FC2ブログ

犬猫みなしご救援隊栃木拠点へ無事に移動完了しました!~負傷猫のご報告~

4月22日の犬猫みなしご救援隊さんへ終生飼養に搬送した子たちのために
皆様からお預かりしていた費用の残金を充て、
更にCCPの保護猫さん用の費用を充てて
無事に移動完了いたしました。

本来ならば新型コロナの影響で犬猫みなしご救援隊さんのお迎えは
中止してたので私が搬送しようと思っていましたが
改めて確認をしたところ再開したという事で
早急にお迎えに来てほしいとお願いしたところ
いつもお迎えに来てくださるTさんが30日ならいけますよといってくださり
あっと言う間に移動することが出来ました。
超ラッキー。
本当に君は幸運の持ち主。
こんなにテンポ良くスラスラと事が運ぶってそうそう無いからね!!
やっぱり何か持ってる子なんでしょうね・・・
あれだけたくさんの人に目撃されて
沢山の人に心配してもらってただけある。


29日に振り込みも完了しててあとは振り込み表をFAXしないといけないんですが
我が家にはファックスという高度文明機器が無いのです。。。
なのでコンビニに夜中いってきまして・・・
無事にファックスも完了。
あとはお迎えを待つばかり。

夜、お水をお皿に入れて、
夜ごはんをあげました。
ウーウー言っていましたが
焼きササミをあげたらすぐ食べてくれたので
2本あげて30日の移動に備えました。

104638481_3069160276532461_4189349750202371849_o.jpg
ンチしちゃってたので夜中にンチ取ろうとしたけど
全然取れない位置にあり、仕方なく踏まないようにペットシートをンチの上にかけるっていうのしかできず
それも脱走させないように棒でシートを押しながらひっかけてンチの上にシートを乗せるという
頭脳戦をするハメになりましたが
本人は焼きササミがおいしかったのか
ウーウーも止まって落ち着いてシート敷かせてくれました。
朝になり晴れてるのに雨が降る中
犬猫みなしご救援隊のスタッフTさんが来てくれて
いつものように手続きの書類を書いてる間に
キャリーに移動完了。
相変わらず素早い!!!さすがプロです。
予め「ちょっとガウガウ言います」って言ったんだけど
そういう子のほうが自分から入ってくれるからって。

え!そうなの?!
あとどうしても入らない子は押して中に移動してもらう!って言うから
そういえば私もそうやってるわ・・・って思って
よくよく考えたらやってること同じだったわと。。。

自分ではいつもガウガウの子を捕獲機からキャリーに入れるなんてことめったにないですからね。
シャーシャーの子でもキャリーに入れるのはたいてい子猫ですから(笑)
成猫でもそれでいいのかとわかりました(笑)

106239983_3069285559853266_4877555893003649224_o.jpg
大人しくキャリーに入ってるこの子。
いつも犬猫みなしご救援隊さんに終生飼養をお願いする場合
それぞれの個体に名前を付けないといけないのですが
それを朝思い出してどうしょうかと考えて
健康に幸せに過ごしてほしいって思って
スマホで赤ちゃんの名づけ辞典を検索したら
いい名前が見つかりました。
幸健(ゆきたけ)君という名前を付けました。

現場で生活していた時、
複数の女の子と一緒に居る姿を目撃されておりまして
私が把握している限り
黒猫の女の子(手術済みの置き去り猫さん)と、最初の相談者さんのお家でお世話になってるTNR済みのシャムMIXちゃん。
少なくとも2匹の彼女がいるモテ男。
更に2軒目の相談者さんのところで目撃もされてるので
19日TNRした子たちの中にもこの子の彼女が居るはず(笑)

実は紳士な幸健君。
そして見た目がこんなになっても
彼女たちも彼を受け入れて一緒に寝たりしていましたから
そんな子たちとお別れのあいさつもできないでバイバイになっちゃうのはかわいそうですが
傷だらけのその体がピカピカのツヤツヤに変わるそのころには
栃木拠点の子たちにモテモテで彼女もいっぱい増えるでしょう♪

幸せなお別れだからね、赦してね。幸健君!!
改めてこの子のTNR報告はCCPのブログでUPしますが
取り急ぎ、移動完了のご報告でした。
ちなみに、移動したあと、最初の依頼主さん兼捕獲者さんにはラインで報告してあります。
この子のために用意したお皿をそのままお譲りいただきました。
可愛いお皿。しっかりこの先の捕獲の時に活用させていただきます!

この子の様子は犬猫みなしご救援隊の中谷代表のブログ記事にUPされるといいなぁ。
その後の様子見たいもんね。。。
目の状態も心配だし。
今朝には眼球にくっついてた瘡蓋みたいなもんが剥がれかけてたので
コンベニアの効果があったのか?まさかこんな早く効かないよな。。。と思いますが
首元の傷口は綺麗にしてもらったのもあり
痛々しい姿は変わらないけど
少し良くなっているように見えました。
この傷がふさがって目も処置してもらって
イケメンになった姿を見れるといいな。。。
中谷代表、そして栃木拠点のスタッフの皆様、
幸健君のこと、よろしくお願いします!


幸健君移動費用
・終生飼養費 5万
・ワクチン代 3千円
・有料道路代 18,300円
合計71,300円
4月22日移動猫たちの費用残金51,160円
残金なし (マイナス20,140円 ※)
※CCPの予算から捻出
スポンサーサイト



連日のずぶ濡れ。。。子猫の保護と負傷猫の捕獲とTNR・・・

昨夜からの大雨で
現場での捕獲も苦戦を強いられ
捕獲したい子たちが出てこない。

今朝7時に無事に子猫2匹は捕獲機に入ってくれたと連絡があり
急いでお迎えに行きました。
ペットシートも濡れちゃって
急いでシート交換して捕獲機の中にも厚手のペットシートを入れて
まずは体の水分吸収・・・・
まだ人馴れしていないから
タオルでゴシゴシできる子たちでは無いので
ペットシートの吸収力Kに頼りました。
104469527_3063526793762476_8406282010492194808_o.jpg
多分2匹とも男の子っぽいですが
微妙にわからない。。。
多分、オス・・・かな?って感じ。

で、全員そろったし
保温もしたいので
4匹捕獲機から洗濯ネットに入れて
キャリーに入れ
そしてフロントライン付けて撮影してケージに移動。
106363697_3063788497069639_2525670047842230469_o.jpg
1番目に保護できた子。
キジ三毛の女の子。
一番大人しい理由は
疲れ果てちゃってるからって言うのがホントのところかも。
ママと離れて知らないところに連れていかれて
一晩過ごしたからね・・・
兄弟そろったから少し安心したかな。

106600484_3063788793736276_3911718538212582291_o.jpg
2匹目に保護できた子。
グレーキジ×白の子なんだけど
オスだと思ったのよ。最初。
まー気が強くてパワーも凄かったから。
でもお尻みたら女の子だった(*ノωノ)
写真見てわかるように
全身で私を拒絶。
「ババー!触んじゃねぇ!!」って言いそうな顔してますが
実際そういう感じの子になってます。
それがどこまで人馴れして仕上がりますでしょうかね(苦笑)
まだ1.5か月位ですが
お母さんの骨格が小さかったのもあり子猫も見た目より月齢は進んでるかなと思います。
昨日のキュンキュンするお顔はどこに消えたのかって位人相変わってますが
また昨日のキュンキュンするお顔に戻れるように信頼関係を作り上げるの頑張りますよ。

105409067_3063789057069583_4965651273756015328_o.jpg
この子が今朝捕獲出来た子たちのうちの1匹。
キジ白で白が少なめな子。男の子だろうと思います。
この子も全力で私を拒絶。
見ての通りです。
ママと離れて大雨も降って兄弟で一晩乗り切って
よく頑張った。
2匹一緒に捕獲機に入ってくれて本当に良かったよ・・・これで1匹だけ残っちゃってるとかになると
捕獲出来るまで時間かかるから・・・・

フロントライン付けて撮影してケージに入れたら
ワーーーー!!ってなっちゃって
水入れにダイブ。。。。
せっかく乾いたのにまた濡れて・・・
君もオバチャンも今日は水難の相が出ていたんだろうね。
パニックになってたからタオルで覆って落ち着かせました。


104753823_3063789257069563_2550856325425602909_o.jpg
こちらも多分男の子。
怖がりさんでお尻チェックしてフロントライン付けて撮影して一番に
ケージに入れたら
サクサクとかくれんぼしてました。
トイレ裏に隠れてました。
後程夕飯与えて消灯しますが
ママーーーー!って鳴くかなぁ。。。
ママは至って静かにしてくれてます。。。

そしてやっと・・・2週間かけて捕獲を試みて
やっとですよ・・・
17日からのTNRで本来なら捕獲して既に処置できていたはずの子。
活動範囲が広すぎて、さらに一定の場所で留まるような生活をしていなかった子なので
一番最初に情報提供をしてくれた過去にTNRした子をお世話してくれてる方のお家で
捕獲機を設置させてもらい、捕獲機慣れさせて無事に捕獲が出来ました。
5月4日に最初の相談が入り
負傷猫が来るようになったという事で写真を送ってもらいました。
黒負傷猫オス
喧嘩傷が悪化したんだなーと思いました。
ぶら下がってるのは瘡蓋だから
もしかしたら一度膿が貯まって破裂したのかもしれませんが
幸いにも患部がふさがらずにいるので
様子を見つつ、捕獲してTNRにしてコンベニアを打つって言う形を考えていました。

それから数日が過ぎた日に
6月17日から現場入りする事になった多頭現場の新規情報が入ったのですが
その中に負傷猫が居てまさに私が治療したかったその子が居たのです。
こっちにも来てるのかと・・・まぁ猫的距離だと目と鼻の先なんですけどね(笑)
同一猫が2名の相談者さん宅に来ている事、
そしてそのうちの1件は多頭現場で退去・解体予定。
こりゃ急がねば・・・ってなり6月17日からTNRと保護を実施したんですけどね・・
その時にどうしてもこの負傷猫だけは捕まりませんでした・・・

で、17日にTNRに入る直前にも
首元と目を怪我している黒猫が居るという情報があり
写真を見たらあらら・・・またあの子だわ・・・という感じで・・・
最終的に4名の方から負傷猫案件=この黒猫さんという感じでした。
これだけの人に心配されてるのに
本人は捕獲器に入らない、
警戒心が強い、
私を見ると逃げる。
現場の住人が見ても逃げない。
完全に人をしっかり見て判断してるなってくらい賢い子なんですけど
最初の相談者さん宅にくるようになったので
こりゃやるっきゃないってことで捕獲機設置させてもらい
捕獲機慣れしてもらうための給餌もお願いし
タイミング良く捕獲出来ればということになり
捕獲最終日・・・28日の夜、これから設置しますって連絡があって
ドッキンドッキンですよ。
夜しかこのお家には来ないので(汗)
雨も降りだす時間まで時間もあまりないし
かといって今回逃したら次手術できるのは来月だから
それまで相当傷口が悪化していくだろうと思ってて。
冬場とは違い夏場の傷口の悪化するスピードはハンパ無くて
治りも遅いので
時間との勝負でした・・・
で、実際に無事に捕獲できたと連絡があり
お迎えにいって
本猫を見て私は正直、時すでに遅し・・・な状態になってると思いました。
眼球はもう無理だなと。
3件目の相談を受けたとき、目を怪我して開いていないといわれてた時の動画を見る限り
風邪が原因で目ヤニで目がふさがってるだけだろうと思いました。
日を追うごとに目撃情報をくださっている方々から
目が変だという話になり
もう片目が無くなってるように見えるといわれてたんですが
実際のところメヤニで目を開けられなくなってた(メヤニが固まってしまって)だけだったんですけれども
捕獲機に入った彼の眼を見る限り
風邪じゃなく、眼球に傷がついて目ヤニが出て
どんどん悪化していったのかなと・・・
もう片目の視力は無いだろうなと思う感じで。
眼摘する必要があるかなと・・・

首元の裂傷は何とかなるとしても
目だけは残すの厳しいかなぁ・・・
コンベニア打つだけじゃこの子を治せないと判断しました。
できるだけ早くに犬猫みなしご救援隊さんにこの子を搬送しようと思ってます。
とりあえず明日、去勢手術とコンベニアを打ってもらい、
壊死した首元の皮膚等の切除と眼球の状態をもう少しよく見てもらい
出来る限りの処置をしてもらってこようかと思います。
このままこの目を放置してたら溶けてなくなるか
その前にばい菌が体にまわってこの子の命が無くなるかのどちらかです。
やれることは精一杯やる。
でも無理なことは無理。
ウチでこの子を保護して人馴れさせて譲渡は無理。
それにこの子実際に人間に対しての距離感をかなり慎重に保つタイプで
近づきすぎると逃げるし、捕獲機の中ではガウガウ怒る子なんです。
これを治療しながら慣らすのは無理。
ウチでは無理。
犬猫みなしご救援隊さんのスタッフさんにお願いしたほうがこの子にとっても適切な治療をしてもらえると思うので・・・

申しわけありませんが
終生飼養費用等、少しで構いませんのでお力添えいただけますと幸いです。



で、ここから先の写真、かなりグロい写真になりますので
閲覧が厳しい方はここから先の写真は見ないほうがイイです。
いっさいモザイク処理等はしません。
野良猫として生きている命の現実が
この姿です。
こんな子たちがこれ以上増えないようにと活動しています。
お外で暮らす猫たちが
どれほど過酷な生活なのか目で見ていただきたい。
実際にこの子に会ってこの子を見ることは出来ない方のほうが多いでしょうけれども
だからこそ、お外で暮らす猫たちの現実を見ていただきたいと思うのでモザイク処理は一切致しません。




75140854_3063783947070094_6377087108454177071_o.jpg
約2か月前のイケメンっぷりはどこへ消えたのかって位
顔立ちが変わってしまっています。
目が原因なんですが眼球が酷い状態です。
104417093_3063785370403285_4870681754502374373_o.jpg
首元の傷も自分で舐めてしまってるのもあり
瘡蓋でふさがることが無いけれども
患部が露出した状態です。
赤くて痛々しい・・・
傷口も広がりながらまた狭まって、また広がるを繰り返してるようです。

106244514_3063784387070050_183029692041000296_o.jpg
29日の手術では事前に用意してもらっていたコンベニアを打つこと、
去勢手術をすること、首元の傷の壊死した組織と皮膚を切除してもらう事、眼球の状態を確認してもらい
点眼等してもらう感じかなと思います。
あとはコンベニアが効いてる間にできるだけ早く栃木拠点へ搬送し
治療を開始してもらうのを優先しようと思います。

本当なら今年はもうみなしごさんに連れていく予定は作らない事にしていましたが
この子このままリリースなんてできないし
片目の見えないこの子をコンベニア任せであとは自分で頑張れとリリースするには酷すぎます。

なので犬猫みなしご救援隊さんへ移動させます。
しょうがない。
この子1匹の命を救う事が
どんな意味があるのかと思われる方もいるかもしれませんし
この子に移動費等の費用使うなら
保護猫たちに使ってほしいと思う方もいるかもしれません。

でも私はこの子の情報提供があったときにコンベニアを打ってTNRというのを想定していましたし
まさかこんなにも捕まらない子だとは思っていませんでしたし
寝床もマトモに持ってない子だと知ったのは先週の話。
その間にどんどん傷口の状態も悪化、
更に追い打ちをかけるように目まで失明状態。
これをほっとけ、自然に任せろというのは
実際にこの子を見ていないなら言えるかもしれません。
でも今この子は捕獲機の中にいてやっと捕獲出来た子。
救える子はほんの一握り。
他にも2現場、負傷猫案件が来ていますが
そのうち1匹は姿を見せなくなったとの情報に切り替わっています。

救えるか救えないか、
タイミングがうまく合う子以外救えないんです。
だからこそ、
今回この大雨の中頑張って捕獲機に入ってくれたこの子を
私は全力で救いたいと思いますし
捕獲出来たならできることを最大限にやってあげたい。
そう思うのは
沢山の救えなかった子たちを見送ってるからだろうと思います。
悔しい思いのほうが多い活動です。
悔しい思いをしているからこそ
今できることを最大限にしてあげたいと思うのは
綺麗ごとかもしれませんが
私の本音です。

手術しかできませんから、TNRですって言いきるのは簡単。

でも私はロボットじゃない。
一応この子たちと同じように生きてるわけですから
痛いのも、シンドイのも感じます。
伝わります。
だから事務的に
どの現場も同じような対応以外しませんなんて事断言しないし
むしろ現場によって対応を変えていますと前々から言っています通り
どの現場にも同じ対応をすると
事務作業になってしまいます。

我々は命を扱っている。
命のそばにいる。
命に寄り添っている。
そうあるべきだと思っています。

目の前にいるのは
ぬいぐるみじゃない。
生きている命だからこそ
個体によって扱いは変わってくる。

この子を栃木に搬送しても
長生きできるかわかりません。
でも痛みをとったり、傷口を清潔にして治療をして
この子がこの先穏やかに過ごすことを最優先にしてくれるスタッフさんと代表の中谷さんがいる
犬猫みなしご救援隊さんに託す事が
今の私にできること。

早々に連れていきます。
なのでもし、一緒に連れて行ってほしい子が居るようでしたら連絡ください。
搬送します。


ちなみに明日はメス1匹、オス成猫2匹と子猫2匹の合計5匹のTNR手術になります。
先生、よろしくお願いします。
そして黒猫さん、頑張ってまずは去勢とコンベニア打ってもらおうね・・・
そこからスタートだよ。
頑張ろう。一緒に頑張ろう。


緊急保護要請子にゃんこ。。。

26日の保健所からの連絡で
母猫1匹、子猫4匹の現場があり
急ぎ保護を依頼されまして
当日仕事が終わってTNRの子を病院にお迎えに行った後そのまま現場に直行。
視察して子猫の月齢が1か月半位だったので急ぎ保護をすることを決めましたが
手術可能日が7月になっちゃう可能性があるので
それまでの保護は厳しいかなと思っていたのですが
29日手術予定の現場の性別不明だった子たちの性別が確定し
急遽本日の夕方捕獲に向かう事にしました。

まずはお母さんを捕獲するんですが
丁度いいタイミングでお母さんが居て
捕獲機仕掛けたらあっという間に捕獲機に入ってくれて
あっと言う間!
お母さん1
まだ体も小さいお母さん猫さん。
頑張って4匹の子猫たちを育てていました。

お母さんが無事に捕まったらあとは子猫の捕獲。
106471189_3062490493866106_6272977511851384226_o.jpg
この子だけ塀を降りれない怖がりさんで
一人だけ捕獲器に。

105031979_3061662547282234_8819773693112135527_o.jpg
キジ三毛の女の子です。

79375940_3061790133936142_80523995683916465_o.jpg
そして次に捕獲できたのは
グレーキジの子。
この子を撮影しようとしたら
この状態でね・・・
ズッキューーーーーーン・・・・ってやられましたわ。
この目が。。。
A1dgnmGCAAAmeG1.jpg
大好きな長靴をはいた猫のプスにしか見えなくて
ズッキューンでした。。。。

連日朝6時半頃から現場入りしてアチコチまわり
合間に保護猫たちの世話・・・そして夜までアチコチ・・・の状態が続いていて
TNR現場では捕獲妨害にあったり
今日は負傷猫案件で前々から対応しようと思っててやっと現場入り出来た現場に
ターゲットが来てくれないという状態も続き・・・

そして保護猫たちの移動もあったりで
現場では1分もそこにいれば顔から足の裏まで汗だくになる状態で
捕獲出来て別現場へ・・・冷房で冷える・・・
ずぶぬれと乾きを繰り返し
風邪引くわい!!!!って状態でしたが
雨降ってきちゃったし・・・
29日の手術の子たちはこれで捕獲間に合わないなーって感じです。

保護した子猫の兄弟の残り2匹もまだ保護できていないので
明日中には保護したいけど・・・捕獲機に入ってくれるかなぁ・・・

紋々としています。。。
しかし我が家では晴れて開放感を味わっている2名様。
105491098_3062277120554110_4683273598367363389_o.jpg
初期医療の検査結果待ちの子たちの検査結果がすべて出そろったので
1週間ぶりに軟禁生活からの解放です。
思いっきり保護猫部屋拭き上げして
これでもかって位キレイにしまくって
自由にさせましたー。
105637813_3062278940553928_5986451128618335066_o.jpg
104963685_3062279750553847_9059886507479191327_o.jpg
ミファ、念願の自由を手にして大喜び。
杏ちゃんも私への甘えん坊タイムを終えてあっという間に我が家の猫たちを呼んでました。。。
会いたかったそうです(苦笑)
ウチの子たちは会いたくなかったらしいけど(苦笑)
ワイヤーネット越しの再会を期待した杏ちゃんとミファですが
ウチの子たちはそれどころじゃなく
腹減ったからお皿の前でご飯まちしてたので久しぶりのワイヤーネット越しの再会は有りませんでした(笑)

104409128_3062282250553597_242258737136935981_o.jpg
ミファは私にゴロゴロ甘えまくって
杏ちゃんは思いっきり保護猫部屋を走り回った後
クールダウンして、また一人ワイワイ楽しんで
甘えたくなったら甘えに来てせわしなく動いていました。
その姿をガン見していたのが
6兄妹たち。。。
106345088_3062286380553184_7846592020104892157_o.jpg
ミファはもちろん、杏ちゃんにまで華麗にスルーされたので
寂しいのもありますが、
何で急に隣のケージの子たちが居なくなって
お姉ちゃん猫さんたちが自由を楽しんでるのか意味が分からなくて
更に声をかけても完全なシカト状態。
甘えたいニャ・・・あの・・・おねえさん・・・って声かけても
そこに居ないもののような扱いに若干不貞腐れてましたけど(苦笑)

残念ながらまた今日新入りが来たので
(全員そろってから保護猫部屋入れて隔離します)
ミファと杏仁はまた軟禁生活になりますが・・・

そしてここにも駄々っ子が・・・

黒13
今朝やっと捕獲出来た子で、
私が現場で誘導して捕獲機で捕まえられた子なんですが
早く帰りたいー、腹減ったー、疲れたー、こっからだせーって文句ブリブリ言いまくって
ずっと鳴いて文句言いまくりだったんですが
一日アチコチ動き回ってる中ずっと車の中で一緒に居たので
私に何を言っても無駄だというのはわかってても
やっぱり文句は言いたいって言う思いもあり
最終的にこういう姿で文句を言うように。。。

横になって文句いって駄々こねる猫さんは
久しぶりに会いましたよ。
手術が終わったら元のお家に帰られるから
もうちょい我慢してなさいねって言ったけど
やだー。やだー。帰るー。早くこっからだせーって
棒読みの返事が返ってきました。

という事で
ずーーーーーっと走り回って
TNRオス3匹とメス1匹と保護2匹の合計6匹が今車の中で待機しています。

このタイミングで雨も降ってきたから
明日朝また6時から捕獲作業したかったのに
これじゃ猫たち出てこないかも。

緊急保護の残りの2匹も早く捕まえてあげたい・・・
じゃないとママが居ないところで兄弟そろって2匹だけで過ごすのは心細いでしょうし・・・。
無事に保護出来ますように。
明日も頑張ります。。。

つか、6月に入って毎日現場いってるのに
実際に捕獲出来てTNRできてる猫さんの数の少なさよ・・・
捕獲妨害本当にやめてほしいです・・・
妨害するくらいなら
自分で手術しろー!
完全室内飼養しろーー!!
って世界の中心で叫びたい。。。

ワイルド3兄弟。

子猫の保護要請があり
視察しにいって子猫確認して
お母さん猫とそれ以外にもオスが2匹いるのを確認。
ただ手術の匹数制限の関係で
今回この現場は子猫の保護と母猫のTNRのみ。
オスたちは保健所が改めてポスティングを実施して調査をしたあと現場入りする予定でした。

で、
102916529_3032787303503092_1861882131096895756_o.jpg
視察時のママの様子を見る限り
目があっても逃げないので
(この写真はご飯まちの姿)
これなら子猫たちも何とか馴致できるかも?って思いながら子猫を探していたのですが
給餌者さん宅には居ない。
どこにいるのかなぁ・・・と思ってたら
丁度学校に向かうお子さんたちを見送るお母さんの姿を発見。

あ、あの人に聞いてみよう!ってことで
聞いてみたら
子猫のこと知ってて
写真も撮影してて
どこで寝起きしてるのかもわかり
子猫の捕獲の際協力してもらえることになりました。

朝6時に現場入りするってことにしてたんですが
6時半に施錠してもらえることになったので
6時に自宅を出ようと思ったら
目覚ましに気づいたのは6時半でした(*ノωノ)

目覚ましは必死に私を6時に起こそうと頑張って叫んでいてくれたのに
私は気づかないで爆睡。
慌ててノーメイクで現場入り。
7時前には到着出来て
早速お母さん猫発見。
まずはお母さん猫さんを捕獲します。

そしたらすんなり捕獲器に入ってくれてあっという間に捕獲成功。
104759079_3044029082378914_4617837200424399030_o.jpg
そしてお母さんは子猫を連れてきていなかったようなので
子猫を探しに子猫が寝起きしているといわれているところのお家の敷地内へ。
そしたらいました。
3匹固まって寝てたの。
今朝は幸いにも涼しくて
お母さんがご飯もらいに行ってる間兄弟そろって固まって寝てました。

で、私に気づいてワーーーーーって逃げて行ったんだけど
まずは2匹一緒に身柄確保。
103597437_3044029305712225_389126950360471732_o.jpg
4月6日~10日の間に生まれたんだろうと思われるこの子たち。
(そのころに毎日来ていたのにピタっと来なくなったらしい)
2か月半・・・生後2か月半・・・
微妙な月齢で馴致できるか心配でしたが
実際捕獲してみて
暴れっぷりを見る限り
あぁ・・・ちょっと厳しいかも。。。と思える感じ。

で1匹は残ってて顔は出してるけど怖がって出てこないので
17日から入ってる現場の捕獲機の餌とペットシート交換に行って
その間に捕獲できたら連絡をもらう事にしました。

で、その現場対応も終えてそろそろ捕獲機に入ってるはずだと思って
現場まであと2~3分で着くかなってところで
捕獲機に入ったと連絡があり
やったー!これで3匹そろった!
って一安心。
104874340_3044445422337280_8733253810466414443_o.jpg
しかーし。
この子が一番ビビリだけど一番気が強いというかビビリ過ぎでねぇ・・・

捕獲機から洗濯ネットに入れてキャリーに入れてケージに移動させるために
洗濯ネットを捕獲機に入れて捕まえようとするんだけど
3匹ともまぁ~すんごい暴れる。
ただの生後2か月半とは思えないパワフルな…動き。

わー。
これ馴致できんのか?(苦笑)
って思いながらなんとか無事に2匹はキャリーに移動完了。
そして1匹で捕まった子を洗濯ネットに入れようとしたら
洗濯ネット越しにガブ。

103686391_3044689102312912_7396845488760621704_o.jpg
右手中指噛まれた(笑)
それだけ怖いってことなんだよねぇ。。。
攻撃性があって噛むんじゃなくて怖すぎて噛んだだけなのね。
でもそれだけビビリってことなので
こりゃーブロードラインつけるの大変かもーって思いながらも
保護猫部屋にてブロードライン付け作業開始。

キャリーの中でもバシバシ飛び跳ねてるからね、相当ビビってパニック状態なの。
少し落ち着かせてからのほうがいいかなとも思ったんだけど
ブロードライン付けまで終わらせてケージに入れてから落ち着かせようと思い
いざ。。。。ブロードラインタイム。

一番大人しい子になるだろうと思われる子からやります。
こういう時にね、一番泣きわめくようなタイプの子を先にやると
ギャーギャーって泣き叫ぶから
他の子たちが更に怖がって落ち着いて処置できないので
順番って結構重要なんですよ。
103622472_3044689542312868_4951716469330738185_o.jpg
この子はかろうじて洗濯ネットから顔をひょっこり出しての撮影が可能でした。

でもほかの2匹は洗濯ネットに入ったままでもピョンピョン飛んで逃げ出そうとするし
これ、顔出しての撮影は危険だと思ったので洗濯ネット越しに撮影。
103699026_3044690218979467_5099542385326081609_o.jpg
104374447_3044689735646182_6696577650462573453_o.jpg
ブロードライン付けるにも
顔をタオルで隠して洗濯ネットの隙間から首元だけを出してつけます。
この時無理に押さえつけるとダメなので
手加減しながら、でも逃げ出さないようにって言う微妙なパワーを使います。
ここで異常なほどに押さえつけるとそのまま窒息することもありますし
場合によってはパニックでショック死することだってあります・・・
それだけ繊細な生き物なのです。
野良っ気の強い子たちは。
だからね、本当に繊細な作業なのですよ。
性別も洗濯ネットに入れた状態で確認します。
もうこの月齢なのではっきり性別はわかるお年頃。
なんと3匹全員男の子でした・・・
今年もも男子祭りかぃ?(笑)

全員にブロードライン付け終わったら
本来なら1匹ずつブロードライン付けた順番にケージにどんどん入れていくんだけど
これだけピョンピョン飛ぼうとする子たちなので
洗濯ネットに入った状態で3匹とも全員ブロードラインが終わったら
そーっと洗濯ネットのチャックを開けてそーっと出してあげます。3匹一緒に。
そうするとその先にビビってパニックになっても
3匹一緒なので行動するとなれば3匹ともトイレや隙間に逃げ込もうとするので
一気にしかしそーっとケージの扉を閉めて脱走しないようにします。

ここで脱走させちゃったら
追いかけまわすハメになるので
もっと怖い思いをさせちゃいます。
なので脱走させないようにしっかり管理しないと
人馴れ訓練も進みませんしお互いに怖い思いをするだけ。
だから慎重にネ。。。

で、想像通りに動く子猫たち。。。
104654212_3044690608979428_8634570412982608873_o.jpg
トイレ横に隠れて・・・
104415042_3044691515646004_3336826212514221247_o.jpg
トイレに入る。

こういった怖がりさんたちは
ひたすらに隠れようとします。
隠れる=逃げるって意味ですが
子供の考える逃げる=隠れるってことなのです。
怖いんですからね、怖いものから逃げるのは隠れるのも逃げるって事に繋がりますからね。

で、やっと個体識別が出来ます。

104602614_3044690752312747_8517438904308948845_o_20200621234158d3e.jpg
この子はわかりやすいね、長毛で柄もキジトラだから。
キジトラの男の子です。
一番この兄弟の中では長毛種らしい性格してて
怖がりだけどオットリ系。

103670158_3044690932312729_4527840479339961259_o.jpg
この子が長毛と一緒に捕獲出来た子。
キジ白の男の子で片側だけ白のアイラインがあって
鼻の黒柄が半分だけ黒。特徴的な配色です。

104430670_3044690435646112_1196490327944149204_o_20200621234158286.jpg
この子が私を噛んだ子。
一番最後に捕獲出来た子。
キジ白の男の子。
ハチワレ風味のキジ白さんです。
まだまだ怖がってますが
ご飯も食べたしオシッコも2匹はトイレで出してるので
ユックリ慣れてもらいます。
23日に初期医療をしてきます。

ちなみに・・・
先日保護した別現場の唯一の長毛でキジ白の子ですが・・・
もうすっかり慣れて
ドーンと構えて我が物顔で生活しております。
105291315_3045721742209648_4389904700363133950_o.jpg
104987439_3045717878876701_2007224362911922955_o.jpg
ハンモックと吊るしてある玩具が気に入ったようで
デレーっとしながら生活しております。
他の子たちと一緒に合流できたのもあったんでしょうけれども
ホっとした顔してましたからね。
みんな一緒になれてよかった。
他の子たちもみんなずいぶん落ち着いて
そのうちの1匹だけそろそろケージの外で遊びたいぞーって言ってます。
104342384_3045719892209833_5214777332848375375_o.jpg
104495803_3045721988876290_7858734708351294935_o.jpg
この二人ね。
今名前付けにスタッフさんたちが知恵熱出しながら頑張ってますからね。
名前つけ終わったらUPしますねー!

ってことで
全部で9匹。
一気に保護猫部屋に子猫が増え
そしてカルカンパウチの消費が半端ない。
トイレの砂の消費も半端ない。
1日でこんなにゴミ出るっけ?!って位ゴミが出ております。
重たいねえ…
そんな季節が今年も来てしまったねえ。。。

みんな早く慣れて素敵なご縁を見つけて
卒業しようね!

ちなみにお母さん猫たちは明日手術です!

そして私は今日は・・・水難の相ならぬ流血の相な1日でした(苦笑)
その話はまた後日。




誰が誰だかわからんけど、全員血縁のある子たちです。子猫6匹保護受け入れです。。。

17日から現場入りしている現場で保護とTNRで
走り回っておりました・・・

幸せ探し会終わったあとも現場へ
そして明日も朝6時からお母ちゃんのTNRと子猫3匹保護要請の現場に向かいます。
明日は2現場同時です。

17日から入ってる現場は
子猫8匹いました。
でも繁殖源だったお家の給餌者が
2匹連れて行くと言い出して
色々交渉しましたが
ダメでした。
8匹の保護は出来ず
6匹しかレスキュー出来ませんでした。

103540628_3033249026790253_5593807077230252517_o.jpg
104413003_3033249386790217_7038017079207468025_o.jpg
1匹目がキジトラのオスで生後3か月位。
人馴れ訓練中。人馴れしているママ猫が育てたので野良っ気は無いです。

103671435_3033255633456259_6837369297688403695_o.jpg
102604778_3033255820122907_2618668007712645312_o.jpg
2匹目はキジトラのオスで少し尻尾が曲がってます。多分。
この子も人馴れしてるママが育てたので野良っ気は一切ありません。2か月位。

104340682_3033338836781272_6489482566614767661_o.jpg
103027840_3033339320114557_8731009942909920380_o.jpg
3匹目はアメショ柄のメス。2か月位。
この子も比較的人馴れしているママが出産したと思われるので
野良っ気は無いです。

103833446_3033340116781144_6780368255872665833_o.jpg
102559896_3033340370114452_7745863408285013296_o.jpg
4匹目はアメショ柄のオスで3か月位。
この子も比較的人馴れしているママが生んだので野良っ気は無いです。

103367698_3033341543447668_8159913121330973586_o.jpg
102556464_3033341746780981_3133023373347598228_o.jpg
5匹目はキジトラのオスです。
誰が誰だかわからんくなりましたねぇ。。。

他に黒白の子猫が居たのですが
その子は繁殖源の給餌者に奪われてしまいました・・・。
保護させてもらえませんでした。
ずっと探していたのに。。。
他のもう1匹の子を自分が飼うといってたのにその子が居なくなってしまったからこの子にするといって
黒白の子を引き渡してもらえませんでした。

子猫たちは全身ノミダラケ。

全員で8匹いるはずで
1匹は繁殖源の給餌者が「家の中にいる」といってたので
7匹の保護になると想定していたのですが
黒白以外の子で子猫がどの子なのかわからずにいました。
そしたら今日、6匹目がやっと保護出来ました。
104197001_3042457729202716_3723732035456761357_o.jpg
103089437_3042458039202685_9021912468874397903_o.jpg
103961028_3042459712535851_4400530194612508017_o.jpg
唯一のキジ白で長毛系の子です。で、オスです。
そうです。
アメショ柄のメス以外全員オス。

そして繁殖源の給餌者が手放さなかったのは
黒三毛のメス(給餌者はオスだと言い張ってました)と黒白のメスです・・・

亡くなった母親の形見だから渡したくないという事でした。

避妊手術否定派の人で
早死にしようがどうなろうが
手術は絶対にしたくないという人で手術するならイラネって。

他にもこの現場の猫たちを給餌している給餌者が複数いたため
TNRにしようとも思っていましたが
現場で色々なことが判明し
子猫たちは保護に切り替えました。

7HIKI
しかしさっき気づいたんです。
当初もらってた子猫7匹いました!って情報の時の写真にうつってる猫数が
ウチで保護している子たちと一致してないことに。

この写真の中にアメショ柄3匹いるんです。
保護した中にアメショ柄2匹だけなんだけどな。
もしかしたらアメショ柄に見えてるだけかもしれませんが・・・
黒白
で、この黒白は保護させてもらえなかった子。
私が17日に目撃した時に撮影したものです。

で、よく考えたらもしかしてこの現場9匹現場だったんじゃね?ってことになり。

アメショ柄もう1匹どこなんだろう。
もうさっぱりわかりません。
どちらにしても成猫が捕獲出来たら
この繁殖源の給餌者宅は近々解体されてしまうので
取り残しの子が居れば再度TNRになります。

もう疲れ果ててしまいました。。。。。

でも幸せ探し会では
沢山の来場者さんが居て
トライアルも2匹決まりました。

ちょっとずつですが
前に前に・・・
良い方向に進みますようにと願うしかありませんし現場で頑張るしかないのが現状です。

それにしても価値観の違う大人との会話は疲れますね・・・

避妊去勢をしたくないというのに
室内外自由飼養。
いっぱい増えてイッパイ死んでる。
この現場から繁殖したのであろうレイクを2年前に保護しています。
その時にカラスにやられて亡くなったブラックスモークの子猫。
そのあとにレイク保護現場近くでTNRしましたが
そこにもこの現場の猫たちが来るようになったと通報があり
そこからどんどん現場の状況が見えてきて
今回の保護とTNRに繋がりました・・・

色々なことが起こりすぎて
もうクタクタですが
多頭現場が2現場続いてるので
今月はひたすら頑張るしかない月になりそうです。

新型コロナの影響で動けなかった分、
ドっと流れ込んできた新規現場案件の振り分けに苦慮しておりますが
なんとか1つずつクリアしていければと思います。

という事で明日、改めて幸せ探し会のご報告いたします!!
この保護猫たちについては7月デビューを目標に24日初期医療予定です。

馴致頑張ります。
そして明日も頑張ってきます。
104417604_3034399553341867_7671340067693150507_o.jpg
ちなみに今こういう状態です。
キジ軍団にガン見されます。
もうだれがだれだかわからんです。

104350802_3034399863341836_2101084888826537371_o.jpg
早く慣れて甘えん坊になって
良縁掴んで幸せになろうね。
ノミだらけの生活からピカピカの完全室内飼養猫さんに成れるように頑張ろう!
プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR