今以上に幸せに成れる環境に卒業出来れば

それが一番うれしい事です。



シニア猫の遺棄や置き去りが増える時期がやはりこの年明けから4月までの3カ月位の間です。

毎年そうです。



シニア猫たちの取り扱いについては

これから先どんどん難しい状態が増えてくると思います。



この先CCPがしっかり自立できるようになるには

私がしっかりしないといけないと改めて感じましたし

冷静な判断が出来ない状況になるほど

自分を追い込まないようにしなければと思っています。



まだまだ未熟な私に

しっかり伝えてくれるメンバーの皆さんと

保護猫たちのために一生懸命頑張ってくださる預かりさん、

そして幸せ探し会の日に肉体労働して頑張ってくださるボランティアさん、

会場提供してくださるハスキーズギャラリーのオーナー様、

猫たちのために一生懸命向き合って

協力してくださる協力獣医さん、

そして物資や資金面でご支援くださる皆様のお蔭で

CCPが7年もの活動を続けられていることを改めて感謝するとともに

私自身、もう少し自分自身を見つめなおし

自分へのブレーキの掛け方を上手に出来るように

頑張りすぎない事を頑張ろうと思います。



ムアママのみなしご救援隊搬送が終わったら

ちょっぴりメンテナンスをして

他の子たちの事についても

現場対応についても

少し整理させていただく時間を頂戴するかもしれません。



頭が悪くて要領も悪い代表でごめんなさい。

もっと自分自身がしっかり自分の足で立てる位にしっかりしたいと思っています。

続きを読む

辛い季節。。。

今日は16日手術の子の捕獲がありました。

急ぎの案件だったのですが

イヤな予感がしたので

通常なら15日捕獲なのを14日捕獲にしました。

12日の視察時、給餌者さんに13日まではご飯を与えていいけど

14日の朝ご飯からは給餌停止しておいてくださいって言っておいたんだけど

朝捕獲器設置にいったら

予想通り餌が出ていました。



捕まらないかも・・・

そう思いながらも捕獲器を設置したんですが

臨月の猫さんは常に空腹。

無事に捕獲が出来て一安心・・・

でもそのお腹を見て・・

ため息。。。







何時生まれてもおかしくないくらいに大きくなったお腹。



16日は病院にお迎えにいったら

白峰寺に直行になりそうだなぁ・・・



また白峰寺にいくのかぁ・・・

堕胎胎児の合同火葬搬送程

悲しいもんは無い・・・



もっと、もっと早く相談してくれっていつも思う・・・



お腹大きくなってから焦って相談されると

堕胎ってことになる。



若しくは産まれちゃったわ!ってなってさ・・・



堕胎された胎児はかならず確認して

匹数や柄等を見ています。

母猫以外の存在を把握したいので。

それと彼らをこの世に誕生させられなかったことを

申し訳ないと思うので

あえて目をそらさず現実を見るために

胎児たちを確認します。。。



生まれるはずだった子供たち。



殺処分ゼロって掲げている神奈川県。

でも現実はこれです。



堕胎数はカウントされることはありません。



堕胎された胎児は殺処分されたのと同じ事。



殺処分ゼロを掲げるなら

TNRの重要性をもっと市民に伝えてほしい。

そして室内外自由飼育禁止にしてほしい。

飼い猫は家の中だけで飼いましょうって条例にしてほしい。

努力義務じゃなく

義務にしてほしい。



飼い主の責任としての義務化をしてほしい。



去勢・避妊手術も必須にしてほしい。



茅ケ崎市は「きれいなちがさき条例」ってもんがある。



でもそれの殆どは

糞尿被害の場合は犬が該当していて

猫は該当していないに等しい。



~きれいなちがさき条例~

(愛玩動物の適正管理等)

第7条 何人も、その飼育し、又は管理する犬、猫その他の愛玩動物が他人に危害を加え、又は迷惑を及ぼさないよう適正に管理しなければならない。

2 何人も、その飼育し、又は管理する犬が公共の場所等でふんをしたときは、そのふんを投棄し、又は放置してはならない。

(罰則)

第22条 次の各号のいずれかに該当する者は、50,000円以下の罰金に処する





ってことで5万円以下の罰則になっています。

が、実際に罰則を受けた人は居ません。



警察と同じなんです。

被害があってもその現場を押さえないとダメなのです。



だから、監視してるわけにはいかないので

実際に被害があっても

被害者は泣き寝入りするしかない。

変なパネル掲げても

全く意味が無い。



だから罪の意識も無い。



被害者だけが

被害を受け続けるだけになる。



現行犯以外取り締まれないのは

条例がいくらあっても

意味が無い。



罪の意識は無い。



猫たちの遺棄だってそう。

現行犯じゃないと動物愛護法違反で対応出来ない。



証拠が出れば良いけれども

証拠が無ければ手を出せない。罰せられることは無い。



無法地帯なんだよね。



県も市も国も

被害者が泣き寝入りするのを黙認して

犯罪者が笑って犯罪を犯しても

何もしてくれない。

被害者は弱いもの。

弱いものは

誰にも守ってもらえない。







この黒猫さんは

通常より1泊多くお泊りになるので

手術までの間に出産してしまったらどうしようかとドキドキしています・・・

無事に手術ができるのか・・・

産まれてしまうのか・・・



TNRをやってる団体さんの中で「捕獲器の中で出産してしまった!」っていう事例を

何度も見ている。

全国的にある事です・・・



特に今の時期は

本当にタイムリミットが迫っているので

妊娠猫率は1日1日、どんどんUPしていく・・・



ただ、もう妊娠猫をTNRする費用は残っていないので

次は22日から入る1件で今年度のTNRは終了となります。



次に現場に入るのは4月。

2週間近くTNRが出来ない状態になるので

その間にバンバン産まれてしまうんだろうな・・・



でも生まれたなら生まれたで

その命が無事に生きられる環境を整えてやりたい。



そしてお母さん猫が少しでも負担が減るように・・・





頑張ろう。

頑張るしかないのだ。。。

続きを読む

貴方はだ~れ?

今日は朝からT地区の現場で捕獲作業をしていました。

11時までに4匹捕獲が出来て

ユニちゃんの正式譲渡の為

捕獲できた子を一度自宅に連れて帰り

ユニちゃんのお家に貸し出ししていたケージ等が入るスペースを確保して

ユニちゃんのお家に正式譲渡にいっていました。

正式譲渡が終わって

ケージ等を一度降ろしに自宅に戻ると

また・・・餌入りの捕獲器開けたまま出してたようで・・・

バタバタしてると

ダメですね・・・

うっかり閉め忘れ捕獲器(汗)



で、その中に1匹のニャンコ(汗)



あれれ。ムギワラさんだ・・・

近くのお家の子が入っちゃったかな???

って思ってよーくみると・・・





全然知らないムギワラ猫さんでした・・・

ご近所のムギワラさんは

超ぽっちゃり猫さんなんで・・・

こんなガリガリじゃないし・・・







よく見ると右の上下犬歯が無い・・・

舌がしまえない状態でした。

上手くかみ合わせが出来ない状態。。。





どうしたもんだかなぁ・・・と思って

ひとまず捕獲器の中に入っててもらい

現場に戻って無事に予定していた匹数の捕獲が完了して帰宅し

改めてこの子の状態を見たんですが

目元の陥没もある(脱水状態)、

栄養状態は非常に悪い

麻酔に耐えられるような状態では無いと判断し

腹部を触診して万が一手術跡が触れたらリリースしようと思いました。

そしたらちゃんと手術跡が触れたので

手術済みの子と判定し

リリースしました。



本来なら耳カットしてからリリースしますが

こんなに状態の良くない子に麻酔をかけるリスクのほうが危険なので



体中の脂肪分が無い状態なので

体温を保つことも出来ないし

この先そう長く生きられないと思われます。



シャーって言って怒ってたので

保護することも出来ないですし

リリースするしかありません。



この子にとって

捕獲機の中のご飯は

最後のご飯にならなきゃいいですが・・

一度も見たことが無い子なので

どこから来たのかも分からないし

どこでお世話されてるのかもわからない。



この栄養状態だと

そう長くは生きられない。



でも何もしてあげられることは無い・・・・

走って消えていくこの子に

「頑張れ・・・」と言って見送るしかできませんでした。





今の時期、引っ越しシーズン真っ只中。

置き去り猫さんも増える時期です。



捨てられたり置き去りにされたりした猫さんは

自力で餌を得られません。

完全室内飼養されていた猫さんは余計にご飯を得られません。

野良猫なら餌場を知っていますし、

何件も餌を貰えるお家を知ってる子の方が多いので

こっちの餌場がダメならあっちの餌場にいけばいいや・・・って動けるんですが

飼い猫さんだった猫や1か所でしか餌を得られてない猫さんの場合は

餓死するか、空腹に耐えられずうごきまくって他の野良猫の縄張りに入り込み

追い払われて交通事故にあって死ぬか・・・

人馴れしている子なら

人間に自分から声をかけて「お腹すいたんです、ご飯ください」って言えるんですが

大抵の猫さんは恐怖のあまりその場から動けず

そのまま衰弱死してしまう子の方が多いのです。



だから遺棄された猫さんの多くは餓死や交通事故死です。



誰かに面倒見てもらえよ!あばよー!って捨てる側は気楽なモンかもしれないですが

捨てられた側は・・・ほぼ死しかありません。



ゴン太君のように

もし「捨てる」という選択肢を飼い主が選んだ場合

「悲惨な死に方」しかないのです。



引っ越しシーズン真っ只中。

猫たちは発情シーズン真っ只中。

メスを求めて彷徨うオスもいれば

オスを求めて彷徨うメスもいます。

それぞれの縄張りの中に突然放り込まれる飼い猫は

追い払われて死ぬしかない。



それが現実です。



どうか遺棄しないでください。

どうか置き去りにしないでください。



きっと誰かが助けてくれるだろうなんて

甘い考えを持たないでください。



あなたが置き去りにした命、

あなたが捨てた命は

誰かに救われることなく

命尽きている。



それが現実です。





今回のこの子はどういう経緯で我が家に来たのかわかりません。



でも残された時間はわずかだろうと思います。

捨てられたのかも分からないし

野良猫として生きてきたのかもしれません。



でも手術跡がある以上

誰かにお世話をしてもらっていた子なのは確かです。



我が家に来ても

何もしてあげられなくてごめんね。

どうかこの子が

苦しい思いをしないで済みますように(祈)



続きを読む

危機一髪!

今日手術だった子はオス6匹のメス2匹、合計8匹でした。



今朝までにオス2匹、メス1匹の捕獲が出来たので。。。





妊娠猫がふえる時期という事で

妊娠の事ばっかり考えていたんですが

今日は妊娠じゃなく

命のかかわる大きな病気を持った子が

危機一髪・・・無事に手術が出来て良かった・・・





それは子宮蓄膿症。



今回の子は膣から既に膿が出ている状態だったそうで

先生に写真見せてもらって

子宮の状態も確認できました。。。



運よく膣から膿が出続けていたから

子宮破裂に成らなくて済んだものの

それでも体の中に毒素が充満してる状態・・・

もしTNRが出来ずにいたら

この子はきっと命が無かったと思います。



現場にいる状態を見る限り

特に具合が悪そうな感じは無かったんですが

(食欲があったから捕獲器に入ったんだし)

捕獲のタイミングが3月下旬とかになってたら

この子はもう命が無かったかもしれないです・・・







猫の子宮蓄膿症については色々なサイトで情報が掲載されていますが

子宮破裂になればあっという間に死亡します。

この子の場合は膣から膿が出てたから

まだよかった・・・

もし膿が出ないで溜まっていくばかりだと

破裂して死亡です。



避妊手術をしていれば防げる病気。

それが子宮蓄膿症。



外猫さんは今の時期発情期で

メスもオスもワォワォ鳴きまくってますが

発情期のメスは子宮の頚部が緩んで細菌感染しやすい状態になっているそうです。

何でかって言うと妊娠しやすい状態になってるので免疫力が弱くなっているんだとか。



オスを受け入れやすい状態になっていると思っていただければわかるかな??



そこにバイキンが入ってしまうと

どんどんバイキンが増殖し

あっという間に子宮の中はバイキンだらけになってしまいます。



妊娠猫にばかり気を取られていましたが

そうか・・・今は子宮蓄膿症率も高くなるのか・・・と改めて

怖さを感じております。



発情期=妊娠猫UPと共に子宮蓄膿症率UPって事を頭に入れて

改めて現場入りをしたいと思っております・・・。



給餌者さんにはお薬を渡すことになりますが

上手く食べてくれるのかどうか・・・



外猫さんの管理は

本当に大変なのです・・・



だからこそTNRをして

これ以上外猫さを増やさないようにして

更に完全室内飼育の徹底をしないと。。。。



辛い思いをする子を減らすためには

避妊去勢手術と完全室内飼養。それに限ります。。。



いやはや・・・



大雨の中の捕獲に成らずに良かった・・・

更に言えば明日のリリース時は晴れなので

この嵐の中のリリースに成らずに良かった・・・



無事に手術が終わってホっとしました。



現場に残ってる子はあと少し!

頑張ります!

続きを読む

産まれちゃっただと?もぅ?!

今日は暑かった・・・



現場の猫たち捕獲の為

8時に自宅を出発。

8時半から現場での捕獲作業開始。

私を見るなり

あ、ヤバイ・・・って逃げる子もいれば

ホワンとして日向ぼっこを楽しむ子もあり・・・



2匹を捕獲できた後からは全然・・・歩いて猫たちを探しまくるも

1匹も出会うことなく・・・



一度帰宅して

白ちゃんのお世話して

また現場いって

また帰宅して白ちゃんの世話して・・・の繰り返し。



もう1現場では給餌管理ボランティアさんが

SE地区のキジトラママを捕獲チャレンジしてくれたんですが

捕獲に至らず・・・

やっぱり捕獲器を見るだけで

「あ、今日はその日なのね。ばーい♪」って感じね。



で、SE地区の猫のうち1匹が昨日のうちに出産したようだと情報が入りました・・・



え。







まだ3月頭よ。



3月になってまだ4日目よ。。。



もう産んだの?????





あーーーーーーーー。。。。





どこで育ててるかわからんし。。。



ということで

もう脳内細胞が

「今日は3月4日じゃなくて今日だけ4月3日なんじゃないの?」って思い始める。。。。



現場と自宅を何往復したことか。。。



結局捕獲できたのはメス1匹、オス4匹かな。



T邸1匹完了。Y邸3匹完了後その後はずっとTNR済みの子たちしか捕獲器に入らず

私が確認していた子たちは全て捕獲できたので完了。



S邸は捕獲器設置のご協力をしてくださったお家ですが

結局このお家では捕獲猫はゼロ。



でもH邸だけまた苦戦。。。

強引ですがタイムリミットも迫っているので

オスは洗濯ネットでの捕獲に切り替えて無事に捕獲完了。。。

なので明日は5匹・・・。



まだ白サバのメスとサバ白のメスが捕獲出来ていません。。。。

もう交尾も完了してしまったと思います・・・

オスたちがこんなに捕獲出来ているので(汗)



このメス2匹を捕獲したら

ひとまず完了な・・・ハズなんだけど。





ちなみに前回のTNRの時に

指名手配中だった茶虎君、今回無事に捕獲できました。



だけど

タマの中が無さそうな感じ・・・

でもワオワオ言ってたって言うから

上手く触れなかっただけかな?



依頼主さんから「茶虎のやつが一番悪いやつなんだ」って言われてたんですよ。

悪いヤツってのは

子猫増やす悪いヤツって言う意味と

カケションしてワオワオ発情の鳴き声でうるさい子って意味なんだろうけど

指名手配中の犯ニャン無事に身柄確保!



ってことでこの現場は把握しているオスすべて捕獲できた感じ。。。



あとはメスだけです・・・



明日の朝までに捕獲できるといいなぁ。。。



ちなみに・・・

白ちゃんは・・・





立った!数秒間ですが

立ち上がってくれました。

でもフラフラしてるので

そのままゴローン。。。



今日はかなり強制給餌で飲ますことが出来て

多分100CC位は飲めた感じ。

補液も大人しくさせてくれたし

お薬も上手に飲めました。



ただオシッコが朝1回だけしか出てないので

補液量を考えると

もっと出ていいはずなんだけど・・・



圧迫排尿しないとダメかしら・・・と心配しつつも

明日も朝早いので

そろそろ寝ます(汗)



明日から徐々に気温が下がり7日はまた10度未満の日になるそうです。。。

雨も降るみたいだし。

寒暖差で具合が悪くなる猫さんも多いと思いますので

温度差が激しくならないように室温管理してあげてくださいね♪



そして人間も・・・この温度差はかなり体力的にしんどい感じになると思いますので

無理なさらず・・・・

平和に暮らしたいものです。。。。



se地区の産まれてしまったと思われる赤ちゃん猫は

ママが無事に育て上げてくれたら保護にしますけれども

この寒暖差と明日の雨・・無事に育つかなぁ・・・

心配です・・・

6日に現場調査してくる予定です。

続きを読む

辛い記憶がよみがえる。

明日は前回TNRで入ったKW地区へ再TNRに行く日です。

前回捕獲時に2匹TNR出来たH邸と新規のT邸、捕獲器設置をさせてくれる事になったもう1件のお家と

もう一つの給餌者?って感じのもう1件のお家の合計4軒同時TNRでございます。



もう車の中には明日使う捕獲器が14台入っています。

ターゲットは私の予想では10匹位なんですが(前回TNRした子も居るので)

嫌な予感というものがあるので予備で4台です。

申請されてる子たちの数を考えてもTNRが終わってない子は10匹位なんですけど

イヤな予感というものがありますので念のためさまざまな形の捕獲器もって行くわけです。





本当なら

3月に入りTNRラストスパートだぁぁぁぁぁ!!!!

って気分なんですが

昨日緊急保護した白猫さん・・・

仮名は結局使えない脳みそをガンガン使った結果

「白ちゃん」になったんですけどね。。。。





その子が想定していた以上に手のかかる状態でございまして。



まるで・・・

ケントのようだと・・・



そう思い出すわけです。



ケントの事をご存知ない方は

ケントが生きてきた証のブログ記事をご覧ください。。。



ケントは頭部強打による脳障害で

日に日に麻痺が悪化し

2か月の闘病生活をへて

お空に帰っていきました。



白ちゃんは

外傷はないものの

今日のレントゲン撮影によって

腰骨のヘルニアは確定で

骨折は無かったものの・・・

1晩一緒に居て

気づいた事を改めて先生に見てもらったわけです。。。



いつになっても

瞳孔が開いたままで

視力無いような・・・って思ってて

先生に瞳孔が気になるって言ったら

うっすら反応はあるけど見えてないということが分かり。。。



その視力が無い状態は

もしかしたら・・・

今回の怪我が原因かも・・・



多分、先生と私の中で

そう感じたタイミングは同じだったと思います・・・



そして私が

「やっぱり頭か・・・」って思ったタイミングで

先生の口からもケントの事が・・・。





オーマイガー。。。です。





やっぱり頭部強打により脳に損傷が発生して

視力を失ったとか、片足の麻痺が出ているとか・・・

その可能性もぬぐいきれないわけで。



幸いな事に

内臓損傷は無くて

3日の朝までに排尿もあり、

3日夕方5時までに追加で2回オシッコしてくれました。



ただし垂れ流し。



今の時点で垂れ流し。



マジっすかー。





血液検査をしてもらいまして

エイズ白血病ともに陰性だったし

内臓疾患は無かったので一安心なんですけれども

脳障害の場合の予後・・・





ケントを思い出してしまって

少々テンションも下がり気味と言いますか

あんなに体温上がって大喜びしてたんだけど・・・



やっぱり脳か・・・ってなると

骨折は無かった分、一安心だったんですが

それ以上に・・・脳の場合は・・・



骨折ならね、お金かかっても治療は出来るし治せるんですよ。

最悪断脚とかになっても何とかなるもんです。



でも脳に損傷があった場合

麻痺が今の時点であるわけで

自力で食事はとれないし(匂いが分かってないような・・・)

排泄も自力で出来ない(ウンチはまだですが今後排泄も介助が必要かも)



自力で水は飲むものの

今の状態がずっと続くとなると

大量のペットシートとタオルとクリティカルリキッドとサラサラ系のパウチが必要になるわけで

更に体温調節が出来ないのでヒーターガンガンに入れてる状態。。。



今回のレントゲンで気管支炎も発覚したので

シリンジで飲ませる時に

「この子飲むのが下手だな・・・苦しいのかな?」って心配したのが的中したって感じもあり

だからヘタだったのかあ・・・って気管支炎がはっきりわかるレントゲンを見ながらため息をついたものです・・・

今日既に2時間おきの強制給餌と朝・昼・夕方・寝る前の検温をしていますが

明日からは1日最低2回の検温と強制給餌と1日1回の補液と投薬・・・



明日から7日までは現場があるので2時間おきの強制給餌は出来ない為

現場の状況次第で戻って強制給餌して再度現場に戻る・・・って感じになりそうです。



介護猫さんが来ると

あっという間に猛烈に忙しくなる・・・





飼い主さんは居たハズな子。



エイズ白血病ともに陰性で

内臓疾患は今のところ無いと思われる子。

奥歯が数本無い。

(飼い主さん治療(抜歯)したのかも)

今回の怪我で歯が折れたり取れたり抜けたりしたっていう歯茎じゃないです。



首輪の着用跡もうっすらあります。

かなりゆったりした首輪を付けられていたか

かなり前までは首輪を付けていてその後外したのか。



耳の汚れ方を見ても野良じゃなく

毛を見ても手足が汚れているだけで

体はほとんど汚れが無し。



飼い主は居るはず。

飼い主は居たハズ。



捨てられたの?

いつから目が見えなくなったの?



耳が聞こえるからいいものの・・・



オバチャンの声は届いてるからいいものの・・



あの子が呼んでいるのは

飼い主さんの事だと思うのです。



お腹が減ったよ・・・って言う鳴き方じゃない

誰かを呼ぶ声なのです。



ずっとその呼び方なのです。



今日は1度だけ「おばちゃん!オシッコ出た!掃除して!」って呼ばれましたけど

それ以降はずっと「誰か」を呼んでいます。

だからと言ってガムシャラに泣きわめいているのではなく

人の気配を感じて呼んだりしています。囁くように。



私にはちゃんと

私宛に鳴いているので

言いたいことはハッキリしているんですが

私宛に鳴いてない時は

多分飼い主さんに向けて鳴いてるんじゃないかと。



とても素直で賢くてヨイコです。



飼い主いさん、探してくれていませんか?



お願いです。

このまま我が家での生活はあまりにも可愛そうです。



余命があとどのくらいあるかわかりません。

今でも体温をたもつことが出来ていません。



飼い主さんのもとに行きたいと言っています。

どうか飼い主さんにこの気持ちが届きますように・・・





そしてどうか

私にまたケントを看取るような時の悲しみを与えないでください・・・



私の中で

まだケントの事は

ものすごーく

心の痛みになっていて

復活出来ていない心臓なのです。。。



飼い主さんに

この子を返したい。

この子の願いは

飼い主さんのもとに帰る事だけです。



いつもの美味しいご飯が食べたいって思ってるはずです。

いつもの匂いじゃないから・・・

飼い主さんの匂いも無い・・・

アタシの大好きなご飯を知ってるのは飼い主さんだけ・・・



そういう彼女の思いを

どうかわかってください。。。



飼い主さん、どうか彼女を迎えに来てください。。。

宜しくお願い致します。。。







続きを読む

プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR