FC2ブログ

9月20日~26日は動物愛護週間です。(見ていただきたい動画があります)

9月1日号の広報ちがさきに掲載されています。
(詳細は茅ヶ崎市の広報ちがさき9月1日号のページにあるPDFで確認できます)

9月動物愛護週間

茅ヶ崎市は神奈川県内の中でも
飼い主不明猫問題をしっかり取り組もうと尽力している市です。
行政が前向きにボラと共に日々戦っております。

ボラへ丸投げじゃなく
行政がボラと共に
その命に向き合う活動をしてくれています。

本当にありがたい事です。

日本全国の他県、他市町村の対応を見ても
ここまでしっかり行政がボラと協働で
役割分担を明確に示して
対応をしてくれてるのは
他にないと思っています。

ありがたいことです。。。

動物愛護週間は
改めて飼い主としての責任、動物との接し方を見直す機会にしていただきたいと思っています。

そのためにも行政として
2ページ目に掲載しています。

犬は狂犬病予防法があるので
市町村への登録義務があります。
でもその義務すら全う出来ているのは
犬を飼養している飼い主さんの半分位だというデータがあります。
全ての犬を飼養している飼い主が行うべき義務すら全う出来ていないのに
飼い主の責任を全うさせるというのは
かなり厳しい現実だと思います。

でもこうやって改めて
「義務」として飼い主がやらなければ成らない事、
「努力義務」だろうけどやる必要がある事、
見つめなおす、知るきっかけをこの動物愛護週間に是非感じていただきたいです。


そして先日見つけたとある2本の動画があります。
言葉はどこの言葉だかわかりません。
でも外で生きている猫たちの現実は
この動画のようにすべての子が幸せを掴むわけでは無く
この子はほんの一握りの子だという事。
こんな形で救ってもらえる子はほんの一握りです。


殆どの人はこの動画を見ても
実感は無いかもしれません。
でも私たちは常にこういう子たち・・・こういったギリギリの状態の命と向き合っています。
そしてこれ以上こういった子たちを増やさないために・・・そういう思いで活動しています。

救える命はほんの一握り。
その意味を、その言葉の重さを知っているのは
ボランティア活動をしている人たち位だと思います。

どんなに尽くしても
どんなに頑張っても、
どんなに願っても
全ての命を救うことが出来ない苦しさ
もどかしさ、悔しさ、
何故救えないのか、何故こんな目にこの子が合わなければならないんだ!って・・・

そういう思いを飲みこんで
ぐっと我慢して・・・
現実を受け止めて活動をしています。

何度も言います。
ほんの一握りの命を救うために
沢山の人たちの力を必要とします。
1人じゃ救いきることはできません。
ほんの一握りの命すら
1人の力じゃ救う事は出来ないんです・・・

だからこそ
そのほんの一握りの救えた命を
絶対に幸せにしてやるんだ・・・絶対にこの子を幸せにしやるんだという思いが強いのです。

絶対に二度と不幸になんてさせない。
どこのボランティアさんもおなじ思いを持っていると思います。

お金じゃ買えないもの。
それは命です。

命はどんなに願っても
お金じゃ買えないのです。

飼い主としての責任を全うする。
それは簡単なようで簡単な事じゃありません。
だからこそ、飼う前に改めて考えて欲しい。
安易に飼う事が不幸の連鎖を生み出すことにならないのだろうかと。

責任をもってその命と向き合う。
最期まで責任をもってその命と向き合う。


貴方にとってたかが犬や猫かもしれない。
でもこの子たちにとって飼い主さんは貴方しか居ません。
家族も貴方しか居ません。

家族に見捨てられた子たちの心の傷は
人間がおもっている以上に深く深く・・・
そのケアをするためには
とても時間がかかります。

どうか。
捨てないで。
見捨てないで。
そして最期の最期まで一緒に居てください。
最期の最期まで一緒に居られないなら
最初から買わない(飼わない)でください。


夏休み前、冬休み前、
ゴールデンウィーク前、
動物保護センターや保健所には
多くの動物たちが持ち込まれます。
飼い主が持ち込むのです。

飼ったけど、旅行に行きたいからもう要らない。殺しちゃってイイヨ。
飼ったけど、病気になっちゃってお金かかるから殺して。
飼ったけど、躾ができないから殺して。
飼ったけど、ペットホテル高いからもう要らない。殺して。

そんな言葉が行き交う世の中は
もう要らないです。

どうか改めて
この動物愛護週間に
色々な視点で
命について考えてみてください。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CCP代表

Author:CCP代表
平成23年6月22日
茅ヶ崎市内限定で活動する
猫専門保護団体Chigasaki Cat's Protect(略称CCP)を立ち上げ
平成26年度から茅ヶ崎市と協働事業を行いながら
茅ヶ崎市内の飼い主不明猫対策を行っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR