FC2ブログ

◆茅ケ崎市保健所よりお知らせ◆【イヌとネコと飼い主さんの防災セミナー】が開催されます

茅ケ崎市保健所にて
イヌとネコと飼い主さんの防災セミナーが開催されます。

茅ケ崎市は水害に弱い街。
地震や津波に対しても
日頃から意識をしなければならないエリアでもあります。

ご興味のある方ぜひご参加ください♪
(※CCPはこのイベントには一切関係ありませんので保健所の告知のお手伝いのみです)
詳細は茅ケ崎市保健所イベントHPをご覧ください。

防災セミナー1
防災セミナー2

開催日:令和1年12月8日(日曜日)
時 間:13時00分~16時00分(受付12時30分~)
会 場:茅ヶ崎市保健所(講堂)  
住 所:茅ケ崎市茅ケ崎1-8-7
交 通:JR茅ヶ崎駅北口から徒歩13分
定員:先着80名
費用:参加費 無料
主催:湘南犬猫協議会
共催:茅ヶ崎・寒川動物愛護協議会
(神奈川県動物愛護センター、茅ケ崎警察署、茅ヶ崎寒川獣医師会、茅ヶ崎市、寒川町)
申込み:事前申込不要


内容
今日からできる!ウチのコのための住まいの災害対策
ペットのいのちを守れる家に。我が家への備えと災害リスクについてお話しします。
わんにゃん減災イメトレ我が子を救える飼い主を目指そう
イヌもネコも自分も守る!防災につながる生活習慣や心構えをお伝えします。
あなたの大切な大切な家族を守る ~災害時のための準備と行動
 

講師
深作 恵 /公益社団法人 神奈川県獣医師会
千田久仁代/NPO法人Dog&Smile湘南 神奈川県動物愛護推進員
市川 英里/NPO法人湘南鎌倉猫ほっとさぽーと 神奈川県動物愛護推進員
深谷美登里/BANI*Lab深谷建築設計室 神奈川県動物愛護推進員

防災セミナー3
防災セミナー4
スポンサーサイト



◆神奈川県動物愛護センターからのお知らせ◆【飼い主のいない猫の避妊手術又は去勢手術の支援事業】

神奈川県動物愛護センターが
とうとうTNRに動き出します!

センターで手術をしてくれることになるのです。

今までは
市民が茅ケ崎保健所に相談し
→茅ケ崎市保健所が現地調査
→ポスティング
→CCP現場入り捕獲作業
→CCP協力獣医師により手術
→CCPで現場にリリース

という流れを取っていましたが
予算も限られておりますし
なにしろ調査は時間が掛かる&私の都合と病院の都合と搬送ボランティアさんの都合を合わせて
調整をした後じゃないと現場入りできませんので
いっぱい待たせてしまうことも度々・・・いや、かなり待たされるハメになる現場もあります。

捕獲する覚悟もある!
やれることなら自分でやりたい!
そう思っていても順番待ち・・・ってなってる・・・
そんな方々に朗報です。

自分でTNRできる!
やればできる!!!
ってやつです。
避妊去勢手術事業0-1
避妊去勢手術事業0-2

この事業が始まるということを
茅ケ崎保健所の職員さんから聞いたとき
まず確認したのは
麻酔の種類。
手術糸の種類。
ノミ・ダニ駆除はどうなるのか(別料金なの?それともつけてくれるの?)
色々と確認事項がもれなく出てきます。


だって。
あたしたちの目指すTNRは安全第一。
TNRした猫たちを「生かす」ための手術をしてくれないなら
そんなの全否定します。
リリース後にすぐ事故死するかもしれんし
野良猫だしーってことで安価な注射麻酔で
技術も未熟な獣医師に
適当に手術され
滅菌処理もされていない使いまわしの器具をつかっての手術だなんて言語道断。
そういう手術されてる子たちを見てきただけに
私はとくにソコは小生意気なくらいに、いや生意気にも口出しさせていただいております。
生かすための避妊去勢手術でしょ?
彼ら一代限りの命を見守ってもらうための手術でしょ?
死んでもいい実験台のような手術なんてされたくないんですわ。
死んでもいい命なんて無いんですわ。
だからね、
飼い猫と同じ手術器具を使い
しっかり滅菌処理された手術器具をつかって
野良猫だからといって安価な注射麻酔なんて使いませんし
開腹幅もTNRですからできる限り小さくできなきゃダメ。

信頼できる獣医師さんにお願いしてる我々としては
会ったこともないセンターの獣医師にお願いするということがまず怖い・・・

だって超ビビリですけん・・・
で、確認してもらいましたさ。

で、
糸は吸収糸を使用。→OK!
鎮静注射をしたあと麻酔は注射と吸入麻酔を併用→併用の意味が分からんがガス麻酔使ってくれるということかな?
ノミ・ダニ駆除については検討中ってことでしたが
その後つけてくれるのか返答はまだわからんけれども・・・

ということで
神奈川県動物愛護センターでの手術ができるようになりました。
TNRの手術ですよ。
飼い猫じゃダメですよ。

神奈川県もどんどん動き始めたということです。
蛇口を閉めるというところに手を出せるくらいに成れたということでしょう。
前進!前進!
素晴らしい進歩ですよ!

避妊去勢手術事業1
センターのHPでは生後6か月以上の子~手術ができるようです。
メス猫なの!早く手術したいわ!って方には
茅ケ崎の協働事業まつより早いかも。
自分で捕獲して保健所に連れて行って、保健所がセンターに搬送(センターがお迎えにくるんだっけか?)して
翌日手術して一泊またセンターでお泊りして次の日に保健所に戻ってくるので
戻ってきたら保健所にお迎えに行けばOKってことになるようです。

避妊去勢手術事業2
しかし、だれでもウェルカム!どんどんジャンジャンTNRしちゃうよーっていうことではありません。
きちんとTNRした猫さんをリリース後もお世話をきちんとすること。
そして2名以上のグループでの申請が必要のようです。
つまり勝手に一人で「この子は地域猫よ!」って自称地域猫と称して
自分勝手な適当な給餌で終わらせちゃダメってこと。

地域猫は地域で周知啓発して自治会や近隣住民の了承を得て活動ができて初めて地域猫です。
一人で勝手にTNRして自宅の敷地内付近で餌やってるのは地域猫じゃありませんからね。
それは地域猫とは言わず、給餌者がお世話をしている猫さんってことです。
ウチの子じゃないのよ、野良猫なのよ、でも餌は上げてるわ。ってよく聞くフレーズなんですが
そこに手術もしてあるし耳カットもしてあるわってなれば
近隣の方々も少しは目くじら立てません。
ただし手術もしないで
「この子はウチの子じゃないわよ、野良猫よ、餌?あー。きたらあげてるわよ」って言って終わりな方々が多いから
猫にえさやってる=猫を増やす悪いやつってレッテルを貼られ挙句の果てには猫たちに危害を加える奴らまで出てくる。

633777.jpg
TNRは奥が深い。
簡単なことじゃない。
周知啓発をしたうえで地域住民の理解を得て
今生きている猫たちが
どうか穏やかに暮らせるように
迷惑をかけないようにできる限りのことをしますから
お願いします、見守ってやってくださいという立ち位置です。

だから餌だけやって
アタシ優しい人♪って終わっちゃダメ。
ちゃんと手術して、近隣に糞尿被害が出ていないか確認して
お掃除して、ご近所づきあいもしっかりしていけば
近隣の方々も目くじら立てたりしません。

たまにね、何をしても怒鳴り散らす人もいますけど・・・

そういう人がご近所にいる場合はTNRにしないで
保護にするほうが安全ですし
猫たちにとっても人間同士の付き合い上も
危険が伴わないで済みますから
そういうときは犬猫みなしご救援隊さんに終生飼養をお願いしたほうがいいですし
捕まえるために、手術するために慣らしてるの・・・っていうやり方はダメです。
手遅れになります。

慣らしてる間に妊娠してあっという間に増えますからね。

なので、慣らさないでいいのです。
捕獲して手術して給餌継続すれば
勝手に慣れますから。

むしろ手術後のほうが穏やかになって落ち着いてくれますし
慣れるのが早いですから。

だって捕獲するのは私だし。
私のことは嫌いになっても毎日ご飯をくれてお世話してくれる給餌者さんのことを嫌いになんてなりませんからね。


ということで、相変わらず長くなりましたが
お問い合わせ先は
茅ケ崎市保健所衛生課 0467-38-3317です。


※年間頭数制限があります。
※時期によっては予定匹数に達して受付が終了している場合があります。


詳しくは県のHPをご覧ください。
飼い主のいない猫の避妊手術又は去勢手術の支援事業

【神奈川県新条例】犬及び猫の多頭飼育届け出制度施行開始。 【届け出が必要になります。】

令和元年10月1日より
神奈川県の条例の一つを改正し
「犬及び猫の多頭飼育届け出制度」が新設されました。

これは10匹以上の犬や猫を飼養しているかたに
届け出をしましょうねという条例です。

多頭飼育届け出制度1
要は多頭飼育崩壊を未然に防ぎたいというのと
適切に飼養されていない個人飼い主や施設へ早期に指導を行うことが出来るようにということでございます。

多頭飼育届け出制度1-2
どこで飼養してますか?
どこで何を何匹飼養してますか?
避妊去勢手術はしてありますか?
どういった環境で飼養してますか???ってのを
行政側で早期に把握し
問題があれば指導を入れて改善をさせるということです。

もちろん、CCPも該当しますので
届け出しなきゃいけませんし
茅ケ崎市内では既に指導に入ってる場所もチョコチョコと出てきております。
施行前から把握しているところにね・・・。
多頭飼育届け出制度2
各届け出先はこちらになりますので
飼養者さんは速やかに届け出をしてくださいね。

不幸の連鎖を食い止めるためにも
大事なことです。
また緊急災害時対応にも
とても重要な情報になりますので
必ず届け出をしてください。

ご近所でいっぱい飼ってるお家があって
糞尿のにおいがすごいのよ・・・とか
騒音とかひどいとか・・・
そういった情報も保健所に提供していただくことも可能です。

お家の中って外からは見えません。
見えないからこそ幸せに大事にされているのか
それとも一年中織の中で糞尿まみれになって苦しみながら息絶えていく子たちが住むような環境なのか・・・
届け出されてない引き取り屋になってるお家の可能性だってあります。

きちんとした飼養されていて10匹以上飼養されている個人・団体・業者は
届け出をしてくださいね。

特に個人の方の多頭飼育崩壊は
年々増えております。
ヤバイくらいに行政介入時の現場はひどいものです・・・

よくこんな状況で生きていたなと思うし
糞尿の山と死骸の山・・・そんな中で必死に生きようとしている子たちが閉じ込められているという
ことは悲しいことに全国で必ず数件は発生しています・・・

どうかそんなことにならないためにも
届け出をしてくださいね。
よろしくお願いいたします。
プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR